ヒマラヤンナチュラルのブログ

新着第二弾☆ガネーシュヒマール産ヒマラヤ水晶クラスター☆  

ほぼ毎日のように通っている近所のお散歩道
その道端に真っ赤に実った野いちごを見つけました。

berry062901.jpg

何かに使えそう!と勢いで摘んでみましたが
頑張った割にはあまり大した量が採れなかったので
ためしに最近ハマっている天然酵母でも起こしてみようと思います。

さてさて、ヒマラヤンナチュラルクリスタルでは
ネパールからの新着商品の第二弾として
ガネーシュヒマール産ヒマラヤ水晶クラスターをアップしました☆

↓ ガネーシュヒマール産ヒマラヤ水晶クラスター CR-GH083

ganesh062901.jpg

ほんのりと色づいたライトスモーキークォーツです。

g083-4.jpg

中央に存在感のある大きな結晶がどっしりと鎮座し
その周りにと小さな結晶が寄り添うように伸びています。
とてもクリアーで上から眺めると内部のクラックや僅かなインクルージョン
そして底面の模様を美しく映し出しています。

g083-3.jpg

背面にはまるで鱗のようなマイカやヘマタイトの姿も。

ganesh062903.jpg

よく見ると七色のレインボーもキラキラと輝いています。
滑らかな表面の様子、そして上品なライトスモーキーカラーと
見ているだけで心が癒されるような水晶クラスターです。

↓ ガネーシュヒマール産ヒマラヤ水晶クラスター CR-GH082

ganesh062904.jpg

続いては、トップページのイメージ画像にも使用しているこちらの水晶。

g082-4.jpg

みずみずしい輝きを放つ結晶が中央に伸びています。
吸い込まれるような美しさです

g082-2.jpg

まるでこの美しい結晶を守っているかのように
両サイドに結晶が横たわりしっかりとした安定感をもたらしています。
先端にはシルバーグレーカラーのマイカを伴っています。

g082-5.jpg

中央の結晶だけでも十分に美しいのですが
この両サイドの結晶があることでその存在感をさらに際立たせ
そして程よいバランスを作り出しているように感じられます。

↓ ガネーシュヒマール産ヒマラヤ水晶クラスター CR-GH084

g084.jpg

こちらは全体的に美しいアイボリーカラーをした神秘的な雰囲気の水晶クラスターです。

g084-4.jpg

抜群の透明度と煌く照りを持つ二つの結晶が凛と伸びています。

g084-7.jpg

サイドから底面にかけてはカテドラル状の細かな結晶が伸び
さらにセルフヒールドしていたりと複雑な姿に成長をしています。

g084-5.jpg

二つの結晶の背後には大きな結晶が横たわり
その内部にはとても綺麗な七色のレインボーが輝いています。
艶やかな女性的な雰囲気を感じられる美しい逸品です☆


今回はこちらの3点をご紹介しています。
ぜひホームページもご一緒にご覧ください。

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」

category: ヒマラヤ水晶の新商品

tb: 0   cm: 0

新着☆ガネーシュヒマール産ヒマラヤ水晶☆  

今回ネパールへ買い付けに行っていて
梅のシーズンを思い切り逃してしまい
今年は手に入れられなかった・・・と半分諦めていたのですが
ギリギリのタイミングで知り合いづてに頼むことが出来ました。
大きく丸々とした綺麗な青梅です☆嬉しい無農薬栽培品!

ume062601.jpg

3kgほどの量だったので、酵素ジュースを作ることにしました。

ume062602.jpg

まだ仕込んだばかりですが、この時点で梅の爽やかな香りがぷんぷんしていて
出来上がりが楽しみでなりません^^
毎日の様子を観察するのもワクワクします。

さてさて、ヒマラヤンナチュラルクリスタルでは
今回ネパールから届きたてほやほやの
ガネーシュヒマール産ヒマラヤ水晶ポイントの新商品をアップしました!

↓ ガネーシュヒマール産ヒマラヤ水晶ポイント CR-GH080

g080.jpg

トップページのイメージ画像にも使用しているこちらは
濃いグリーンのクローライトをたっぷりと伴った
ガネーシュヒマール産らしい水晶です。

g080-6.jpg

内部だけでなく表面にも付着していて、その影響で
僅かに浸食されややマットな風合いをしています。

g080-2.jpg

全体的な形状も美しく、根元付近に付着した
白い曹長石(Albite)と呼ばれる鉱物がアクセントになっています。
苔色をしたクローライトが趣のある佇まいを作り出しています。

↓ ガネーシュヒマール産ヒマラヤ水晶ポイント CR-GH079

g079-2.jpg

続いてはこちらの小さなダブルターミネーテッドの水晶ポイント。
透明度もさることながら、まるで鏡のような表面の照りが素晴らしいです。

g079-4.jpg

内部には七色のレインボーもキラキラと輝いています。

g079.jpg

正面から見ると背面に付着した石英の塊が
ガーデン模様のように映し出されています。
先ほどのクローライト水晶とはがらっと変わり
こちらは清楚で神秘的な雰囲気の美しい水晶です。

↓ ガネーシュヒマール産ヒマラヤ水晶ポイント CR-GH078

g078-4.jpg

こちらは結晶内部にヘマタイトの結晶を伴い
小さな黒い斑点模様が映し出されています。

g078.jpg

透き通るような美しい透明感と瑞々しく潤いのある表面の様子がとても綺麗で
なんだか眺めているだけで清々しい気分になります。

g078-7.jpg

ファセットにはレコードキーパーも浮かび上がり
神聖な雰囲気もかんじられる水晶ポイントです☆

↓ ガネーシュヒマール産ヒマラヤ水晶ポイント CR-GH081

g081.jpg

こちらは、表面にグリーンのクローライトを伴い
大きく浸食された個性派の水晶です。

g081-4.jpg

特にファセットはほぼ全体がゴツゴツと浸食されていて
まるで大仏様の頭を想わせる様な形状になっています。
とてもありがたいお姿です・・・^^

g081-6.jpg

浸食の無い部分は艶やかで、内部はすっきりとクリアーです。


これらを含めて今回は全部で6点ご紹介しています。
宜しければぜひホームページをご覧ください☆

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」

category: ヒマラヤ水晶の新商品

tb: 0   cm: 0

ネパールからの水晶が到着しました☆  

昨夜の満月はスーパームーンと呼ばれるものだったそうですね☆
何でも通常の満月よりも大きさが14%、明るさは30%増しだったとか!
山口はあいにくの曇り空で、残念ながらその姿を眺めることが出来ませんでしたが
しっかりと水晶達を外に出して浄化させてあげました^^

さて、ネパールから送った荷物が着々と届き始めています。
ヒマラヤ水晶の第一便も無事手元に届きました。

nepalcrystal062401.jpg

現地では何度も目にしているものですが
やはり中身を確認する際はドキドキ・ワクワクと楽しいものです。
ほとんどが無傷でホッと一安心です。

nepalcrystal062402.jpg

クリアーなものやライトスモーキーに加えて
ガネーシュヒマール産を象徴するかのような
とても深みのあるグリーンカラーのクローライトを伴った水晶も届きました。
クリアーな結晶に映し出される苔のような模様と
角閃石などの内包物の姿は味わい深いです。

これらの水晶とほぼ同じタイミングで
今回のネパールで手に入れた私物としては一番の大物が到着しました!

ganesh062401-1.jpg

ganesh062402.jpg

憧れの「象神ガネーシャ像」、真鍮製です!
かねてより大きなサイズのガネーシャ像が気になっていて
いつか「これだ!」というものに出会ったら・・・と思っていたのですが
ついにネパールで出会ってしまいました^^
このでっぷりとした丸いお腹にときめいてしまいました。

ganesh062403.jpg

最近色々なものに興味津々な娘も早速・・・
「ぞうさん」「てて(手)」「あし(足)」
「フォーク(額に書かれた三本槍のことをどうやらフォークと思っているよう)^^;」などと
おおはしゃぎで触りながら片言の日本語で話していました。

ガネーシャは商売繁盛や幸運を運んでくる存在としてとても人気が高い神様です。
商いを営む我が家の守り神としてこの愛らしい神様が
いつまでも温かく見守ってくれればいいなと願っています

category: ヒマラヤ水晶買い付け

tb: 0   cm: 0

古都パタンの町の様子☆  

ネパールでの買い付けの際に滞在していた古都パタン。
古い建物が並び、町全体が赤茶色に染まっています。
そんな風情のある町並みを少しご紹介します^^

nepalpatan004-0622.jpg

nepalpatan001-0622.jpg

パタンは職人の町としても有名なようで
通りを歩けば至るところに仏像屋や仏像の工房があります。

nepalpatan010-0622.jpg

興味はありますが、あまりにもお店の数が多すぎて
どこから入ればいいのか、値段交渉などの面倒を懸念して
ウィンドウショッピングだけ楽しみました。

nepalpatan011-0622.jpg

観光客向けのメインどおりにはこういったアンティーク?ものを
扱うお店もたくさん並んでいます。

nepalpatan005-0622.jpg

銅や真鍮の器などを扱うお店もたくさん。
佇まいがそれだけで絵になっています。
使い道も思い当たりませんが大きな銅の容器がとにかく欲しくなりました^^;

nepalpatan007-0622.jpg

nepalpatan003-0622.jpg

ダルバート(ネパールのカレー定食)には欠かせないお豆やスパイスの露店。
日本だったら「衛生上の問題が・・・」とか言われちゃいますが
こういう道端で売られている大雑把な感じ、たまりません。
旅に来た~~って気分にさせてくれます。

nepalpatan006-0622.jpg

フルーツや野菜の露店が立ち並ぶエリア。
今の時期はマンゴーやライチがシーズン。
日本にいたら贅沢なマンゴーをよ~く冷やして
ここぞとばかりにかぶりついていました^^

nepalpatan008-0622.jpg

揚げ物スイーツ。超高カロリーな一品。
チャイのお供にどうぞ。

nepalpatan012-0622.jpg

お寺は大小様々なサイズで至るところに建っています。

nepalpatan009-0622.jpg

木曜の礼拝の日に立ち並んだお供え物の露店。
私達もお花やココナッツなどなどが入った一式を買ってみたものの
それぞれのアイテムをどう使うのかほぼ分からず
結局案内人のおじいちゃんにお布施をして教えてもらいました。

旅の面白さは観光地よりもローカルエリアにあり!
今回もほんの少しですがその面白い部分を感じられて良かったです☆

category: ヒマラヤ水晶買い付け

tb: 0   cm: 0

パルギ産ヒマラヤ水晶の新商品☆  

ネパールの様子はいったんここで中断して
日本に帰ってきたときの話を少し・・・。

およそ2週間余り振りに帰ってきた我が家。
久々に家の中に入って空気の入れ替えをしていると
なにやら醤油屋さんのような芳しい香りがどこからか漂っています。
???何か食べ物が腐っていたかな?と見てみても
それらしきものは見当たらず
???おかしいな~と思いながらよ~く考えてみると
どうやら匂いの元は仕込んでいた味噌の辺り。
梅雨のジメジメした時期だし、もしや!と思い
中を開けてみると・・・予想通り周りに白カビが発生していました。

misho0621.jpg

それでも「カビは取り除けば大丈夫」という友人の言葉を思い出し
焦らずに丁寧に取ってあげました。
ついでに味噌の味見をしてみると・・・う~ん、完全に味噌の味!
ちゃんと発酵が進んで美味しい味噌が出来ていました。
これからさらに寝かせて熟成させてうま味を引き出したいと思います。

さてさて、ヒマラヤンナチュラルクリスタルでは
ワイルドな風貌が特徴的な
インド・パルギ産ヒマラヤ水晶クラスターの新商品をアップしました。
(*ネパール産は準備が出来るまで少々お待ちください)

↓ パルギ産ヒマラヤ水晶クラスター CR-N956

n956.jpg

パルギ産らしい内包物を伴った水晶です。
やや淡いグリーンのクローライトが美しいガーデン模様を描いています。

n956-10.jpg

全体的に赤茶けた感じなのはおそらく鉄分の影響でしょうか。

n956-9.jpg

大きなダブルターミネーテッド(DT)のポイントも見られます。

n956-3.jpg

ワイルドさに加え芸術的な美しさを備えたガーデンクラスター。
好みが分かれる水晶かもしれませんが
こういう変り種も個人的にツボです。

パルギ産ヒマラヤ水晶クラスター CR-N958

n958.jpg

続いてはこちらの細長い形状をしたクラスター。
内部にはおそらく白泥石と思われる鉱物を伴い
さらに表面に付着した鉄分の影響で
ほんのりとゴールドの色合いをしています。

n958-5.jpg

n958-6.jpg

小さなDT結晶や、底面のセルフヒールドも特徴の一つです。
やわらかな衣を纏ったような雰囲気を持つ水晶です。

これらを含めて全部で4点ご紹介しています。
宜しければぜひホームページをご覧ください☆

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」

category: ヒマラヤ水晶の新商品

tb: 0   cm: 0

古都パタンのダルバール広場  

カトマンズで滞在していた古都パタン。
宿のすぐ側には世界文化遺産にも登録されている
ダルバール(旧王宮)広場があり
毎日のようにそこを通っていました。

nepaldurbar001-0621.jpg

朝、昼間、夕暮れ時によって様々な表情を見せてくれる
いい感じに老朽化した寺院を眺めながら歩いていると
古き時代にタイムスリップしたかのような気分になります。

nepaldurbar004-0621.jpg

広場は町の人々の憩いの場にもなっているようでした。

nepaldurbar003-0621.jpg

nepaldurbar008-0621.jpg

今はオフシーズンということもあるのか
旅行者の姿はあまり見かけなかったのですが
逆にそれがネパールの日常を感じられて良かったです。

金曜日の夕暮れ時には露天商がたくさん現れ
いつも以上に広場は人々で賑わっていました。

nepaldurbar009-0621.jpg

日本のお祭りを思い出してちょっとウキウキでした。

nepaldurbar010-0621.jpg

レストランの屋上から眺める夕暮れの広場。

nepaldurbar011-0621.jpg

いつもはこんな雰囲気。

nepaldurbar012-0621.jpg

たまたま日中に通りかかったら
なにやらドラマ?映画?の撮影に遭遇。
手前右端の黒いポロシャツを着ている男性が
どうやらメインの俳優さんのようですが
何度もダメだしをされていました^^;

nepaldurbar007-0621.jpg

たくさんある寺院についての前知識も全く無かったので
一つ一つをじっくり見て回りませんでしたが
それぞれに違う神様が祀られているようです。

2匹の像が守っているこちらは「ビシュワナート寺院」といい
シヴァ神が祀られています。

nepaldurbar006-0621.jpg

狛犬のような像もありました。

nepaldurbar005-0621.jpg

日が沈んだ後の色の少ない風景もまた趣がありました。

nepaldurbar002-0621.jpg

世界遺産に登録されている場所というと
日本ではきっちりと管理されているイメージがありますが
こうして町の人々が気軽に集まり
家族や友人達とたわいのない会話をしながら
のんびりと過ごしている・・・そんなところが
穏やかなネパールらしくていいなと思いました^^

category: ヒマラヤ水晶買い付け

tb: 0   cm: 0

ネパールのヒマラヤ水晶☆  

ネパールでの買い付けの際はカトマンズの中心部タメル地区から
車で20~30分ほど離れた古都パタンに滞在していたので
毎日タクシーでタメルまで通っていました。

先日のブログでもお伝えしましたがメイン道路の大気汚染はひどく
カトマンズ滞在中は常に高性能のマスクを着けていました^^;

nepaltrip010-0620.jpg

それに加えてタメルの町中は人、バイク、車のラッシュ。
買い物をするにはいいですがあまりゆっくりと滞在したいところではありません・・・。

nepaltrip009-0620.jpg

そんなタメル地区には観光客向けのお店が所狭しと並び、
その中に貴金属や天然石(水晶)を扱うお店がいくつもあります。
毎日そんなお店を冷やかしながらたくさんの水晶を見てきました。
もちろんそれらを全て買い付けたわけではありませんが
その中のいくつかをご紹介します☆

ガネーシュ産らしい気品溢れるクリアー水晶。

nepalcrystal001.jpg

最高品質のクリアーガネーシュヒマール産水晶。

nepalcrystal002.jpg

角閃石とクローライトがびっしり内包されたワイルドなガネーシュヒマール産水晶。

nepalcrystal005.jpg

ライトスモーキーのガネーシュヒマール産水晶クラスター。

nepalcrystal003.jpg

ずらっと並べられたクリアーなガネーシュヒマール産水晶。

nepalcrystal006.jpg

シルバーカラーのマイカを伴うガネーシュヒマール産水晶。

nepalcrystal007.jpg

クリアーな結晶のトップにクローライトを伴うガネーシュヒマール産水晶。

nepalcrystal004.jpg

とんがり具合がマチャプチャレを想わせる様なガネーシュヒマール産水晶。

nepalcrystal008.jpg

古都パタンの町並みと水晶。なかなか乙です^^

nepalcrystal010.jpg

高品質な角閃石・クローライト入りガネーシュヒマール産水晶。

nepalcrystal009.jpg

まだまだたくさんの水晶との出会いがありましたが
これらはほんの一部です。
今回目にしたのはガネーシュヒマール産がほとんどで
その他の産地の水晶はあまり見かけませんでした。

実際にネパールに来てみて現地の業者さんに色々な話を聞くことが出来
ただ購入するだけでなくたくさんの収穫もありました。
そういう意味でも直接現地へ赴くことは大切だなと感じました。

送った荷物はまだ手元に届いていないので
それまで旅行の余韻と共に楽しみながら待つことにします。

category: ヒマラヤ水晶買い付け

tb: 0   cm: 0

ネパールから戻りました☆  

nepaltrip002.jpg

ナマステ☆昨日無事にネパールより戻ってきました。
なんやかんやで帰りはおよそ24時間かけての移動。
さすがに今日は旅疲れがどっと出て完全にパワー切れ状態です^^;

「ネパール買付けの様子」ブログがその一で止まったまま…
ネットは繋がるもののスピードも遅く(言い訳がましいですが・・・)
なかなか旅の様子をリアルタイムでアップできませんでしたが
これからゆっくりネパール滞在で見てきたものをご紹介したいと思います。

最初の1週間は水晶選びに没頭する日々…
良いものは少なく成果はまずまずといったところですが
初めての現地買い付けにしてはこんなものかな?と思っています。

nepaltrip005.jpg

残りの1週間は別の町に移動して家族揃っての
時間を思い切り満喫してきました。
仕事・水晶のことも完全に忘れて楽しみました。

こうして日本を離れて頭をからっぽにすると
色々なことがリセットされて新たな考えも浮かんできます。
日常を坦々と過ごしていると、ついつい頭が固くなるというか
物事を狭く捉えがちになってしまうので
たまにはこういった時間も必要だな~とつくづく感じました。

ネパールという国の温かさ、人々の優しさにたくさん触れて
心にもじんわりと染みわたりました。

nepaltrip007.jpg

娘も毎日を全力で楽しんでいて
周りの人たちもそれを温かく見守ってくれていて
始めての海外がネパールで良かったと感じています

雨季のためヒマラヤの展望は諦めていたのですが
数日間の晴れに覗いた美しい姿を拝むことが出来ました☆

nepaltrip008.jpg

*中央のとんがり山が「マチャプチャレ」その隣が「アンナプルナ」!
美しい女神のような姿にうっとりでした。

nepaltrip004.jpg

移動した日の夕暮れ。曇りでも美しい空。

何はともあれ、家族全員がケガや病気も無く
大きなトラブルも無く過ごせたことが幸いでした。
そしてネパールで出会った全ての人たちに感謝です。
改めてネパールという国が大好きになりました。

nepaltrip003.jpg

新しいヒマラヤ水晶をご紹介できるのはしばらく先になりますが
荷物が届いて準備が整い次第順次アップして参ります☆
どうぞお楽しみに~。

category: 旅行・地域

tb: 0   cm: 0

聖地ボダナート  

主人がヒマラヤ水晶の買い付けに奔走している間
嫁の私は娘を連れてパタンの町をウロウロしています。
とは言っても町中は細い路地でもバイクがひっきりなしに走っているので
ほとんどが抱っこでの移動・・・この数日でかなり体力が付きました^^;

そんな日々の中、ちょいと遠出をしてみようということで
タクシーで30分ほど離れた「ボダナート」まで足を伸ばしました。

boudhanath02.jpg

ボダナートはネパールで最大のストゥーパがある
チベット仏教徒の聖地としても有名な場所です。

boudhanath05.jpg

交通量の多い通りからすぐのゲートをくぐると
目の前にど〜んと現れるストゥーパ。
すべてを見通すといわれる象徴的なブッダの目が描かれ
建物自体がマンダラの構造をなしているという
エネルギーに満ちた圧倒的な存在に感動。

boudhanath03.jpg

boudhanath07.jpg


その姿を眺めながら時計回りにぐるっと歩いて巡礼します。

boudhanath01.jpg

中はバイクや車の心配も無く、娘ものびのびと楽しんでいます。

boudhanath04.jpg

ストゥーパの周りを囲うようにしてお店やレストランが立ち並んでいます。

boudhanath08.jpg

タンカ(曼荼羅)やアンティーク品を扱うお店など
じっくり時間をかけて覗きたいものがたくさんありますが
一時たりともじっとしてくれない娘と二人ではそれも出来ず
後ろ髪を引かれながら歩きました。

boudhanath09.jpg

boudhanath06.jpg

チベット仏教の寺院。

boudhanath10.jpg

黄金色に輝く大仏様の下にはダライラマも祀られていました。

boudhanath11.jpg

何周か歩いた後屋上のあるレストランで
お昼を食べているとさっきまで晴れていた空が
どんよりと曇りはじめ・・・

boudhanath12.jpg

滝のような雨が降りはじめました。
しばしレストランに引きこもり。

boudhanath13.jpg

そんな土砂降りの雨もしばらくすると止み
空はまた明るくなってきました。
日本と違って雨季でも一日中雨が降り続くという事はないようです。
およそ半日のお出かけでしたが
久々に娘もたくさん歩いて思い切りはしゃいで
皆に愛想を振りまいて楽しそうにしていました☆

この旅で人見知りも前より少なくなって
だんだん逞しくなっているように思えます^^
「可愛い子には旅をさせろ」ではないですが
日本と違った環境にいても子供の適応力には感心させられます。
私たちも見習いたいものです。

category: 旅行・地域

tb: 0   cm: 0

ネパール買い付けの様子〜その一〜  

ネパールに到着してから早くも数日が過ぎ
ようやく落ち着いてブログが書ける余裕ができました。

今回は娘の初海外という事もありゆったりとした行程を組んだので
タイで乗り継ぎのため1泊しました。

thai01.jpg

数年ぶりのタイ。
久々に熱帯のむわっとした空気と屋台の独特の香りに包まれて
懐かしい想いで束の間の滞在を楽しみました。

thai02.jpg

娘は日本だろうが海外だろうがおかまいなしで
いつもマイペースにその場を楽しんでいます^^

そして無事ネパールに到着。

nepalー01

行く前から大気汚染がひどいとは聞いていましたが
メイン通りの空気の悪さがハンパないです。
汚染度は世界一ともいわれているらしいですがそれも納得。

そして今はネパールの古都パタンで
キッチン付きのアパートタイプの部屋に滞在して
何不自由無くまるで自宅にいるかのようにくつろいでいます^^
心配していた停電もほとんど無く、宿やレストランは
wi-fiが付いていてネット環境も全く問題ありません。

宿からすぐ側にある世界遺産にも登録されているダルバール広場。

nepal03.jpg

町には至る所にヒンドゥーの神様が祀られていて
インド同様に人々の信仰心の深さを感じられます。

nepalー02

毎週木曜は礼拝の日だそうで早朝から寺院は人々で溢れていました。

nepal05.jpg

nepal06.jpg

nepal07.jpg

ネパールはまだ雨季前らしいのですが
一日に一回は雲が広がり雨がざっと降ります。
でも空気は意外と乾燥していて過ごしやすい気候です。
子連れにはありがたい陽気。

nepal08.jpg

肝心のヒマラヤ水晶の買い付けの方も
のんびりペースではありますがぼちぼち進めています。
インド産ヒマラヤ水晶とはまた違った魅力的な水晶。
一つ一つ吟味しながら選ぶ行程は何よりも楽しいひと時です。
戦利品の水晶。

nepal09.jpg

これからまだ数日はパタンに滞在しながら
水晶選びに没頭する予定です。

category: ヒマラヤ水晶買い付け

tb: 0   cm: 2