ヒマラヤンナチュラルのブログ

ピンク・グリーンファントム水晶クラスター  

ヒマラヤンナチュラルで扱っているヒマラヤ水晶は、



主にインド北部のヒマーチャル地方で採掘されるものです。



この地方の水晶といえば薄いピンク色をしたものが有名で、



その優しく美しい色合いにファンも多い水晶です。



今回はそんなピンク色の中に緑色が混ざった水晶クラスターをご紹介します。





この緑色はクローライト(緑泥石)と呼ばれる別の鉱物で、



水晶に付着したり、含有されたりしているものはよく見られるのですが、



ピンク色の水晶の中に内包され、



その部分がファントムに形成されるという変り種です。



スタイルも男前でアップで見るととても存在感があります。





ピンク色と緑色のコントラストがとっても綺麗で



麗らかな春を感じさせてくれるような水晶です[E:shine]



ピンク・クローライトヒマラヤ水晶のページはこちらから

category: クリスタル/水晶について

tb: 0   cm: 2

ヨーグルトチキンカレー  

久々にチキンカレーを作りました。



今回はヨーグルトベースでココナツミルクベースに比べるとさっぱりとした味です。





チキンもムネ肉とモモ肉が半々でヘルシーです。



まろやかなココナツミルク風味もいいですが、



たまにはこういうあっさり目なチキンカレーもいいかも・・・。



うちの奥さん的にはまろやかな方がいいようですが、



それでも今回もほぼ無言でがっついていたのでまんざらでもなさそうです[E:sweat02]



次は何カレーを作ろうかな~。





category: 印度カレー

tb: 0   cm: 4

妙義山と水晶の形  

最近は寒さのせいもありあまり遠出をしていなかったのですが、



群馬の下仁田町まで行く用事ができたので久々にドライブをしてきました[E:rvcar]



ICから高速を降りると、そこはとってものどかな風景が広がっています。



下仁田と言えば「下仁田ネギ」が有名な町ですね。



車を走らせると、とても特徴のある岩肌むき出しの形をした妙義山が遠くに見えて来ます。





妙義山というのは実はひとつの山の名前ではなく、



いくつかのピークの総称だそうです。



そして、大分県中津市の耶馬溪や香川県小豆郡小豆島町の寒霞渓と合わせて



日本三大奇勝の一つに数えられています。





確かに見ているだけで圧倒されるような独特な岩肌ですね〜



大昔海底にあった火山から噴出された火山堆積物などが隆起し



風化や浸食などという自然の長い活動により今のような形になったそうです。



形成される条件などは違えど、水晶などの鉱物も



長い長い年月をかけてゆっくりと美しい姿に成長します。



地球や自然の力って本当に素晴らしいですね[E:shine]





特徴あるカテドラルクラスターの商品ページはこちら

category: クリスタル/水晶について

tb: 0   cm: 2

菩提樹のお話  

今回はヒマラヤンナチュラルのヒマラヤ水晶アクセサリーにも使われている



「ルドラクシャ」と呼ばれる菩提樹の実について詳しくご紹介します。





数珠などにも使われよく知られている「菩提樹の実」は



東南アジア原産のホルトノキ科ホルトノキ属の



常緑高木であるジュズボダイジュ(インドジュズノキ)の実で、



日本では一般的に金剛菩提樹と呼ばれ、



ヒンドゥー教の世界ではルドラクシャ(RUDRAKSHA)と言われます。



ルドラクシャはヒンドゥー教最高神の一人である



シヴァ神を現すルドラ(RUDRA)、涙(目)を現すアクシャ(AKSHA)という



言葉を合わせたサンスクリット語が語源となっており、



その名の通りシヴァ神の涙という意味を持っています。



ヒンドゥー教の神話によると、



シヴァ神は全てのものの繁栄を願い、深い瞑想に更けていました。



その長い瞑想から目覚めたときに流れ出た涙が大地へと落ち、



そこから木が育ち、ルドラクシャの実がなったといわれています。



シヴァ神自身もこのルドラクシャを身につけた姿で描かれます。





ヒンドゥー教の修行僧であるサドゥーと呼ばれる人たちは



108つのルドラクシャで作られた数珠(マーラー)を首に巻き、



一つ一つに触れ数えながら、お経(マントラ)を唱えます。



お坊さんが数珠に触れながらお経を唱える姿も同じですね・・・。



このルドラクシャにはムキ(MUKHI)と呼ばれる節に挟まれた面があり、



この面数によって様々な意味や効果を持っています。



最もよく見られるのが5面で、1面〜21面のものまであり、



面数の多いものなどはとても神聖で貴重なものだそうです。



ルドラクシャにはシヴァ神の力強いパワーが秘められており、



触れる事でカルマから解放し、精神を浄化すると言われています。



また心身の健康にも良いと言われ



ヒンドゥの人々にも大切に扱われています。



ヒマラヤンナチュラルクリスタルでは、そんなルドラクシャを使用した



ヒマラヤ水晶ブレスレットの新作をアップしました。





ちなみに、仏教の開祖であるゴータマ・シッダールタ(お釈迦様)が



瞑想の後に悟り(bodhi)を開いたといわれる伝説の木「菩提樹」は、



インドボダイジュというインド原産のクワ科イチジク属の常緑高木で、



ルドラクシャ(金剛菩提樹)のジュズボダイジュの木とは別の種類です。



このインドボダイジュの実は小さく、加工には適さないため、



代わりにこの金剛菩提樹が一般的な菩提樹の実として扱われるようになったそうです。



菩提樹には他にも色々な種類があるようですが、



昔から人々にとってとても神聖な木だったんですね[E:shine]









category: ヒマラヤンナチュラル

tb: 0   cm: 4

オーダーバッグとほうれん草カレー  

鹿革を使ったハンドメイドのカバンなどを手がけるKAZINOさんにオーダーし、



心待ちにしていたバッグが「完成したよ」との連絡を受け、



急ぎ早に受け取りに伺って来ました。

母親からうちの奥さんへのプレゼント。



肩掛けできる大きめなサイズで間口も広く、



飽きのこないシンプルなデザインと明るめなブラウンカラーがとってもgood!



奥さんもとっても喜んでいました。



既製品でも良いものはたくさんありますが、



やっぱり手作りならではの風合いや、



作り手の想いが詰まったものにはかなわないですね。



末永く大切に使わせていただきます。



ちょうど夕飯時だったのもあり、我が家からはカレーを持ち寄りました。

ほうれん草に舞茸と豆腐を入れたカレーは、



インドのパラックパニール(ほうれん草とカッテージチーズ)風。



チーズ代わりの豆腐がなかなかマッチしていました。



芋好きとしては外せないじゃがいものサブジを添えて。



KAZINOさんにも美味しく食べてもらい何よりでした。



久々にゆっくり話しもでき、たくさん刺激も与えてもらいました[E:shine]



どうもありがとうございました!

category: 印度カレー

tb: 0   cm: 2

豆カレー(ダル)とサツマイモのサブジ  

今日は新年になって初の豆カレー(ダル)を作りました[E:restaurant]





今回は新たな試みで、ムング豆とチャナ豆の2種類を使用。



そして最近チョイはまりしているサツマイモのサブジと玄米ご飯で



ヘルシーだけどとっても贅沢な夕飯が出来上がりました[E:shine]



最近は健康志向にさらに拍車がかかっているため、



こういうシンプルな味付けのものが本当に美味しく感じられます。



もっと腕を磨いて豆と野菜のカレーを極めるのが今年の目標です[E:punch]



試食希望の方いつでもどうぞ~[E:happy01]



category: 印度カレー

tb: 0   cm: 7

お気に入りの「クローライト ヒマラヤ水晶」  

本日ホームページにアップした新作のヒマラヤ水晶の中から、



とっても美しいクローライト(緑泥石)入りのものをご紹介します[E:shine]





この水晶はインド、パルギ鉱山で採掘されたもので、



一つ一つのポイントの透明度が高くどこかやわらかな色合いで、



結晶下部には黄土色と白銀色をしたクローライトを含んでいます。



クローライトと言えばネパールのガネーシュヒマール産水晶などに



よく見られる濃い緑色のイメージが強いですが、



実は10種類以上ある鉱物のグループ名で、黄土色、褐色、白っぽいものなど



様々な色をしたものが見られます。





この水晶の裏面を見ると、白銀色をしたクローライトが一面に含まれています。





大地の黄土色、そして美しい白銀色とそこから伸びた綺麗なポイントを見ていると、



まるで雪に覆われたヒマラヤの山々の、深々とした風景を想像させてくれるような



そんな風情のあるヒマラヤ水晶クラスターです[E:fuji]



⇒クローライト入りヒマラヤ水晶のページはこちらからどうぞ[E:confident]

category: クリスタル/水晶について

tb: 0   cm: 2

餅つき  

3連休の初日は、高尾のカフェTOUMAIで行われた



毎年恒例の餅つきイベントに参加してきました[E:shine]



TOUMAIにあるセレクトショップAmahina店長ヒカリさんの



実家で使われていた年季の入った木臼と杵で蒸したての餅米をこねていきます。





そしてみんなで順番に慣れない手つきと腰つきで搗いていきます[E:coldsweats01]





搗きあがったお餅は、しょう油やきな粉やあんこなど



お客さんみんなが各々好きなつけ合わせで美味しくいただきました。



またまた縁起物をいただき、その後は高尾の友人たちと



お茶を飲みながらプチ新年会のように盛り上がり



ほっと温まる一日になりました[E:spa]



今年はもっともっと高尾を盛り上げていければいいな〜と思っています!

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 2

謹賀新年  

あけましておめでとうございます[E:sun]



新年よりヒマラヤ水晶専門店「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」がオープンしました[E:shine]



2011年もみなさまに温もりを感じていただけるようなお店にしていけるように、



より一層つとめてまいります。どうぞ宜しくお願いいたします[E:confident]







 



さて、年末年始は毎年恒例になりつつある奥さんの実家がある山口へ行って来ました。



瀬戸内海に面したとてものどかな場所で、



毎年お正月には奥さんのご両親が新鮮な魚介類でおもてなしをしてくれます[E:fish]

今年も贅沢に魚介の数々、そして大きなお皿には



見たことも無いくらい豪華なふぐのお刺身!





本当にいつもありがとうございます[E:confident]



山口ではふぐは福(ふく)を招くいってとてもおめでたいものでもあります。



お正月からそんな縁起物の料理を堪能し、



そして初詣には世界遺産にも登録されている



広島の宮島にある厳島神社へ行ってきました。







年始ということもあり神社やメイン通りは人で溢れかえっていましたが、



少し通りを外れると昔ながらの町家が軒を連ねた



とても静かな島の風景を堪能できます。



とってもかわいい鹿の親子の姿も。





島には弘法大師が開山した弥山などもあり、



どこか神聖な空気を感じるような場所でした。

年始から福をいただき、由緒ある神社にお参りをして



これで今年も気合を入れて、しっかりと地に足をつけて頑張りたいと思います!!

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 2