ヒマラヤンナチュラルのブログ

雲の上のお散歩~白峰三山縦走~その二  

    朝方、風と雨の音で目覚めるとどうやら外は荒れ模様・・・[E:typhoon]超寒いしとりあえず明るくなるまで様子を見る事に。テントから外をチラ見してみると雲の中でまったく周りが見えません・・・。今日の天気は大丈夫なのか~?不安・・・。



軽い朝食を済ませてしばらくすると周りで人の声もし始め、なんだか風もおさまって来たよう。外に出てみると、段々と雲が晴れて来たではありませんか!!



なんと目の前には富士山の姿が!!そしてしばらくすると・・・朝日が昇り感動的なご来光です・・・[E:shine]







これは今日は快晴に間違いない!!山の神様が見方をしてくれました!!



早く出発せねばという事で急いでテントを撤収していると、あれ?昨日近くで テントを建ててた男の子二人組み、どうも様子がおかしい・・・耳をダンボにして話を聞いているとなんと夜中の強風で一人のテントが完全に崩壊してしまったらしい・・・。そもそも彼のテントはMSRのツェルトタイプ。そして建て方が甘かったんだろう・・・。雨とこの寒さの中よく無事に朝を迎えたよ・・・。でも彼には悪いけど今回一の笑い話となりました[E:coldsweats01]頑張れ少年!



私達も6時過ぎ、少し遅めの出発。



まずは北岳までの登り。いきなりの急坂と3000Mの高所とあって息が上がります。でもこの天気で気分は上げ上げ[E:up]











頂上が見えて来て、出発から40分ほどで北岳山頂!やったね。













後ろには甲斐駒ケ岳、遠くには富士山がひょっこり顔を出し、そして前方には次に目指す間ノ岳の雄姿が[E:fuji]この縦走はかなりヤバイそうです!



今日はまだまだ先も長いので、あまりゆっくり出来ず7:10出発します。



下りは大丈夫かな?と心配してましたが危険箇所もなくゆっくり下っていきます。

















段々とゆるやかな下りになり、





8:05北岳山荘着。15分ほど休憩して出発です。



30分ほど登り、中白根山を通り過ぎ下ってまた登り・・。    



もうあんな遠くに北岳が・・・。









間ノ岳までの最後の登りは比較的緩やかで歩きやすい。



そして10:00二つ目の山、間ノ岳に到着!!最高のパノラマ!!





後ろには北岳、仙丈ケ岳、甲斐駒ケ岳と夢のコラボ・・。



ちなみに間ノ岳山頂は山梨と静岡の県境らしい。それでこの名前ねと納得。20分ほど山頂を楽しみまたまた下山。次の農鳥小屋が遥か遠くに見えています。そして11:30農鳥小屋着!これまでの疲労と暑さでちょっとバテ気味・・・。でも小屋には甲斐犬の子がいて少し癒されました。あまり食欲はなかったけれど、無理してラーメンをかけこみました。











疲れてるし、今日はここまでにしようかどうか散々悩みましたが、小屋のお兄さんの「明日の天気は下り坂、いけるなら先に進んだ方がいいですよ。」の声に最後の気力をふりしぼって進む事を決意し12:15出発!でも目の前の農鳥岳のでかさに圧倒されそうになりました[E:wobbly]



足場の悪い砂利道をどんどん下るとすぐに間ノ岳が小さくなっていきます。裏側から見る姿はまた違ってより大きさを感じました。



この辺りから少しずつガスがかったり晴れたりの繰り返しになってきました。



















途中で可愛い小鳥に遭遇。残念ながら雷鳥の姿は見れませんでした。



西農鳥岳を巻いて、岩ごつごつの道を下ってまた登るとようやく最後の山、農鳥岳到着!(1:45)今日は一体何回登って下ったんだろう・・・。



周りはだいぶ雲が厚くなってきました。15分ほど休憩をして下降点まで下ります。



2:30下降点到着。ここで稜線とはお別れ・・・。本当に最高の縦走でした[E:note]



















ここからは最後の気力を振り絞って急坂を下ります。足も疲れ果ててるので、途中何度も休憩を入れてゆっくりと下りました。写真を撮る間もありません・・・。



ひたすら坂を下り、下りはじめから2時間半、夕方5時ようやく本日の宿大門沢小屋着。



お疲れ様~。坂道は辛かったけど、個人的には鳳凰三山から御座石温泉までの下りの方がきつかったような・・・。足が慣れたせいもあるのかな。



とにかく雨も降り始めたし暗くなる前にテントを建てて夕飯を食べて就寝。



翌日はやっぱり雨。朝起きてテントをたたみ、7時頃小屋を出発して、足元の悪い中慎重に下りました。途中にいくつかある木の橋が怖すぎで腰が引けてしまいました・・・。



最後につり橋を3つ渡ると林道へでました。これで一安心。



林道をゆっくり歩いていると何と工事現場で働くお兄さんのご好意で軽トラの後ろに乗せてもらいました。最後までラッキー続きでした。ありがとうございました。



予定より早くバス停に到着し、荷物を洗ったりしてバスで広河原まで戻りました。









広河原から駐車場までタクシーに乗り芦安温泉で3日間の汗を流してから帰路につきました。



白峰三山の縦走は疲れも吹っ飛ぶ最高の山歩きでした[E:shine]またいつか戻ってくるよ~!

category: 登山

tb: 0   cm: 4

雲の上のお散歩~白峰三山縦走~その一  

今年は少し遅めの夏休みで、8/21~8/23まで2泊3日で登山へ出掛けてきました[E:fuji]



一週間前から天気予報をしつこいくらいチェックし、前日までどこへ行くか悩みに悩んだ結果、思い切って南アルプスの白峰三山縦走を決意!



白峰三山とは日本第二の高峰の北岳(3193M)~間ノ岳(3189M)~農鳥岳(3025M)と夢の3000M超えの山々からなるこれまた登山者憧れの聖地[E:good]



でもそれだけ体力も必要となり、初心者に毛が生えた程度の私達はテントを担いでの縦走に不安を覚えつつの出発となりました。



前の週末に同じく南アルプスの仙丈ケ岳へ足慣らしへ出掛けたけれど、その時はあいにくの曇り空。南アルプスの女王は微笑んではくれませんでした。



今回は晴れますように[E:sun]と山の神様に祈って早朝3時頃に車で自宅を出発。



5時過ぎに駐車場の芦安温泉へ到着するとちょうどバスと乗り合いタクシーの出発時間!ナイスタイミング~[E:good]でタクシーへ乗り込み広河原へ。



6時に広河原へ到着し、つり橋を渡り準備を整え6:25、広河原山荘より登山開始!



一応天気は晴れ予報だったけど、なんだか目指す北岳山頂方面は曇り空・・・。登ればきっと晴れるはず!と変な自信を胸に前に進みます。



樹林帯を歩き、20分ほどで最初の分岐点へ。そこから大樺沢コースへと進みます。ここはその名の通り沢沿いでマイナスイオンがとっても気持ち良い場所でした。





北岳方面はまだ曇り・・・。 



そして沢沿いを進むこと約2時間、8:35二俣分かれ目へ到着!雪渓だ~!



この開けた場所でしばし休憩タイム。天気が良かったら北岳がバックに見えたんだろうな~。下山してきた人たちに上の様子を聞いてみると強風で激寒だとか[E:typhoon]大丈夫なのか!?



とにかくここから右俣コースを取り、急坂をひたすら登ります!



そろそろ時季は終わりかけらしいけど、北岳までの道のりはお花畑が広がっていました。たくさんの可愛いお花が咲いてました。



そして10:20に草スベリコースとの分岐点へ着 。結構しんどかった~[E:coldsweats02]



ここまで来れば稜線まであと少し!



そしてついに10:45、稜線にきたぁ~[E:up]



やっぱりガスってるけど雲の動きが早くどんよりした感じはない。雨も大丈夫そう。



目指す小屋まであと一息!





頑張れ自分!















そして11:20ついに本日の宿泊地北岳肩の小屋着!ここは何と標高3000Mにある、日本で一番高所にある山小屋で、一度は泊ってみたかった憧れの地でした。



北岳はもう真後ろなのにまだその姿を見せてくれない・・・。



とりあえずテントをたてることに。



平日という事もあり、思ったよりテント場に人も少なく好きな場所を選べました。目の前に見えるのは鳳凰三山の雄大な姿!最高や~!!



写真中央黄色が私達のテント。右下でいそいそとテントをたてている男の子二人組み。なんだか不慣れな手つきでちょっと心配。



そしてまさかその心配が的中する事になるとはこのときはまだ分かりませんでした・・・。



明日も一日歩く予定なので今日はテント場でのんびりと過ごします。昼食を食べたとたんに睡魔に襲われお昼寝タイム・・。そして目覚めると曇っていた空も段々と青空が見え隠れするように。夕暮れも近づいてきました。



寒くなる前に早めに夕食を取ることに。今日はいつものレトルトカレーから脱出して少し手を加えたメニューで[E:restaurant]いつも体が塩分を欲するので浅漬けを持参しました。う、うめぇ~~!



そして夕飯を食べ終わった頃には段々と空がオレンジ色になってきました。



最初はガスがもくもくと迫ってきて「あ~、今日の夕日は無理なのか!?」と思っていたら雲が晴れて・・・、奇跡のような夕焼けが目の前に広がりました・・・。



段々と沈んでいく太陽の姿・・・。



















そしてついに西の向こうへと沈んでいきました。その後にはピンク色の空が。



こんなに綺麗な夕焼けの空稀だと小屋の人も言っておりました。見れただけでも登って来た甲斐がありました。



「明日はきっと晴れる」そう確信して、長いなが~い縦走に備えて早めの就寝・・・。















つづく。。。

category: 登山

tb: 0   cm: 0

イベント出店☆★  

主催者様のご好意で、ヒマラヤンナチュラルがライブイベントに主店させてもらうことになりました[E:flair]



前回買い付けてきた新作のショールやくつ下、そしてクリスタルも少し出す予定です。



平日の夜ですが、ぜひ皆さん遊びに来て下さい!



どうぞ宜しくお願いします!!



LIVE: ( bobin  20:30~    /    はち 22:00~ )
          bobin     http://slowburning.seesaa.net/     http://www.humany-earthy.com/
          はち       http://slowburning.seesaa.net/

DJ:       (金橋 19:00~     /  JuliKen  21:00~)
           JuliKen   http://www.mugenkaicommunication.com
   金橋  (DJS)  http://profile.myspace.com/debonairjetsets

Special guest........☆☆☆



***************************************************
場所:東京サロン&共存  http://www.vision.co.jp/tsk/index.html



住所:東京都渋谷区神宮前5-47-6        TEL03-3407-5028
日時:2008年9月2日(火)19時より
料金:¥1,000(浴衣の方)/¥1,500(通常)
*****************************************************

category: 展示会/イベント/出店

tb: 0   cm: 0

真夏の熱~い夜  

先日高尾の癒しの空間TOUMAIにて真夏の夜の熱~いイベントが行われました。



その名も「ファイヤーダンス ~夏の饗宴[E:thunder]」。急遽お手伝いとして参加。



今回は名物マスターのタカさんもファイヤーポイを魅せてくれるということ!



それは熱い!!



超酷暑の中、出演者やスタッフのみなさんは昼間から練習や準備に大忙しでした。



日も暮れて来た頃満員御礼の中ついに宴が始まりました[E:shine]



まずは新宿雑技団のみなさん。



音楽と人と炎の妖艶な動きでお客さんの熱気とテンションも段々上がってきます・・・。



火の動きって本当不思議だな~。











そして熱気も最高潮に達した頃、マスター登場!!



うーん、動きが早い!タカさんすげーかっこいい!!



やっぱりこの人は魅せてくれました[E:good]





















そして大トリにジェイソン登場!なんでもこの方普段はご近所で英語塾の講師をしているそうな・・・。高尾っていろんな面白い人住んでるんですよね~。



普段格闘技もたしなむということでその動きはしなやか!



お客さんの人気もすごく、「ジェイソーン[E:heart02]」のあつ~い声援がいたるところで飛んでました。



お手伝いで所々しか見れなかったけど、夏らしい熱くてハイテンションな楽しいイベントでした。



みなさんありがと~。お疲れでした~。





category: 日々のこと

tb: 0   cm: 4

スイートラッシー  

毎日、暑い日が続いてますね。



我が家では節電&地球環境に配慮してエアコン禁止令がでているので、昼間は干からびそうになるぐらい暑いです。



まぁ、夜になると涼しくなるので窓を開けていれば問題ないのです。



そんな暑い時に飲んでいるのがラッシーです。



分量はヨーグルトに氷と水、牛乳を適当に入れて混ぜるだけで簡単にできます。



できあがったラッシーに砂糖を入れればスイートラッシーに。



フルーツソースをまぜれば色々な味が楽しめます。



インドの酷暑を思い出しキンキンに冷やしたラッシーが暑い時期には合いますね[E:bar]

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 2