ヒマラヤンナチュラルのブログ

サヨナラ2012年  

今日は大晦日。今年も残り僅かとなりました。

この一年は目だって大きな変化はありませんでしたが
2度インドへ買い付けに出掛けたり、半分私用ではありましたが池袋のショーにも出掛けたり
久々のミネラルショーに出展したりと我ながらよく動いた年でした。
そのおかげで新たな出会いや繋がりも出来ました。
そして少しですがお客様と顔を合わせてお話も出来ました。

ネットショップという仕事上、普段は家に篭っての作業が多く
自分から動かなければそれで済んでしまうので
こうして節々で外に出られたことはとても良かったです。

私生活は凪のように平穏ではありましたが
家族が健康で笑顔で過ごせるのが一番なので
そう考えると幸せな年だったのではないでしょうか。

世の中の動きや政治のことは色々と知れば知るほど憤りを感じてしまいますが
それに悲しんだり怒ったりするのではなく
じゃあ自分はそれでどうしたいのか、どうしたらいいのかということを考え
少しずつ実践していけばいいのではないかと
このちっぽけな頭を使って学んだ年でした。

そして何よりも大好きな水晶達に囲まれて
それを生業と出来ていることがとてもありがたいです。

母なる偉大な地球が育んでくれた美しい水晶達に感謝し
必要としているたくさんの方々にお届けし
一人でも多くの方が癒され笑顔になってくださるよう
私達が出来ることを頑張りたいと思います。

今年一年お世話になった全ての方に感謝するともに
皆さまの益々のご多幸をお祈り申し上げます。

新しい年が素晴らしいものになりますよう。
2013年も変わらずご愛顧くださいますようどうぞ宜しくお願い申し上げます。
ありがとうございました☆

pink00000050.jpg





category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

年の瀬  

お正月休みを利用してどこかへお出かけしたり
帰省して家族でゆっくりと過ごされている方も多いと思いますが
そんな世間の波とは裏腹に、私達夫婦は
新年に向けて新商品の準備に忙しく夜な夜な作業に追われています。

ヒマラヤンナチュラルクリスタルでは
年の初めにふさわしい、新しい年に彩を添えてくれるような
キラキラと光り輝く美しい水晶をたくさんアップする予定です☆

newyear2.jpg

こんな超美結晶のシングルポイントや

newyear1.jpg

珍しい形状や様々な内包物を伴う個性派水晶などをご紹介する予定です。

さらに「新春キャンペーン」として、当店よりお楽しみプレゼントもご用意しています☆

point0000080.jpg

その前に、どこまで準備が出来るかどうか・・・
年末まで気合を入れて、気力と体力が持つ限り頑張りたいと思います!

どうぞ年始を楽しみにしてください^^

category: 告知/お知らせ

tb: 0   cm: 0

ヒマラヤ水晶ポイントの新商品☆  

昨日の朝起きると薄っすらと雪化粧していました。

snow1.jpg

日が昇ると一瞬で溶けてしまいましたが一応ホワイト・クリスマスイブでした☆

snow2.jpg

それでも外の空気は一日中冷たくて庭にある石臼はカチカチに凍っていました。
いよいよ「芯から冷える」真冬が到来した感じです。

さて、ヒマラヤンナチュラルクリスタルでは
ヒマラヤ水晶ポイントの新商品をアップしました。

↓ ヒマラヤ水晶ポイント CR-Q270

q270-3.jpg

表面に付着した鉱物の様子がまるで白銀の景色のような、
雪山のようなイメージの美しい水晶ポイントです。

結晶はそれらの鉱物により深く浸食され、
その荒々しい姿は雪山に現れたクレバスのようでもあります。

q270.jpg

吸い込まれそうなほど抜群の透明度を持ち、表面はしっとりと艶やかな光沢があります。
表と裏とでガラッと雰囲気が変わります。
荘厳なるヒマラヤの山々を想わせる素晴らしいヒマラヤ水晶です。

↓ ヒマラヤ水晶ポイント CR-Q272

q272.jpg

こちらも、先ほどの水晶に引けを取らないくらいに
透き通るような透明感と照りが美しい水晶ポイントです。
ストレートにバランスよく伸びる姿は清廉 実直なイメージです。

q272-6.jpg

ファセット一部は凸凹とカテドラル状の美しいフォルムに形成され
そこがまた魅力的な水晶です。

↓ ヒマラヤ水晶ポイント CR-Q275

q275-4.jpg

こちらは透明度が極めて高く、表面は照り照りで艶々な水晶ポイントです。
例えるならば宝石のような、ハーキマーダイヤモンドに通じる美しさがあります。
一切の穢れ無き姿で純真無垢な輝きを放っています。

q275-3.jpg

大きな剥離痕、そして底面の欠けがやや目立ちますが
それを踏まえても力強い存在感と魅力を持つ水晶です。

これ以外にも合わせて7点ご紹介していますので
宜しければぜひホームページをご覧くださいませ^^

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」

category: ヒマラヤ水晶の新商品

tb: 0   cm: 0

水晶棚の大掃除  

ここ最近は掃除のついでに少しずつ大掃除に取り掛かっています。
今日は床の間に飾っている水晶棚をキレイにしてみました。

tana2.jpg

いつもは表面の埃を取るだけなのですが
今回は棚から水晶を全て出して棚はしっかりと雑巾がけをし
水晶達は小さいものは水に浸けて浄化
そして大きなものはたっぷりとセージの煙で浄化してあげました。

tana3.jpg

本来ならば毎回こうするのが理想なのですがなかなか手が回らないので
思い立った時には入念にしてあげます。
水晶達もまたさらに生き生きとしていて
キラキラとした輝きを取り戻したような気がします。

2012年の1年間、こうしていつも私達家族を癒してくれたことに感謝。
そしてまた来年も温かく見守っていてくれますように☆


category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

アセンション!?  

昨日の12月21日はマヤ暦の一つの大きなサイクルが終わりを迎える日だったそうです。
さらに日本時間で20:11頃、宇宙では銀河系の中心と太陽系惑星が一直線に並んでいたそうです。
この様な現象が起こるのは25,920年に一度だとか。

メディアでは「人類滅亡」などという説も話題となり
どこかの辺鄙な島に登り「自分達だけは助かりたい!」みたいな人たちが現れたりと
まるで1999年ノストラダムスの終末論と同じような騒がれ方をしていました。

私自身が最初にこの話を耳にしたのはかれこれ7、8年前になりますが
その時は2012年なんて未来に一体何が起こるのだろうとドキドキしていたのを覚えています。
近づくにつれ、目に見えるような大きな変化もなさそうなのでどこかのんびりと構えていました。

いよいよその日を迎え、特にスペシャルなことは起こりませんでしたが
朝から普段より入念に掃除をしてみたり
前々からやろうと思っていた「塩麹」の仕込をしてみたりと
何となくですが新しい年を迎える前の日、大晦日のような気分で過ごしました。

もしかしたらこの瞬間にもアセンション(次元上昇)が起こっているのかな・・・?
なんて思いを巡らせながら。

siokoji.jpg

冬至だったこともありカボチャを食べてゆっくりと柚子湯につかりました。
冬至とは太陽の中心が冬至点(黄道上の黄経が270度の点)を通過した瞬間を指すそうです。
太陽は最も南にかたより、北半球では一年で一番日照時間が短い日だとか。

色々な事が重なったこの日は「太陽」がキーワードだったような気がします。
個人的なアセンションをはっきりと感じることはありませんでしたが
新しいサイクルは太陽のように光り輝いて欲しい!と思いました。

sunrise.jpg



category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

ヒマラヤ水晶クラスター(Lサイズ)の新商品☆  

同じ市内で割とご近所に住む農家の「岡本畑」さんから
最近ちょくちょく有機野菜を買わせていただいています^^

veg.jpg

その時によって少しずつ品がかわりますが
今回は娘の大好物のお芋(安納芋)やにんじん、カブ、タマネギ
チンゲンサイ、小松菜といつもながら盛りだくさんの内容です☆

こうして生産者の顔が見え、たくさんの愛情を込められ
そしてもちろん無農薬で育てられた有機野菜をいただけるのは何よりも幸せです。

いつもなら捨ててしまうような部分まであまさず使い切って
ありがたく美味しくいただいています。

私達もいつか自分達の食べる分くらいは自給できるようになりたいものです。

さて、ヒマラヤンナチュラルクリスタルでは
ヒマラヤ水晶クラスターのLサイズを2点アップしました。

↓ ヒマラヤ水晶クラスター CR-N873

n873-6.jpg

このタイプの水晶は透明感を写真で伝えるのが本当に難しいです^^;
母岩はないのですが、根元部分が白濁しているので
写真で見るとその白を映し出してしまいうまく伝わらないのです。
しかしながら横からのアップ写真ではきっとお分かりいただけると思います。

n873-2.jpg

表面の艶、光沢、照りも抜群に美しく
しっかりと太く大きく伸びるポイントは一つ一つが力強い存在感を発揮しています。

n873-1.jpg

さらに底面全体がセルフヒールドに再成長しており、とてもエネルギッシュな水晶です。

n873-10.jpg

↓ ヒマラヤ水晶クラスター CR-N872

n872-4.jpg

こちらも先ほどと同じような形状の水晶クラスターです。
先端にかけてとても美しい透明感があり表面には艶やかな光沢と照りがあります。

n872.jpg

底部が石英質の塊で白濁した箇所がやや多いのですが
ヒマラヤの雪山を想わせる様な素晴らしい水晶です。

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」

category: ヒマラヤ水晶の新商品

tb: 0   cm: 0

ミニ ヒマラヤ水晶クラスターの新商品☆  

ここ数日は体調不良で休んでいた間の遅れを取り戻すべく
カメラとPCに向かってせっせと作業を進めていました。

冬の間は昼間の時間が短いせいもありますがあっという間に日没を迎えます。
ふと作業部屋から外を見ると綺麗な夕焼け空が広がっていることもしばしば。

sky.jpg

このまま年末までノンストップで頑張りたいと思います^^

さて、ヒマラヤンナチュラルクリスタルでは
久々にSサイズのミニ水晶クラスターをアップしました。

↓ ヒマラヤ水晶クラスター CR-N866

n866-2.jpg

まるで宝石を散りばめたようにキラキラと美しく輝く水晶です☆
細かな結晶が寄り集まり、純白のティアラのような煌きを放っています。
所々に見られる濃いグリーンのクローライトがクリアーな結晶に映し出されています。
とても素晴らしい美結晶です。

↓ ヒマラヤ水晶クラスター CR-N867

n867-3.jpg

ほんのりとしたアイボリーカラーと美しい透明感が高貴な印象の水晶クラスターです。
表面には縦横のラインがくっきりと刻まれ、内部には七色のレインボーも輝き
こちらもまたとても魅力的な水晶です。

↓ ヒマラヤ水晶クラスター CR-N869

n869-3.jpg

ライトグレーの母岩から、まるで氷のように透明度が高く
抜群に美しいポイントが伸びています。
両サイドから大きなポイントが八の字に伸び
末広がりの縁起の良い形状をした水晶クラスターです。

今回アップした6点はどれも小ぶりながらに
それぞれの世界を持つ個性的で美しいものばかりです。

宜しければぜひホームページをチェックしてみてください。

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」

category: ヒマラヤ水晶の新商品

tb: 0   cm: 0

体調不良  

東京から戻って来てしばらく経ってから
夫婦揃って体調不良でダウンしてしまいました。

嫁の私は扁桃腺の腫れによる熱がおよそ3日も続き
夫はもともと弱い胃腸を悪くしていました。
幸いなことに娘だけは元気にピンピンしていますが^^

日頃の運動不足もよくない原因の一つでしょうが
おそらく2012年の溜まっていた疲れと寒さが重なって
一番弱い箇所に出てしまったのではないかと思っています。

よくよく今年一年を振り返ってみると
家族で色々な場所へ出掛け育児や仕事にも励みました。
(自分達の物差しですが^^;)
ここに来て体が少し休みなさいと言ってくれたような気がします。

最近は極力薬に頼らないようにしているので
今回も病院にも行かず薬も飲まずに自らの回復力を信じて頑張りました。

病気になるともちろんその時は辛いのですが
体に溜まった良くないものを細胞たちが
頑張って追い出してくれているという感じで
それを乗り越えたときには体の中がリフレッシュしたような気分です。
いつも元気が何よりとは言え、時々はこうして
自分の体を見つめなおし、そして少し大げさではありますが
今を生きていることに感謝する時間も必要なのかもしれません。

体調が悪い中日本の未来をゆだねる
選挙の結果にも失望してしまいましたが
「病は気から」と言うように個人個人の「気」が
元気を無くしたり落ち込んでいては始まりませんね。

気を取り直して一人ひとり出来ることを!という再確認もしました。
何はともあれ、休んでいた間に溜まっていた業務を
少しずつ再開していきます☆

rainbowcrystal.jpg

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

歳末セールのお知らせ☆  

年末年始といえばお正月の前にクリスマスが待っています。
街を歩くとどこもキラキラと綺麗なクリスマスカラーにデコレーションされていて
「キリスト教でもないし・・・」といいつつその雰囲気を楽しんだりします。
クリスマスといえばプレゼントを贈るイベントというイメージですが
大切な人たちに「喜んでもらえるかな~?」と想いを巡らせながら
贈り物を選ぶのも幸せなひと時です。

クリスマスプレゼントに水晶を贈るというのも
個人的にはステキだな~と思います。
天然石はやはり本人の直感で選ぶのがいいといわれますが
相手の事を考えて選び贈られたものもまた
贈られた人にとって特別な存在になってくれるような気がします。
キラキラと輝く石を手にした時には、きっとキラキラの笑顔になるでしょう^^

もしも当店をご利用いただいた際にラッピングなどご希望の場合はぜひご相談くださいませ。
出来る限り対応させていただきます☆

christmas.jpg

さて、ヒマラヤンナチュラルクリスタルでは
12/13(木)~12/28(金)の新月から満月までの期間
いつもご愛顧いただいております皆さまへ
当店から一年間の感謝の気持ちを込めて
全商品15%OFFの歳末セールを開催いたします

moon.jpg

今回はいつもとは違い、インド産ヒマラヤ水晶だけでなく
ネパール産や加工品、そしてアクセサリーも対象となります。

2012年という節目の年を締めくくるにあたって
地球が創り出した美しい水晶を手にしてみてはいかがでしょうか?
宜しければぜひこの機会にぜひご利用くださいませ。

category: 告知/お知らせ

tb: 0   cm: 0

ダーラ・クォーツの新商品☆  

12月に入り東京出張などでバタバタしていましたが
気がつけば今年も残り少なくなってきました。

年末には年賀状やら大掃除やら諸々・・・
やらなければならないことが何かとありますが
毎年の事ながら未だ全く手につけていません^^;
そういう私用よりも何よりもネットショップの業務と子守で
あっという間に一日が過ぎ去ってしまいます。
そんな言い訳をしながらきっとギリギリになり焦って全部を詰め込んでしまうことでしょう。

さて、ヒマラヤンナチュラルクリスタルでは
ダーラ産ヒマラヤ水晶(ダーラ・クォーツ)の新商品を3点アップしました。

↓ ダーラ産ヒマラヤ水晶クラスター CR-D004

d004-1.jpg

ポイントがクロスして「X」の形を作り出した
インパクトのある姿をした水晶クラスターです。

d004-7.jpg

二つのポイントが仲良く寄り添うように伸びたツインポイントの間を
DTのポイントが貫通するような形で伸びています。
どちらのポイントが先に伸びたのか・・・?
DTのポイントがまず作られてその後でツインのポイントが
それを回避することなく伸びていったのか、
もしくはツインとDTが同じタイミングで伸びたのか
その成長過程を色々と想像させてくれます。

d004-4.jpg

表面にはくっきりと刻まれた横のラインが見られ
ダーラ産らしさを現していますが
アイスクリスタルのように浸食された蝕像水晶でもあり
二つの特徴的なクリスタルの要素を含んだ水晶といえるのではないでしょうか。
ピンクがかった砂岩状の母岩もまた風化したような形状をしており
この水晶が育った過程を私達に伝えてくれているようです。

その母岩を含めた全体的な姿がとても魅力的な水晶です。

↓ ダーラ産ヒマラヤ水晶ポイント CR-D006

d006.jpg

こちらはダーラ・クォーツのシングルポイントです。
深く刻まれた横のラインと表面の照りがとても美しく
ダーラ産の特徴をとてもよく現した水晶です。
写真では分かりづらいですがファセット部分に
特大レコードキーパーが3つ縦並びに浮かんでいます。

d006-6.jpg

さらに一部が深くえぐられたような「く」の字の形状で
セプター水晶になりかけのような面白い姿をしています。
人の姿のようにも見える不思議な水晶です。

ダーラ・クォーツの更新はひとまずここまでとなります。
宜しければぜひホームページをご覧くださいませ☆

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」

category: クリスタル/水晶について

tb: 0   cm: 0

東京から戻りました☆  

昨日の夕方東京から戻って来ました。
空港に到着すると空気が冷たくて東京よりもずっと寒く感じました。

東京での5日間は色々なことをギュッと詰め込んで
慌しくあっというまに過ぎて行きましたが
とっても楽しく充実した日々になりました。

着いた初日は池袋へ向かいそのままミネラルショーに出掛け
インドでは仕入れることの出来ない
ネパール産や新たにパキスタンの水晶なども仕入れたり
京都ショーなどでもお世話になった馴染みの業者さんや
東京でしか会えない業者さんたちと久々にお話しも出来ました。

ショーでは世界中から集められた鉱物達を実際目に出来るので
本やネットなどで見るよりもずっと勉強になりますし感動もひとしおです。
さすがに何百と集まるお店全てをじっくり見る時間は無いのですが
気になるお店で足を止めて石たちを眺めては
一つ一つ手に取り細部まで観察するのはとても貴重で至福の時間でもあります。
仕事と言いながら自分好みの水晶を探し出す楽しさは何者にも変えられません^^

pakistan-quartz.jpg

ちなみに今回の戦利品の一つ。
こういうヒマラヤの険しさを感じられるようなゴツゴツワイルド系には目が無いです。

ショーの翌日からは地元八王子に帰り
久々に家族や友達とゆっくり会うことが出来ました。
娘を連れて始めての帰省となったので友達に初お披露目したり
娘と丸1年違いの生後1ヶ月半になる友達の赤ちゃんとも会えました。

私達が八王子を離れた後、皆それぞれの道を進み始め
今後皆でこうして集まる機会もなかなかないかもしれませんが
会うとまるで時間が止まっていたかのように、
まるで昨日も会っていたかのように変わりなくたわいのない話が出来る仲間達とは
離れていてもきっとどこかで繋がっているんだと想います。

そして改めて自分たちの生活を大切にしながら
やりたい事を突き進めて行きたいと思いました。

束の間の時間でしたが、娘も初めての電車で大はしゃぎしたり
とっても楽しそうな顔が見れて良かったです。

池袋のホテルからの夜景。
時々は都会の街もいいもんですね。

ikebukuro.jpg

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

Dhara Quartz ☆New Location  

東京行きの前にヒマラヤ水晶の新商品をアップしました☆

今回はパールヴァティ渓谷のダーラ村周辺で採掘される
「ダーラ・クォーツ」と呼ばれる変り種の水晶です。

dhara.jpg


一見して「アイスクリスタル」によく似ていることから
市場では「アイスクラスター」という名でも呼ばれているようです。

柱面には横に走る成長線がさらにえぐられた様に
凸凹とした無数のラインが入っているのが特徴で表面は艶やかな照りがあるものが多く
浸食された蝕像水晶のようにマットな風合いとはまた質感が違います。
さらにファセット(錐面)が艶やかでキレイな形で残っているものも多く
高い確率で山型(▲)のレコードキーパーが見られるのも最大の特徴といえます。

クラスタータイプをじっくり観察してみると
にょきにょきと伸びる根元の部分からくっきりとラインが見られ
浸食という感じではなく成長する過程で何らかの原因が加わりこのような形になったと思われます。

*中には浸食されたような痕があり、色合いや風合いもアイスクリスタルに
よく似ているものも見られるのですが、下にある地図でも分かるように産地が近いこともあり
ちょうど二つの水晶の中間のような、特徴が入り混じったものがあるのではないかと考えています。

minemapdhara.gif

そんな個性的なダーラ・クォーツを先日の買い付けの際
いくつか見つける事ができ、少しずつですがご紹介して参ります☆
まずは今回の3点をぜひチェックしてみてください^^

↓ ダーラ産ヒマラヤ水晶クラスター(ダーラ・クォーツ) CR-D002

d002-9.jpg

既に旅立つ先が決まってしまいましたが・・・
特大レコードキーパーが浮かんだ水晶です。
仲良く並ぶ2本のポイントが親子のように微笑ましい姿です。

d002-10.jpg

さらに大きい方の根元付近には水が入った水入り水晶で
傾けると水の中にある気泡が動く姿が確認できます。
水入りの原石で綺麗な状態のものはとても希少で奇跡のような水晶です☆

↓ ダーラ産ヒマラヤ水晶クラスター (ダーラ・クォーツ) CR-D001

d001-6.jpg

こちらはピンクの色合いと透明感がとても美しい水晶です。
横のラインやレコードキーパーなどダーラ・クォーツの良い見本のような姿をしています。
表面にはレコードキーパーとタイムリンクが見られ
内部には七色のレインボーがキラキラと煌いています。
可憐で気品を感じられる水晶です☆

↓ ダーラ産ヒマラヤ水晶クラスター (ダーラ・クォーツ) CR-D003

d003.jpg

トップページのイメージ画像にも使用している水晶です☆
先ほどの水晶に比べるとやや淡いピンクの色合いをしています。

d003-7.jpg

母岩からにょきにょき伸びるポイントの根元から
ラインがくっきりと入っているのがお分かりいただけますでしょうか?
こちらも透明感や表面の艶、照りが美しく状態も素晴らしい水晶です。

自然の創り出した個性的な姿をしたダーラ・クォーツの
魅力をたっぷりと感じていただければ幸いです^^

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」

category: ヒマラヤ水晶の新商品

tb: 0   cm: 0

東京へ行って参ります☆  

明日から10日まで家族で東京に行って参ります。
1年以上ぶり、娘が生まれてから始めてとなる里帰りを兼ねて
12/7から4日間池袋で開催される日本最大規模の石の展示会
東京ミネラルショーにも出掛けてきます。
久々の超大都会 池袋の街に圧倒されそうな予感です^^;

実家の父、母ともゆっくりと会えそうです。
父は娘のお宮参り以来の対面となるのできっとその成長に驚くでしょう^^

今回は年末年始を避けての帰郷なので
地元の友達とも会える予定です。
懐かしのメンバー達との久々の再会が楽しみです。
時間の許す限り、娘の体調と機嫌を見ながら過ごしたいと思います。

尚、ホームページ上でも告知しておりますが
この12/6~12/10の間は発送業務をお休みします。
ご注文は通常通り受け付けておりますが
メールの返信などは遅れる場合がございます。

皆さまにはご不便をお掛けいたしますが何卒宜しくお願いいたします。




category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

ピンク水晶クラスターの新商品☆  

今日の朝は澄みきった青い空が広がっていました。

tree.jpg

底冷えのする我が家ではくつ下2枚履きでも足の先が冷え、身をもって冬の訪れを感じています。

さて、ヒマラヤンナチュラルクリスタルでは

本日ピンク水晶クラスターの新商品を4点アップしました☆

↓ ピンク水晶クラスター CR-N853

n853-4.jpg

原石とは思えないほどの透明度!!宝石のように艶と照りも素晴らしいピンク水晶です。
中央には小さなDTポイントが重なるようにして伸び
まるで可愛らしいお花のような姿をしています☆
マスタークリスタルの一つであるチャネリングのポイントも見られます。

n853-8.jpg

優しいピンクカラーがとても美しく
女性的で穏やかなエネルギーを感じられるような水晶です。

↓ ピンク水晶クラスター CR-N854

n854-9.jpg

ほんのりと淡いピンクカラーの水晶クラスターです。
透明感のある大きなポイントが天に向かって凛と伸びています。

n854-10.jpg

一番大きなポイントのファセットにはレコードキーパーが連なっています。
こちらも花が開いたような可愛らしい形状がとっても魅力的な水晶です。

↓ ピンク水晶クラスター CR-N852

n852-4.jpg

こちらはほんのりとピンクがかった色合いの水晶クラスターです。
透明度、艶、照りがとても美しくさらにたくさんのレインボーがキラキラと輝いています。
アクセサリーなどの浄化用としても適した形状をしています^^

どの水晶も眺めているだけで癒されるような
とても温もりのあるものです。
宜しければぜひホームページをご覧くださいませ☆

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」

category: ヒマラヤ水晶の新商品

tb: 0   cm: 0

象神ガネーシャ水晶  

先日インドから届いた荷物に特別な水晶がありました。

ganeshcrystal01.jpg

何とヒンドゥー教の神様「ガネーシャ」の形(顔の部分)をしたカテドラル水晶です☆
「ガネーシャ」は言わずと知れた象の顔をしたインパクトのあるお姿の神様で
皆さまも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

Ganeshpic.jpg

シヴァ神と妻であるパールヴァティの息子で
象の顔と大きなお腹がとても愛らしく
「富と学問の神様」として人々にとっても人気の神様で
インドのお店ではよく商売繁盛を願ってガネーシャ像が祀られています。

shivafamily.jpg

現地でこの水晶に目が止まり、ガネーシャそのままを映し出したような姿に
感動するとともに大切に持ち帰らなければという思いになりました。

ganeshcrystal03.jpg

全体が凹凸のあるカテドラル状に成長をしているのでまるで加工しているかのように
立体的なガネーシャになっています。

ganeshcrystal02.jpg

さらに表面の艶と照りも抜群で、単純に水晶として見ても個性的で素晴らしいものです。
これこそまさに自然が創り出した神秘と言えるのではないでしょうか。

このありがたい存在の水晶がいつか旅立ちを迎える時まで
大切に大切に、感謝しながら一緒に過ごしたいと思います。

ganesh.jpg

ちなみにこの子は娘が産まれる前に友人からいただいたガネーシャ人形。
「ガネちゃん」の愛称で娘の大好きなお友達です^^

category: クリスタル/水晶について

tb: 0   cm: 0

我が家の水晶棚  

今日から師走です・・・今年もいよいよ残り僅かになってきました。
2012年はマヤ暦の一つのサイクルが終焉を迎え
また新たな時代が始まる時と言われています。
色々な意味で変換の年だったのではないでしょうか。

個人的には「ここが!」と断言できるような大きな変化はありませんでしたが
少しずつではありますが自分達の目指す方向に向かっているような気がします。
そして今後どのようにして生きて行きたいのか
その考え方もよりシンプルになってきたように感じています。

それでもまだまだたくさんの雑念があり
周りが羨ましく感じたり焦ったりすることもあります・・・もっと修行が必要です。

今日はお天気も良かったので作業部屋を掃除していると
突然水晶を並べている棚の整理をしたくなり急遽模様替えをしてみました。

crystal002.jpg

この棚は個人的コレクションと言いますか
旅立ちを控えているたくさんの水晶の中でも
どうしても惹かれてしまうものだけを集めています。

crystal003.jpg

中央には「ナタラージャ」と呼ばれるダンスを踊るシヴァ神
そしてシヴァ神の乗り物でもある聖牛ナンディーン
そしてシヴァ神の息子、象神ガネーシャを飾ってみました。
ヒマラヤ水晶が育まれるインドのヒマーチャル地方には
こうしたヒンドゥーの神様達にちなんだ言い伝えがたくさん残っています。
一つ一つの水晶にもこうした神様達のエネルギーが宿っているように思えてなりません。

私はインドが好きで、ヒンドゥー教の思想や人々の厚い信仰心になぜか惹かれ、
ヒマラヤに魅せられ、そしてこの地で育まれた水晶の虜になってしまいました。
ヒマラヤ水晶にこれだけ惹かれたのは、ヒンドゥーの神様達の姿を
そこに重ねてしまっているからなのかもしれないな・・・と棚の整理をしながらふと考えていました。

crystal004.jpg

いつも愛用している水晶ペンダントの浄化用には
全てを浄化してくれそうなクリアーでキラキラのクラスターを置いています。

crystal001.jpg

石好きの方はきっと皆そうだと思いますが
ああでもないこうでもないと石同士のバランスを考え
そして自分の中で納得がいくようなレイアウトが出来た時の
嬉しさ(完全なる自己満足ですが)と言ったら何者にも変えがたいものです。

水晶達もキレイに並べられてどこか嬉しそうです☆
なんだか部屋中が温かいエネルギーに満ちているような一日でした^^




category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0