ヒマラヤンナチュラルのブログ

初!八ヶ岳登頂!その二 編笠山  

権現岳から下山し、夕飯を食べ終わり疲れ果ててテントで寝ているとポツポツと雨が降り始めそのうち本降りになり目が覚めた。



何時だろうと時計を見たらまだ午後9時過ぎ。



雨がテントを弾く音が耳障りで寝付けなかったが気づいたらまた寝てて、朝方あたりが明るくなりはじめ目を覚ました。 さ、、、寒い!



さすがに標高2300m。初夏とは思えぬ寒さ。夜中に降った雨の雫がテントの上で凍ってるし・・・。氷点下!?



珈琲を飲み身体を温め、天気は回復して良さそうなので編笠山へ出発!



テント場から編笠山頂上へは30分で登れる近さ。



道中は岩場と雪道。慎重に登って本当に30分で到着!



山頂は360度のパノラマ展望! 昨日は見ることができなかった南アルプスの山が雲海の上に見えた。 雪山かっこいいー。 



さらに中央アルプスと北アルプスの山も遠くに確認できる。



もちろん昨日登った権現岳と赤岳も。 





残念ながら秩父方面は雲がかってて展望はなかったけど、最高の景色でした。早朝の山はいいね!



こういう景色を見ると疲れが吹っ飛びますねぇ~ これぞMOUNTAIN HIGH!



誰もいない山頂を充分堪能して帰路に着きました。青年小屋の テント場が見えます。



テントに戻ると更に雫は凍ってるし。相当寒かったんだろうな~



朝食を済ましてテントを乾かし、下山の準備をします。



この時にはもうすでに温泉気分で一杯でした。



青年小屋を後にして2時間半弱で観音平駐車場に到着。



早速車を走らせ新緑が綺麗な道を下り10分程で道の駅小淵沢にある延命の湯に着きました。



汗を流しさっぱりした後にはお蕎麦をいただき、心もお腹も大満足。



登山後の温泉はかかせないですね~。



今年の最終目標は鳳凰三山テント泊で縦走。それまで更に足腰鍛えないとね。

category: 登山

tb: 0   cm: 0

初!八ヶ岳登頂!その一 権現岳  

GWに山に登ってからというもの身体がウズウズし、次はどこの山に登ろうかと考えた所そろそろ八ヶ岳なんてどう?という事になり、、、事前にリサーチして南八ヶ岳の権現岳&編笠山に行ってきました。



権現岳は信仰の山として昔は修行者が登っていた聖なる山。巡礼登山には文句なし。



今回は張りきって土曜日の夜中に出発し、早朝5時半には登山口の観音平駐車場着。少し休憩してから行こうかと話していたけれど予想以上に寒くてじっとしていられないのですぐに準備して登り始めました。



巻き道を登り、今日のキャンプ地青年小屋を目指します。



ほとんど寝てないせいか歩き始めはめちゃくちゃ辛い・・・。身体が重い・・・。すぐに息が切れてバテバテ。



雲海という展望の良いところまでゆっくりゆっくり登り、少し休憩してからは急に身体が軽くなりようやく調子が出てきました。



押手川から先は残雪があり油断すると膝まですっぽり埋まってしまいました。



青年小屋手前の最後の登り坂が意外と長く、疲れた身体にはキツく登っては休み登っては休みを繰り返しなんとか小屋着。ここで既に標高2,300Mほど。さ、寒い。





重い荷物をとにかく置きたかったので受付をし家を作成。 キャンプ地はこんな感じ。後ろに見えるは編笠山。



珈琲を飲んで一息ついたら危うく寝そうになってしまったけど、目的地・権現岳を目指し起き上がります。今回は最初からアイゼンを着けて登り始めます。



黙々と登り始めふと気づくとキャンプ地がもう遠くに。









さらに雪道を登っていくとだんだんと目指す山が近づいてきました。右奥の山が権現岳。



うーん、いいねえこの荒涼とした感じ。ここの地点で2,500M。前回の金峰山をそろそろ越えます。



この先は岩壁の道が続き鎖が張ってある場所もあり油断すると危険でした。



恐れていたら前には進めません。12_2



足元はアイゼンが着いているので安定しなくて恐怖です。13_2



そしていよいよ目指す権現岳が見えて来ました!



手前に見えるのが権現小屋。こんな場所に小屋が!!



ついに頂上が目前に!





そして出発から約1時間半で頂上着!!やったね標高2,715M!!達成感は半端無いです。













信仰の山という事で剣がさしてありました。隣には「神社」と書いてある石碑が並んでいました。



頂上は岩がゴツゴツしていて平地はなく下を覗けば絶壁のところも。



ふと目の前をみるとそこには八ヶ岳を代表する山「赤岳」!!やっぱかっこいい!



あいにく天気はいまいちだけどこの景色だけで充分満足でした。誰もいなくなった狭い頂上であったかいラーメンを食べてしばしこの風景を満喫しました!





そして天気が悪くならないうちに下山。



雪の上をソリーはないですがおしりで滑り落ちました。というか、足を滑らせ一気に滑ってしまいました。



今日は(というか昨日から)ほとんど休憩ナシだったのでさすがに疲れ果てテントでのんびりすごしてひたすら食べまくり、そして暗くなる前に就寝。



これぞアウトドアの極みですね~。

category: 登山

tb: 0   cm: 0

百名山 2峰制覇!その二 瑞牆山  

三日目も朝4時半頃起床するとなんだか天気は下り坂。



辺りに霧がかかり、空も曇り模様・・・。



ううーん、このまま登っても景色はなさそうだし、さらに雨でも降ったら最悪だよなあ。



なんて朝食を済ませ悩んでいるとなんとなく空が明るくなってきたので、うだうだ考えててもしょうがない!と言う事で予定通り瑞牆山に登る事に。



即効でテントを片付け、荷物をパッキングして小屋に預け7時半頃出発。



しばらくは坂を下り川辺に出ました。そこには「桃太郎岩」と呼ばれる大きな岩が。確かに桃っぽいかなり大きな岩でした。



この先はひたすら登り。前日の金峰山より標高は低く距離も短いのだが、頂上まで岩場を一気に上っていく感じで結構大変。たまにハシゴやロープのかかっているところもありました。



でもしばらくは雪も無くガンガン登っていきます。



途中、振り返ると雲海から富士山頂が見える。やっぱし登って正解だった!



しかし頂上手前で雪とアイスバーンになりましたが、なんとかアイゼンなしでも登れました。



そしてそこから約10分、登り始めて1時間半程で頂上着!



おおーー、頂上は岩がむき出しのこれまたすごい景色。下を見ると崖っぷちで足がすくみます。もちろん高所恐怖症の私は覗くことすらできません。昨日のワンコも先に到着してました。



晴れてはいなかったけれど、富士山やアルプスの山々を拝む事ができました。





前日、登った金峰山も!ちょこっと出てるところが五丈岩!







でも着いて10分もすると一気に霧が立ち込め辺りは雲の中に・・・。全く何も見えなくなりました。



しょうがないのでしばし休憩して早めに下山。急坂なので慎重に下りました。



そしてお昼前にはキャンプ地着。お昼ご飯を簡単に済ませ、瑞牆山荘前のバス停まで下りました。



帰りに日帰り温泉「増富の湯」で汗を流し疲れた体を癒してきました。ここは日本一のラジウムで有名らしいけど、ぬるくてよくわからなかった。



今回は割りと天候にも恵まれ最高の休日を過ごせました。



山には都会の中で感じる事ができないものがたくさんありますね。いつも癒されます。



今シーズンの山開きとしては良いスタート。次はどこの山にしようかな~。

category: 登山

tb: 0   cm: 0

百名山 2峰制覇!その一 金峰山  

予定通り行ってまいりました、今年初の本格登山[E:fuji]



山梨県の瑞牆山と金峰山への2泊3日コース。



まずは高尾から電車で山梨県韮崎まで。そこから登山バスに乗り、約1時間半で瑞牆山荘へ。



トイレを済まして出発。ここから50分ほど登り、起点となるキャンプ地「富士見平小屋」着。



ここは山小屋件キャンプ場で、広く足場も枯葉のじゅうたんで柔らか。一番端の人気の少ない場所を選んで最高の寝床が出来ました。



一日目は着いたのが午後だったのでテントを建ててのんびりと。



二日目は早朝4時過ぎに起床。準備をしていよいよ百名山の一つ、金峰山を目指します。



標高2,595M、信仰の山でもあり今年初の登山としては文句なしの名山です。



キャンプ地を朝5時過ぎに出発し、まずは大日小屋まで歩きます。6時頃到着。なんだか空気が冷たい。嫌な予感。ここで朝食を済ませて水を補給しまた歩きます。



しばらく進むと予想通りアイスバーン突入。雪山初心者の為いきなりひるみますがここで用意していた軽アイゼンを装着。これは快適。アイスバーンも雪も全く関係ありません!





周りはアイゼンなしで進むベテランの人も結構いました。尊敬!



雪道は普通に歩くよりも足をとられて進みにくいですが、地面が柔らかく足には負担がかかりにくく良い面もあります。



今回は足慣らしもままならぬままの登山でしたが意外と足は軽快。急坂も良いペースで進めました。



そして大日小屋から2時間ほどでいきなり視界が開けました!遥か下方には瑞牆山が!もうこんなに登ってきていました。



明日はこの山を目指す予定。







道はこんな感じ。ここまでくればあともう一息?この先は開けた尾根を歩きます。しかし岩がごつごつでアイゼンを着けた足元が歩きづらい・・・。



なんとかふんばり約1時間で山頂手前の五丈石着。出発してから4時間ほど。



まずは鳥居の前で手を合わせここまで来れた事に感謝します。



山の上にこの大きさの岩があるのがとても神秘的、というか驚きです。地球ってすごい!



そしてそこからすぐ登れば山頂!やった!



さすが2,595Mの眺めは最高でした!360度の大パノラマ!南アルプスや富士山も一望。あいにく八ヶ岳方面は雲がかっていましたが。。。



やっぱり山は最高!この景色の為に歩いてます!





頂上で珈琲を沸かして一息してから来た道を戻りました。



帰り道雲がかかると辺りは真っ白に。というか、雲の中!?











途中で昼食を食べてから午後3時前にはテント場着。



岩や雪があったけど無事に戻ってこれました。



そのまま我が家でのんびりしてました。家は落ち着くなぁ~



隣にテントを張っていたワンコを隠し撮り。かわいい奴だな~



疲れていたせいか夕食後、暗くなったらすぐに寝てました。



お疲れさま。

category: 登山

tb: 0   cm: 0

山シーズン到来!  

ついに登山シーズンがやって来ました[E:fuji]



まずは今年初の2,000M越えを目指そうと思っております。



あいにくの天気ですが明日から山梨県の瑞牆山と金峰山へ出掛けてきます。



色々調べるとまだ頂上付近には雪が残っているようですが、



軽アイゼンも準備したし、頑張って登頂してきます。



これを機に今年も3,000M級の山を制覇するぞ!





まずは久々のテント生活を楽しんできます!



category: 登山

tb: 0   cm: 0