ヒマラヤンナチュラルのブログ

初!八ヶ岳登頂!その二 編笠山  

権現岳から下山し、夕飯を食べ終わり疲れ果ててテントで寝ているとポツポツと雨が降り始めそのうち本降りになり目が覚めた。



何時だろうと時計を見たらまだ午後9時過ぎ。



雨がテントを弾く音が耳障りで寝付けなかったが気づいたらまた寝てて、朝方あたりが明るくなりはじめ目を覚ました。 さ、、、寒い!



さすがに標高2300m。初夏とは思えぬ寒さ。夜中に降った雨の雫がテントの上で凍ってるし・・・。氷点下!?



珈琲を飲み身体を温め、天気は回復して良さそうなので編笠山へ出発!



テント場から編笠山頂上へは30分で登れる近さ。



道中は岩場と雪道。慎重に登って本当に30分で到着!



山頂は360度のパノラマ展望! 昨日は見ることができなかった南アルプスの山が雲海の上に見えた。 雪山かっこいいー。 



さらに中央アルプスと北アルプスの山も遠くに確認できる。



もちろん昨日登った権現岳と赤岳も。 





残念ながら秩父方面は雲がかってて展望はなかったけど、最高の景色でした。早朝の山はいいね!



こういう景色を見ると疲れが吹っ飛びますねぇ~ これぞMOUNTAIN HIGH!



誰もいない山頂を充分堪能して帰路に着きました。青年小屋の テント場が見えます。



テントに戻ると更に雫は凍ってるし。相当寒かったんだろうな~



朝食を済ましてテントを乾かし、下山の準備をします。



この時にはもうすでに温泉気分で一杯でした。



青年小屋を後にして2時間半弱で観音平駐車場に到着。



早速車を走らせ新緑が綺麗な道を下り10分程で道の駅小淵沢にある延命の湯に着きました。



汗を流しさっぱりした後にはお蕎麦をいただき、心もお腹も大満足。



登山後の温泉はかかせないですね~。



今年の最終目標は鳳凰三山テント泊で縦走。それまで更に足腰鍛えないとね。

category: 登山

tb: 0   cm: 0