ヒマラヤンナチュラルのブログ

ボルゾイ  

ボルゾイ??



聞いてもピンと来ない人も多いでしょうが、



これは犬の種類で、実家の愛犬ジェリーはこのボルゾイです。



ボルゾイは別名ロシアン・ウルフハウンドとも呼ばれ、昔はロシアで狼狩りをしていた超大型犬。



狼狩りと聞くとかなり凶暴なイメージですが、性格はとっても穏やか☆



ロシア革命以前はロシア国犬として皇帝や貴族などに愛されていただけあって高貴な雰囲気が漂っています。



久々にこのジェリーを連れて広い公園までお散歩に行ってきました。



寒い国の犬なのでこの暑さで少しバテ気味だったけど嬉しそうにしてました。





















ジェリーは男の子ですが、たま~に男の子のワンちゃんに気に入られる事があり、今回もなぜか飼い主の元を離れてお散歩していたワンちゃんに好かれてしつこく追いかけられ少し困惑気味でした(笑)





















でもやっぱりお散歩は楽しいね!また行こうね!!



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

My水筒  

毎日暑い日が続いております・・・。



暑いから皆がエアコンを付けてCO2が増え地球温暖化が進みさらに暑くなる・・・。恐ろしい悪循環ですね。



そんな環境問題について最近は色々と考えさせられることもあり、今年からはなるべく水筒を持ち歩くようにしています。



THERMOSの500ml魔法瓶。こいつが大活躍しています。





ペットボトルの飲み物を買う回数が確実に減りました。



調子に乗って友達の誕生日プレゼントにも贈ったりしています。



ささやかな取り組みですが何もしないよりはマシかなと・・・。



皆さんもこれからはぜひMy水筒を持って出掛けましょう!







category: 未分類

tb: 0   cm: 0

聖地上高地へ~完~  

上高地もあっという間に今日で最終日。疲れを癒すため予定を早め急遽温泉へ行くことにした。



今日も前穂高の朝焼けが綺麗。





珈琲を入れ朝食を食べる。徳沢園の売店で買った北欧風メロンパンがかなり美味でした。



今日はここからバスターミナルまでただ平坦な道のりなので甘くみていた。が、、、徳沢までの道は観光客のお散歩コースになっており人が多い。山は静かに歩きたいのにここまで人が多いと気分を害する。自分勝手だけどね。食料が減り軽くなったはずのザックが余計に重く感じ、足は靴擦れ寸前で痛いし結構疲れた。



相変わらず河童橋付近は人だらけ。一気に現実に戻された。ぶつからないように歩いて2時間ちょっとでバスターミナルに到着。





久々の外食を楽しみ、お土産を買う。



この後は上高地付近の温泉地へ行こう!ということで候補にあがったのがバスで30分ほどの平湯温泉。



とりあえず行けばなんとかなるでしょ!? ということで予約もせず平湯温泉地へ。



そこは奥飛騨温泉郷と言う場所にあり、気がつけば岐阜まで来ていた。随分遠くまできたもんだ。



宿を探し、無事新平湯温泉に決まってバスでまた移動。



バックパックを背負ってバスの旅もなかなか悪くないなぁ~。



宿に着きチェックインをしてすぐに温泉へGo!



まだ時間が早いせいか露天風呂はほぼ独り占め。超気持ちいぃ~!



しかも効能は疲労回復に筋肉痛になどなど、疲れた身体には最高であった。



極楽極楽。



食後にもう一度温泉に入り、美味しい宿の食事を堪能して気持ちよく就寝。



早朝にも温泉に浸かり充分満喫。前日までの疲れもかなり取れた。効果抜群です。



チェックアウトをしてバスを乗り継ぎ松本まで出て、最後は久しぶりにインドの旅で出会った友達に再会。



とってもステキなお家でしばしシャンティな時間を過ごしました。



そして電車で無事に帰宅。



日本をバックパックで旅するのもいいもんだな~とつくづく感じた。



戻ると下界では日本最高気温を記録してたとか・・・。かなり良いタイミングで避暑出来たんだな。



今回の旅行でますます山に魅せられたし、また行くぞーー!



最後に今回のベストショットで締めを。



「今は遥か槍ヶ岳へと続く道」 



category: 登山

tb: 0   cm: 0

聖地上高地へ~其の四~  

メインイベントも終え、4日目の予定は徳沢園に戻るだけだったので、朝は急がずゆっくりと寝ていた。それでも明るくなると目を覚ましてしまった。





山の上のほうから陽が当たり始める。冷え切った空気がだんだん暖かくなる。今日も太陽に感謝!



上高地に来る前にある程度予定は決めていたけど、今回は休みも長いし気ままな旅なので、予定は未定とばかりに気分次第で適当に過ごした。



このままこんな風に生活出来たらな~・・・。



暖かくなってから朝食を済まし、テントを撤収しザックを背負って下山開始。



またいつ来れるか判らないこの地を目に焼き付け後ろ髪を惹かれる思いで歩き出す。





連日の歩きのせいかさすがに筋肉痛がひどく、序盤は慣れるまでヒーヒー言いながら歩いていたが、調子が出てくると息が切れることもなく快調に下山した。



本谷橋で水浴びしてまた歩き出し、横尾で休んでいる時に隣のおばあちゃんと話をしてたら、なんとそのおばあちゃんたった一人で槍ヶ岳に登るらしい。私より倍以上の年齢を重ねた小柄なこのおばちゃんが!?尊敬ものだった・・・。



次回来たら槍ヶ岳に登るしかない!!目標も出来たよ!!



徳沢に着く頃にはお昼前になっていたのでお腹も減り始め、着いてテントを建てすぐに昼食の準備に取り掛かった。お茶漬けパスタは簡単で美味でした。



それにしても登山時の食事はレパートリーが乏しい・・・。もっといいアイディアないかなあ。



午後になると私のテントには日が直接当たり暑くなってきた。



避暑地をさがしに散策して近くに流れる梓川の河原の木陰で休憩。



川の水は氷水のようで少し足を浸けるだけで痛いくらいだった。暑いから泳ぎたいけどとても無理・・・。



水って綺麗だと本当に水色をしているんだなぁ~と気がついた。



テントに戻ってもまだ日差しはキツイ・・・。しばらく木陰でお昼寝し、夕方は徳沢ロッジで3日ぶりのお風呂に入る。



久々にさっぱりして爽快!気分もよく夕食を作って食べた。



今日も夕焼けが綺麗。



奇跡的に山にいる間は毎日快晴!夕立も無し。山の神様に感謝!



今日も疲れて早めの就寝・・・。



category: 登山

tb: 0   cm: 0

聖地上高地へ~其の三~  

3日目は早朝の暗いうちに目を覚まし、珈琲を飲んで体を温めてから荷をまとめ、明るくなりはじめた5時頃涸沢を出発。目指すは北穂高岳。



涸沢から約700m以上を登ることになる。テントはそのままだし、荷物は必要最低限なのでいつもより軽く、今日ばかりは私の肩は悲鳴をあげなそうだ。



歩き始めて数分で登りがきつく息があがる。若い男の子3人組に抜かれてあっという間に見えなくなってしまった。。。



ステッキも必要ないくらいの急坂を登る。



最初からずっと開けた道で景色は最高!



慣れない岩場に悪戦苦闘していると難所のクサリ&ハシゴが見えてきた。



岩場にクサリが打ち付けてありそれを頼りに登りきると次はハシゴ。高所恐怖症の私は足元だけしか見ずにビビリながら登った。怖かったぁ。。



その後もずっと登りが続いたが浮き石に注意しながら順調に登っていった。



しばらくすると右手に北穂高小屋が見える。このあたりからますます絶景になり、昨夜泊まったテント場は遥か下に見え遠く向こうには富士山も見える。





北穂分岐点を北穂高のほうに進めば後もう少し。



しばらく歩いてようやく北穂高岳の頂上に着いた! 標準タイムより1時間ぐらい早かった。自分の脚力も捨てたモンじゃないな!



頂上からの景色は360度のパノラマ。雲海の間からは富士山、中央・南アルプスが見える。向こうには槍ヶ岳がようやく見えた。



この絶景の為に頑張ってるようなもんだよね~。



景色に大満足して北穂小屋で珈琲を沸かして一息いれた。頂上で飲む珈琲って美味しいんだよね~・・・たとえインスタントでも。



1時間程ゆっくりとして来た道を下った。ここから奥穂高岳に向かうのが本当の登山者なのだろうけど私は初心者なため今回はここまでにしておいた。次回の楽しみに取っておいたということで。



下りはゆっくり、ハシゴ、クサリを下って、、、急坂だから慎重に。景色はもちろん最高で登りよりもゆっくり堪能できた。



無事テント場に着き、小屋で生ビールとおでんを買ってお疲れの乾杯。昼食を作り腹を満たせば後はのんびりくつろぎタイム。



しかし太陽の日差しは容赦なくギンギンで痛い。テントから逃げるように日陰を探しにそこらを散策しに行った。



すると雪渓付近に大きな岩場がありそこは日陰で涼しくおまけに誰もいない。ラッキー!



雪の上ですべったりして大はしゃぎ。天然クーラーを堪能して午後の日差しを乗り切った。



次第に雲がでてきて涼しくなりテントに戻ってゆっくりするとウトウトしていた。朝も早かったし相当疲れてた・・・。



暗くなる前に夕飯作り。今日はまたレトルトカレー。今回はうまくお米も炊けて、美味しくいただけた。もはやカレーなしでは山行きはありえないなぁ。



相方はショールを巻いてご機嫌に食後の紅茶を飲んでいた。



やっぱり山でもショールはかなりお役立ち!!



暗くなると疲れのせいかすぐに寝てしまった。お疲れ~。

category: 登山

tb: 0   cm: 0

聖地上高地へ~其の二~  

2日目は朝から晴れ。朝日に色づく穂高が美しい。



5時頃起きたのだが朝食食べてのんびり準備してたら出発は7時になってしまった。急ぐ道のりではないので良いけどね。



徳沢からは平坦な森林の中を歩くので澄んだ空気が気持ちいい楽な道のり。しばらくすると梓川沿いにでて横尾に到着。槍ヶ岳と穂高への分岐がある。



しばらく休んで橋を渡り穂高方面へ。



この辺からやっと登山らしい道になる。辛くなったら景色を眺めてリフレッシュし、次のポイント本谷橋へ。



ここはつり橋がかかっていて高所恐怖症の私は慎重に渡る。渡ったところの河原には大勢の登山者が休憩している。冷たい川の水で顔を洗ったり軽食を食べたり。私もしばしのシャンティタイム。



ここから本日の目的地涸沢カールまでは急な登りが続き、ますます登山っぽくなってきた。



すれ違う人、追い越し追い越される人、皆重たそうなバックパックを背負っている同志達である。





ようやく本日の目的地、白い雪の残る涸沢カールが見えてきた。日差しが強くて暑い。



ここまで来ればもう少し。夏でも残る雪の上を、滑らないように一歩一歩慎重に歩きます。



標高2350m程の涸沢には山小屋が2軒ありどちらも綺麗。岩場に所々整地されたテント場にはすでにたくさんのテントが張られている。私もスペースを探して張り、お疲れビールを買って乾杯!うまいね~。



昼間は日差しが強くて痛いくらい。テントの中は蒸し暑いし陰になる場所がなくジリジリと焼かれたけど、雲がかかると涼しくて快適。



夕暮れ前から夕飯作り。今夜はパスタ。これは簡単に美味しく作れた。



この日8月13日はペルセウス座流星群が見れるというので夜になりテントから覗いていたのだけど、疲れていたため2、3個の流れ星を見て寝てしまった。しかし星空が綺麗だったなぁ。



明日はいよいよ北穂高に挑戦だ!

category: 登山

tb: 0   cm: 0

聖地上高地へ~其の一~  

夏休みを利用して上高地巡礼してきました!



早朝の電車に乗り松本まで行き、松本からはバスに乗り換え上高地へ。



上高地へはマイカー規制されていて自家用車の通行はできなくなっており、手前の駐車場で停めてからバスに乗り換えて向かうらしい。その影響で手前付近から道は渋滞。予定より30分ほど遅れて到着。



お盆休みとあって上高地バスセンターから河童橋付近は大混雑。



河童橋からの景色は有名ですが人が多すぎてゆっくり見れたもんではありません。







大勢の観光客(私もですが^^;)を横目に20kg程のバックパックを背負って歩き始めます。



10分程で肩に違和感が、、、 普段から鍛えてないせいかバックが重すぎるらしい。。。しかし今更そんなことを言ってはいられない!山は修行!黙々と歩きます。



途中、明神池の隣にある穂高神社で安全祈願のお参り。



何度か休憩をしたりカモの親子に癒されつつ11キロほど歩き今日の目的地である徳沢までようやく辿り着きました。 ここまで来ると登山客がほとんどで、人は多いけれど落ち着いた雰囲気。ベテラン風の人達を見て胸が騒ぎます!



ここは昔は牧場だったらしくその名残で一面草原のテントサイト。気持ちよくキャンピングできました。



初日の夕飯はレトルトカレー。今回初めて米を炊いてみましたがやっぱり失敗。おかゆ状になってしまいました・・・。けれどお腹が減っていたので問題なし。



穂高連峰を望む絶好のロケーションでの最初の1泊目を過ごし、2日目に挑みます。

category: 登山

tb: 0   cm: 0

考える前に行動!  

最近良く思うことをここで。



今までの経験から学んだ事は、



何事も「考える前に行動!」これが一番だということ。



ごちゃごちゃあれこれ悩んでてもしょうがない。



直感やひらめきを素直に受け止めて「これがしたい!」と感じることを



そのまま行動に移せば案外うまくいくもんです。



そしてそこから色んな経験が生まれるもんです。



旅をしたときにすごくステキな笑顔で



「何も恐れるな」と教えてくれた人がいました。



それが全てを物語ってると思います。



なかなか難しいことかもしれないけど・・・。



そんなわけでとりあえず偉大な山へ恐れずに挑んできます。(大げさ?)



category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

聖地 上高地  

気がつけばもうすぐお盆休み。



今年は思い切って少し遠出をしたいな~と考え中です。



第一候補は「上高地」。登山はまだまだ初心者ですが憧れのこの地へ出掛けようかと下調べしてます。



上高地といえば有名な穂高連峰や3000m級の山々がそびえ立つまさに聖地。



考えるだけで胸が躍ります。



さてさてどの山を攻めようか・・・。でもこの時期人多そうだな・・・。



テントと食料と、もちろんショールを持参してキャンプしながら行ける所まで行ってみようかな。 その前に足慣らししないとね!

category: 登山

tb: 0   cm: 0

夕焼け小焼け  

Sky_2今日から8月葉月。葉の落ちる月である「葉落ち月」から由来されているそうな。関東地方はやっと梅雨明けしたみたいです。



今日の夕暮れの空は思わず見とれるほど綺麗な夕焼け。



壮大な自然は心と体に大きな感動と喜びを与えると思います。



これは人間、生き物全てに通じる本能というか本質的な事なんだろうな・・・。



そんな自然がいつまでも残ってくれることを祈っています。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0