ヒマラヤンナチュラルのブログ

水晶のおはなし「ソウルメイトクリスタル」編  

今回は「ソウルメイト」と呼ばれる水晶について紹介します。





上の写真のように二つのクリスタルが共通の根元から成長し、先端部分がはっきりと二つに分かれている特殊な水晶のことをタントリックツインクリスタルと呼び、なかでも先端部の大きさがほぼ同じものをソウルメイトクリスタルと呼びます。



(タントリックツインの「タントリック」は「タントラ」が由来になっているといわれていて、エネルギーの融合という意味を持っています。)



二つの水晶が仲良く寄り添っているようにも見えるこの水晶は、ソウルメイトと呼ばれる名前の通り、人と人との結びつき、更にはあらゆる物ごとに対して調和をもたらしてくれるといわれているとってもステキな水晶なんです[E:shine]





HPでもご紹介しているこのソウルメイトクリスタルは、なんとポイントの合わさった部分がハート型をしているんです。見ているだけで幸せな気分になり、愛情に満ちたエネルギーを感じられるような気がしてきます



自分自身のソウルメイトもきっとこの水晶が呼び寄せてくれるのでは無いでしょうか?



水晶って本当に魅力的な石ですね☆

category: クリスタル/水晶について

tb: 0   cm: 4

インドから荷物が届きました!  

先日の買い付け時にインドから送った荷物がようやく到着しました[E:shine]





旅行から1ヶ月以上が経ちました。



その時送った荷物のほとんどが何事もなく届きましたが、奥さんが帰国する際にデリーから送った荷物が最後まで届かなかったんです。



待てど暮らせど届く気配もなく、しびれを切らしてデリーの配送屋に何度もメール&電話攻撃をしました。



最初に電話したときは「今家族とマナリーに来ているから確認できない」とか、ようやくデリーに戻ったというので安心していたら「明日確認してメールするから」と言ったきりしばらく連絡がなかったりとか、いつ送ったんだと聞くと「送ったけどインドの通関でトラブってる」とか言い始める始末・・・。分かっていてもインド人の適当さに振り回されて奥さんはイラっとしていました[E:annoy]



ようやく届き、荷物を見てみると発送した日は6/16となっているではありませんか!いい加減にしろよ!と直接会って言いたい気持ちは山々ですが、まぁ無事に届いたんで良しとしましょうか。



中身はショールがメインです。





これからしばらく陰干ししてしわを伸ばし、ゆっくりと更新していこうと思っています[E:wink]

category: ヒマラヤンナチュラル

天晴れ☆岡田JAPAN☆  

サッカー日本代表!おめでとうございます!



頑張って早起きして観戦していましたが、本当に素晴らしい試合でした!



予選前は、このままじゃ1勝も出来ないんじゃないの・・・とか、岡ちゃんちょっと頼りないんじゃないの・・・とか言っててごめんなさい[E:coldsweats01]







岡田ジャパン・・・本当にやってくれましたね。みんな動きがキレキレでした!! 本田が世界のホンダへ。。。



自分を含めたくさんの人たちにパワーを与えてくれたと思います。



「侍」精神に天晴れ☆そしてありがとう!!



これからの決勝トーナメントも応援してきましょう!!!



ハーフタイムの時自宅から見た朝焼けにも感動!たまには早起きするもんですね。



category: 未分類

tb: 0   cm: 6

豆皿ワークショップ  

今日はいつもお世話になっている高尾のAmahinaで開かれたワークショップにうちの奥さんが参加してきました。張り切っていた割には時間を間違えて30分ほど遅刻というダメだめなスタートでしたが・・・[E:sweat02]



Amahinaではマクラメをはじめ、いつも面白いワークショップを開いていて、今回はツグミ工芸舎ソイ先生の木彫りの豆皿&豆スプーン作りでした。





彫刻刀?(削るやつ)や糸鋸やナイフなどを使って一枚の板が小さな可愛い豆皿となります。



削っていくには普段使わない握力を使うし、慣れない道具に悪戦苦闘しながら、くじけそうになって優しい先生にヘルプしてもらいながらみんなで汗だくになって少しずつ進めていきました。



形ができてヤスリがけした後に、仕上げはクルミの実から取り出すオイルを使ってコーティングします。





身近な自然のものが材料になるんですね。





豆皿のあとは豆スプーンまで作りました!なんて贅沢な内容!



4時間彫り続けて手がぷるぷるしちゃっていましたが・・・何とか完成!不恰好ながらかなり愛着がわいているようです。





こんな可愛いお皿に何をのせようかと考えた結果、まずはうちの水晶をのっけてみました。





豆皿と水晶のコラボも素敵でした。



お世話になったソイ先生、Amahina店長のひかりさんどうもありがとうございました。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 8

のんびりCamping  

梅雨入り前の先週末は、友達を誘って今年初のキャンプに出かけてきました[E:fuji]





去年見つけたキャンプ場、家から車で3~40分という近場で、さらにいつ行っても貸し切り状態になれる穴場なんです。(人気がないだけという噂もありますが・・・[E:sweat02])



まあ設備は整っていなくても静かなところを好む私たちにとっては絶好の場所でもあります。



今回もタープやテント設営後はひたすらのんびり。新緑が木陰を作ってて気持ち良~いキャンプサイトです。





そして早い時間からBBQを堪能しました。



最近恒例になっているホタテ、うまく焼ける秘訣を習得しました[E:good]





晴天にも恵まれ、自然の中でひたすらのんびりしてリフレッシュしちゃいました。 

category: 自然/アウトドア

Macユーザになりました☆  

今年に入ってから家で使っているデスクトップPCの調子が悪く、一度HDが壊れるかという危機に瀕して奇跡的に復活を見せたというヒヤッとする事態もありました。



「仕事(ネットショップ)用で使っているものなので余りゴチャゴチャと色んな用途に使わないほうが良いですね」というプロのアドバイスを受け、セカンド用にノートPCを探していましたが、ふらっと立ち寄ったYバシ[E:camera]で性能、価格、そしてデザイン共にバッチリなものに出会ってしまいました[E:scissors]



それがこいつ「Mac Book」。シンプルなのになんでこんなにオシャレなんでしょう。





私達もついにMacユーザです[E:shine]Windowsに慣れているので今のところ使い方がほぼ分からないのですが・・・手探りで機能を試してます。なぜだかこいつを見ていると未知の可能性に夢が膨らんで来ますね。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 9

お散歩日和  

今週末は気持ちの良い青空が広がって絶好のお出かけ日和でしたね[E:sun]



特に遠出もしませんでしたが久々にいつものお散歩コースを歩いてきました。



家から裏高尾や高尾山への裏道にも続いている小道です。



途中で何かの木の実を取ろうとしているおばさんに「くわの実」がなっていることを教えてもらいました。



↓甘酸っぱくて美味しいんです





普段は気付かずに歩いていましたが、近所にはくわの木がたくさん生えていたんですね。





そして水辺で緑色に繁っている苔たちの上で水晶の写真を撮ってみました。





自然の中に水晶を連れて行くとなんだか生き生きと輝いているように見えます[E:shine]



特別ではありませんが気持ちの良い休日でした。



category: 日々のこと

tb: 0   cm: 8

水晶のおはなし「カテドラル水晶編」  

水晶には様々な色や形があります。もちろんどんな水晶も全く同じ形のものはありませんが、特徴のある形には名前がつけられているものがあるんです。色々なサイトでも詳しく説明されていますが、自分自身の勉強も兼ねて[E:coldsweats01]少しずつご紹介していきたいと思っています。まずは「カテドラル水晶(Cathedral Crystal)」についてです[E:shine]





「カテドラル」とはキリスト教(カトリック)の大聖堂の事で、カテドラル水晶はその名の通り大聖堂を思わせるような外観をした水晶を総称したものです。





↑写真はドイツににある世界最大級のゴシック建築「ケルン大聖堂」。これがまさにカテドラルです。



いくつもの結晶が折り重なるように成長してポイントを形成することでこのように表面がデコボコした形になります。





表情豊かでキラキラと輝きを放つ堂々としたその姿は見る人を引きつけます。個人的にとっても気になる水晶の一つで、角度を変えてみたりしながらついつい時間を忘れて眺めてしまいます。

category: クリスタル/水晶について

tb: 0   cm: 6

水晶のおはなし「ファントム水晶編」  

今回はファントム水晶についてご紹介したいと思います。



「ファントム」とは幻、幽霊などという意味で、ファントム水晶(Phantom Crystal」は別名「山入り水晶」「幻影水晶」とも呼ばれています。水晶の中に山の影のような模様が入っており、まるで水晶の中に水晶が入り込んでいるようにも見えます。



水晶が成長していく過程で1度成長が止まり、そこに別の鉱物や気泡などが付着すると山の影のような模様になります。一つの山だけでなく、幾層にも連なっているように見えるものもあります。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0