ヒマラヤンナチュラルのブログ

聖なる山 鳳凰三山  

    ひさしぶりのブログ書き込みです(笑



梅雨明け宣言はまだですが、先週末は天気が良いとの予報だったので急遽山へ出掛ける事にしました。前日にあわててパッキングをして準備万端!!



行き先は・・・南アルプス北部鳳凰三山!!・・・「鳳凰三山」とは薬師岳、観音岳、地蔵ヶ岳この3つの山の総称で自分にとって特別な存在。なぜかって、まずその名前からしてヤバイ!その威厳のあるネーミングとその名前に負けない姿!この憧れの山にまさかこんなに早くチャレンジする事になるとは・・・。



当日は朝5時半に起きて準備をし、6時過ぎに家を出て6時42分発の電車で甲府まで。8時過ぎに甲府駅に到着して広河原行きバス乗り場へ。乗り場では続々と登山客が集まってきました。だってこのバス、北岳(日本第二高峰)や甲斐駒ケ岳などなど、他にも登山家なら誰もが登りたい山々の基点にもなっているんです。



9時過ぎにバスは出発し、甲府の町から山へ進み、約50分ほどで登山口「夜叉神」着。002



いよいよ出発!登山口からは容赦なくひたすら登り。蒸し暑さと久々の山登りとあって汗は滝のように流れ出すし息切れもひどい。やっぱり登山は最初の1時間が我慢の時間。「今ならまだ引き返せるよー。」なんて思いがよぎるのもこの時。でも負けずに歩き1時間ほどで最初の休憩場所夜叉神峠へ。011



水分を補給し少し休んだらここからは本領発揮!今まで重かった荷物も少し軽く感じるようになってガンガン登りました。杖立峠、苺平でまたおやつ休憩をはさみ、登る事4時間半でついに本日のテント場南御室小屋着!やった!



ここまでは危険箇所はなくよく整備された道でした。





028 テントを設置したらさすがに歩きつかれてのんびり。ここの小屋は南アルプスの極上の冷え冷え天然水が飲み放題の素敵な場所。水が美味い!!それにしても青空が綺麗~。









この日は早めに夕飯を作り暗くなると同時に就寝しました。



翌朝予定通り4時過ぎに起床。テントをたたんで軽い朝食を済ませて5時には出発。



朝の空も綺麗だなー。



登り始めてしばらくすると樹林帯をぬけ視界が開け目の前に雲海から出た富士山が!



そして薬師小屋手前になると鳳凰の稜線が見えてきました。



そして6時半前ついに三山第一の山薬師岳着!



あたりを見回すと白根三山の 雄姿がすぐ目の前にひろがります!!



なんだよ!この景色!!







遠くには次の山観音岳が見えます。



ここで景色を充分満喫して、観音岳に向けて出発します。



辺りは360度のパノラマ。この景色を眺めながらの縦走は至福の時間ですね。



観音岳までは40分ほどで到着。景色が最高だからあっというまでした。ここが三山の最高峰2840M!



甲斐駒ケ岳と地蔵ヶ岳を目前に。ここの景色は三山の中でも格別。どんなに行程が辛くてもこの一時が全て吹き飛ばしてくれます。



地球に生まれて良かった~。



名残惜しみつつ最後の地蔵ヶ岳へ進みます。



途中で風の造形によって作られた芸術作品に遭遇。175



自然ってすごいなぁ。



そしてついに最終地点地蔵ヶ岳へ!



 





















お地蔵様に手を合わせ感謝し、その先にあるオベリスクへチャレンジ!



しかし最後の岩の割れ目の頂までは登れず。。。クライミングの技術が必要ですね。またいつの日か成し遂げたいところです。













天候にも恵まれた素晴らしい三山巡りも終わりを告げ、御座石方面へと下山。やれやれ何事もなく終わって良かった・・・と思ったのもつかの間。



一番辛い行程がこの下りでした。ひたすら森林地帯の急坂を進むのですが、そのうちに慣れない下りと荷物の重さで完全に膝をやられてしまい、思い通りに足が動きません。何度も小休憩をし、苦痛に耐え3時間半、なんとか下山することが出来ました。



最後の最後に修行が待っていたとは・・・ 御座石温泉で汗を流してすっきりして帰りました。



今回は初めての縦走登山だったけど何事もなく無事に帰ることができました! 鳳凰三山は感謝、感激の山でした。

category: 登山

tb: 0   cm: 0