ヒマラヤンナチュラルのブログ

ちらし寿司と流木拾い  

先週末は友人宅で豪華にちらし寿司パーティを開きました。



サーモンといくら、海老など魚介類をふんだんにトッピング。なんだか春らしい色合い[E:cherryblossom]とっても美味しく頂きました。



やっぱりサーモンが人気で、最後のほうはご飯とサーモンの比率がかなり悪くなっていました・・・。



そして次の日は、もはや恒例行事となりつつある流木拾い。



今回は比較的近場の秋川の河川敷を狙い、車で移動しては停めて、何箇所か場所を変えつつ流木を採取。



天気も良くわいわい歩きながら拾っていきます。流木以外にも歩いていると思わぬ発見があったり、「ここ本当に東京!?」と思えるくらいの田舎道を楽しくお散歩しました。



秋川には流木がたまっている中州がたくさんあるのですが、川の水が邪魔をしててそこまでたどりつけないので、石や倒木で橋作りをしてみたり(結局断念したのですが[E:happy01])



思った以上に歩き回り、帰る頃にはみんなかなりお疲れモード。



でもなかなか味のある流木をゲット。今回の収穫がこれ。



拾ってきた流木をどうしようかは、まだ具体的には考えておりませんが次第に量が増えてきました。色々創造が広がるなあ・・・。



ダム、川と来たら次は海ですかね~。病み付きになりそうです。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

ヒマラヤでの収穫  

今回のヒマラヤ地方ではちょっとした小物も買い付けてきました。



その中の一つがリボン。ショールの端などにも使われています。





柄も様々、色使いもとってもカラフル。これで小物を作ったら可愛いね!と、うちの奥さんはなにやら張り切っていました。次回アースデイのイベントまでに何か形に出来ればいいな。



「ものづくり」というキーワードがやたらと気になっている今日この頃です。

category: ヒマラヤンナチュラル

tb: 0   cm: 0

浮かれた休日  

先週の3連休は山梨の甲府に用事があったので、1泊2日で遊びに行ってきました。



ドライブ途中に休憩がてらに偶然立ち寄った道の駅「富士川ふるさと工芸館」、ガラス細工や焼き物が体験できる工房などもあり、そよ風がとっても気持ち良い静かでのどかな場所です。



ちょうどこの中で開催されていた「あかり展」に行ってみました。



あかり展は移築した古民家で行われていて、その古民家がまた良い味を出してました。



外観もいい!!こんなお家に住めたらいいな~なんて思いつつ中に入ってみると、中もさらにいい味わい。古びた梁など時代を感じさせる作り!!こんな素敵な場所で個性的なあかり達がとってもいい雰囲気を出していました。





 



工芸館の作家さんや近所の方が作った作品が主らしいです。



和紙、ガラスなど様々な素材を使用した手作り感あふれるあたたかい作品達。





丁度その日はこれまたいい感じの囲炉裏でお茶をたてていたので、ありがたくごちそうになりました。こんな民家で頂くお茶の味は格別でした。



こんな囲炉裏あこがれてしまいますよね~。魚を串にさして焼いたりとか、鍋とか色々と創造が膨らみます。火をいじるのがとっても楽しそう。



この日は天気も良かったのでちらほら桜が咲き始めておりました[E:cherryblossom]



日々暖かくなり桜も咲き始めてくると気分は一気に開放されて、浮かれてきますね~。



春っていいですね。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 2

流木拾い  

久々に雲ひとつない快晴の週末、友人達と連れ立って流木採取のミニ旅行に出掛けました[E:rvcar]



4月に行われる「アースデイin 代々木公園」へ出店させていただける事になり、レイアウト用に使える流木拾いの計画を企てネットで色々と調べた結果、どうやら秩父に良い場所があるという情報を得ての出発となりました。



気持ちの良い田舎道を走る事2時間半、目指すダムへと辿り着きました。



見渡す限り山と青空、空気が気持ち良いね~なんてはしゃぎつつ流木ポイントを探していると、ダムの淵に流木が溜まっているのを発見!!



ここまで来たら持ち帰らなきゃね!ってことでみんなで頑張って拾い集めました。



流木は海で拾うのが一番なんだろうと今まで勝手に思っていたのですが、意外とダムって穴場なんだというのを身をもって感じました。



しかも自然の中で楽しみながら出来るって最高。流木探しまた行きたいな[E:smile]



しかし大満足で帰る頃にはすっかり辺りは暗くなり、カーナビに任せて帰り道の設定をして帰っていると、気が付いたら人っ子一人いない真っ暗な山道へと入り込み、峠を越え、下界に戻ってほっと安心・・・と思ったらまたどこだか分からない山道に入り・・といくつかの峠越えを繰り返してやっとの思いで帰り着く事が出来ました・・・。



ハプニングありの面白採取の旅となりました。



どうもお疲れ様でした~。





category: ヒマラヤンナチュラル

tb: 0   cm: 0

ヒマラヤから無事帰国  

2週間弱のインド滞在でしたが、色々とハプニングありインドでしかありえない話などなど充実した時間を過ごせました。



滞在していたマナリはまだまだ寒いですが、澄んだ空気と雪山が最高でした。



仕入れをしながらなのでゆっくりとした時間は殆どないですが、友人宅で毎晩夕飯をご馳走になりとても楽しかったです。



お腹がパンッパンになるまで食べさせてくれ、どんぶり飯約3杯ぐらいを毎晩のように。



少食の人だったら大変です。これもある意味修行でした(笑)



中でもほうれん草のカレーは特に美味しく、マナリスイーツのギー(地元の人も絶賛のギー)との相性もバッチリでした。



レッドライスと呼ばれるインドでも高価なお米は日本米のような食感が楽しめます。





インドの滞在でお世話になった人たちに心から感謝したいと思います。



最後に子供と水晶の写真を。

category: 印度(インド)

tb: 0   cm: 3