ヒマラヤンナチュラルのブログ

ガネーシュ産水晶クラスターの新着☆  

ヒマラヤンナチュラルクリスタルでは
本日ガネーシュヒマール産の水晶クラスターの新商品をアップいたしました。

そして今回からの試みといたしまして、商品ページの一部に水晶の動画を載せています。

↓ ガネーシュヒマール産水晶クラスター CR-GH213



写真より若干画質が悪いのですが、全体的な形状や雰囲気が
より分かりやすくご覧いただけるかなと思っています。
写真の方はアップで細部までご覧いただけますし
色合いや質感などはより実物に近いと思いますので
今後もこれまで通り写真で詳細をお伝えしつつ動画も取り入れて行ければと考えております。

g213-4.jpg

g213.jpg

やや黄色がかったアイボリーカラーと透明感、照りが素晴らしい水晶クラスター。
こちらは神々しい雰囲気さえ感じられるような素晴らしい逸品です☆

↓ ガネーシュヒマール産水晶クラスター CR-GH214



こちらはどっしりと横たわるDT(ダブルターミネーテッド)のポイントを中心として
その周りを小さなポイントが寄り添うように伸びています。

g214.jpg

美しい透明感と光沢を持ち、底面に薄っすらとみられる
マイカ(雲母)などの他鉱物の姿を映し出しています。

g214-4.jpg

横から見ると双晶のような、ハート型のような二つのポイントが何とも可愛らしいです。

g214-5.jpg

↓ ガネーシュヒマール産水晶クラスター CR-GH212

g212.jpg

続いてはこちら、クローライトを伴う鋭利なポイントが伸びた
ガネーシュ産ならではの特徴的ともいえる水晶クラスターです。
濃いグリーンとクリアーな部分とのコントラストが美しいです。

g212-5.jpg

奥にVの字を描いて伸びる大きな二本のポイントが
力強い存在感を発揮しています。透明度や照りも抜群です。
洗練されたシャープな印象を持ちながら気品も備えた水晶です。

↓ ガネーシュヒマール産水晶クラスター CR-GH209

g209.jpg

こちらも先ほどと同様に鋭利なポイントが伸びる水晶クラスターです。
母岩部分がアルバイト(曹長石)の白い結晶になっています。

g209-5.jpg

よく見ると所々に茶色のような紫かがったような小さな結晶を伴っているのですが
こちらはチタナイトと呼ばれる鉱物のようです。

g209-7.jpg

「雪の和庭園」と勝手に名づけているのですが、
そんな、わび・さびを感じられるような趣のある姿が魅力的です。

今回はこれらを含めて全部で6点ご紹介しています。
宜しければぜひホームページもご覧ください☆

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」

category: ヒマラヤ水晶の新商品

tb: 0   cm: 0

マニカラン産水晶クラスターの新着☆  

14062201.jpg

昨日21日は夏至でした。
朝からいつもより気持ちしっかりと家の掃除とついでに車も掃除して
そしてチベタンのナチュラルインセンスで水晶棚を浄化させてあげました。

14062202.jpg

このお香を焚くと部屋中が神聖な空気で満たされるような感じがして気持ちがしゃんとします。

14062203.jpg
14062204.jpg

ちょうど夏至に合わせたかのように梅干し、酵素ジュース、梅シロップなどの
仕込みも終えて一安心。すっきり自己満足です。
どれも美味しく出来上がりますように!

さてさて、ヒマラヤンナチュラルクリスタルでは
マニカラン/パールバティー産の水晶クラスターを10点アップしました☆
今回はSサイズ6点、Lサイズが4点です。

↓ マニカラン産水晶クラスター CR-C098

c098.jpg

まずはこちらのSサイズの水晶クラスター。
ほんのりと淡いピンクの色合いがとても綺麗です。

c098-4.jpg

透明度や照りも抜群で、細かな結晶が反射しあうようにキラキラと輝いています。

c098-9.jpg

サイドに伸びる大きなポイント表面に
DTやタビー状の小さなポイントが層状に成長して独特の姿を作り出しています。
優しい癒しのエネルギーを感じられるような美しい水晶です。

↓ マニカラン産水晶クラスター CR-C097

c097.jpg

こちらもSサイズのクラスターですが、
一つ一つのポイントが存在感を放つ力強い水晶です。
透明度や照りも申し分なく凛とした美しさがあります。

c097-5.jpg

全体的な形状やキラキラと映し出された七色のレインボーがとても綺麗な逸品です。

↓ マニカラン産水晶クラスター CR-C100

c100-3.jpg

こちらはトップページのイメージ画像にも使用しているLサイズの水晶クラスターです。
写真では少し分かり辛いですが、ピンクがかったアイボリーカラーをしています。

c100-5.jpg

根元部分はやや白濁していますが、中央から先端にかけては
美しい透明感があり、その独特の色合いを綺麗に映し出しています。
眺めているだけで穏やかな気分になるような、そんな水晶クラスターです。

↓ マニカラン産水晶クラスター CR-C099

c099.jpg

こちらはほんのりと黄色がかった色合いをしたLサイズの水晶クラスターです。
母岩部分に含まれた鉄分の影響でこのような色になっているようです。

c099-10.jpg

ポイント一つ一つはやや白っぽい色合いですが、表面には艶やかな光沢があり
こちらもやわらかな雰囲気を持った癒しの水晶クラスターです。

今回はこのように多彩なものを揃えています。
宜しければぜひホームページもご覧ください☆

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」

category: ヒマラヤ水晶の新商品

tb: 0   cm: 0

ガネーシュ産シングルポイントの新着☆  

しばらく夏のように暑い日が続いていたので
我が家の食卓はカレーの頻度がかなり高まっていました。

時おり無性に食べたくなるのがタイカレー。
市販のペーストを使うとどうしても辛くなってしまって
カレー好きな娘でもさすがにまだ食べることが出来ないので
レシピを参考にココナツミルクとナンプラーをたっぷりと使った
甘口のイエローカレーを作ってみました。
これがめちゃくちゃ美味しくて大ヒット。これから我が家の定番カレーの一つとなりそうです。

14061801.jpg

そしてカレーのお供に、今年初めてらっきょうの漬物を作ってみることにしました。

14061802.jpg

実は昔からあまり好物でも無いのですが
自分たちで漬けたらきっと美味しいはず!と勝手に想像してのチャレンジです。
漬け上がりが今からとっても楽しみです。

さてさて、ヒマラヤンナチュラルクリスタルでは
梅雨時期のジメジメした空気を吹き飛ばしてくれるような
ガネーシュヒマール産のクリアーなシングルポイントをアップしました☆

↓ ガネーシュヒマール産水晶ポイント CR-GH205

g205.jpg

まずはこちらの抜群の透明度と照りを持った美しい水晶。

g205-6.jpg

ただただうっとりとその美しさに見とれてしまいます。
艶やかで色白な美人さん・・・例えるならばそんな雰囲気でしょうか。

g205-4.jpg

よく見ると小さなキズがあるのですが
それも全く気にならないほど素晴らしい水晶です。

g205-10.jpg

↓ ガネーシュヒマール産水晶ポイント CR-GH206

g206-6.jpg

続いてはこちら、先ほどの水晶同様に抜群の透明度と照りがあります。
さらにファセットには沢山のレコードキーパーが浮かんでいます。

g206-5.jpg

g206.jpg

表面がゴツゴツとした姿に成長をしているので
美しさの中に凛々しさを感じられる佇まいをしています。

g206-9.jpg

底面のセルフヒールドも美しく見応え十分です。

↓ ガネーシュヒマール産水晶ポイント CR-GH208

g208-3.jpg

こちらも透明感や照りの美しい水晶です。

g208-6.jpg

アップで見るとその姿に吸い込まれそうになります。

g208.jpg

ガネーシュ産らしい滑らかな形状もとても魅力的です。

その他にも・・・

g204.jpg

g201-3.jpg

これらを含めて全部で9点ご紹介しています。
宜しければぜひホームページをご覧ください☆

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」

category: ヒマラヤ水晶の新商品

tb: 0   cm: 0

インド産ブラックトルマリン共生ヒマラヤ水晶の新着☆  

梅雨に入りすっきりとしない空模様が続いていますが
ここ山口ではまだそれほど雨が降っておらず
晴れていたかと思うと急にザーッと降り、そしてまた晴れ間が見えるという
東南アジアの空気をふっと思い出させてくれるような毎日です。

そんな中、市内にあるアジサイで有名なお寺にお散歩がてら出かけてきました。

14061203.jpg

14061204.jpg

参道にはたくさんのアジサイが植えてあるのですがまだまだ5分咲き程度という感じで
それでも趣のあるお寺の景観と微妙な色合いを見せてくれるアジサイの姿が
相まって何だかしっとりとした気分になりました。

14061202.jpg

14061201.jpg

土壌の成分の違いで微妙に変わってくる花の色・・・麗しい姿ですね。
そういう点では水晶や鉱物とも共通しているように思えます。

さてさて、ヒマラヤンナチュラルクリスタルでは
インド産のブラックトルマリンと共生したヒマラヤ水晶クラスターをアップいたしました☆

↓ マニカラン/パールバティー産ヒマラヤ水晶クラスター CR-C091

c091-1.jpg

まずはこちらの水晶クラスター。
キラキラと宝石のように煌めくポイントと黒い針状結晶のトルマリンとが
見事に共生した極上の美しさを誇る逸品です。

透明のポイント、そして黒いトルマリンの塊、そしてポイントにトルマリンを含んで
グレーがかった色合いをした部分などが見事なグラデーションを作り出しています。

c091-7.jpg

アップで見ると一つ一つのポイントの美しさを感じていただけるかと思います。

c091-4.jpg

言葉では言い表すことが出来ないほどに素晴らしい存在感を放ち
ただただその姿に魅了されてしまいます。

↓ マニカラン/パールバティー産ヒマラヤ水晶クラスター CR-C092

c092.jpg

こちらはトップページのイメージ画像にも使用している水晶です。

山のように盛り上がって成長した母岩部分を覆うように
大きなポイントや細かな結晶、さらに黒い針状結晶のブラックトルマリンなどが形成されています。

c092-1.jpg

c092-2.jpg

先ほどの水晶は平たい形状をしていましたが
こちらはワイルドなヒマラヤの山々を彷彿とさせるような荘厳な雰囲気の水晶です。

c092-4.jpg

正面にはこれまた抜群の透明度と極上の輝きを放つ
宝石のようなポイントが凛と伸びています。

c092-7.jpg

ブラックトルマリンとのコントラストも圧巻です。
こちらの水晶は細かく説明をしたらキリが無いくらいの特徴を持っているのですが
それらを全て含めての全体的なバランス、立ち姿がそれだけで美しく
一つの完成されたアート作品のような素晴らしい形状です。

↓ マニカラン/パールバティー産ヒマラヤ水晶クラスター CR-C088

c088.jpg

こちらは、これまでの2点とは打って変わって
小ぶりで可愛らしいサイズの水晶クラスターです。

トップに大きなDTポイントが横たわり、その下には
キラキラと煌めく細かなポイントが伸びています。

c088-3.jpg

一つ一つのポイントはとてもクリアーで煌めく照りを持っています。

c088-5.jpg

黒い部分は針状結晶のトルマリンで、ポイント内部にも見られます。

c088-01.jpg

小さいながらも見所満載で、絶妙なバランスが美しい逸品です。
こちらはアクリルベース(台座)を付けてお届けします☆

今回はこれらを含めて全部で6点ご紹介しています。
このトルマリン共生のシリーズは昨年のインド仕入の際に手に入れた水晶ですが
その中でも最高品質でさらにレアな形状ですので
今後いつまたこのようなものに出会えるか分からないと考えています。
まさに一期一会の出会いかもしれませんね☆

宜しければぜひぜひホームページもチェックしてみてください。

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」

category: ヒマラヤ水晶の新商品

tb: 0   cm: 0

梅仕事  

梅雨といえば梅のシーズン。
実家の母がご近所さんから梅をいただいたというのでお裾分けしてもらい
第一弾は去年作ってとっても美味しかった「梅酵素ジュース」を作ることに。

早速庭先で梅のヘタ取りをしていたら娘が興味津々で手を出してくるので
試しにお手本を見せてあげると
あっという間にコツを掴んで上手にお手伝いしてくれました。
表情も真剣そのもの。

14060801.jpg

子供って大人が思っている以上に実は出来ることがたくさんあって
それをうまく引き出してあげることが大切なのかもしれませんね。

「危ないから」「きっと出来ないから」などと決めつけないで
もっと柔軟に接してあげられればいいな~と感じた出来事でした。

今年の梅仕事はこの酵素ジュース作りに始まって
初の梅干作りや梅シロップ、そして梅ジャムなど作れればいいな~と考えています。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

パルギ産ファントム水晶ポイントの新着☆  

ここ1週間くらい、毎日のように空が霞んでいました。
隣国から飛んでくるPM2.5や黄砂の影響のようですが
普段からチェックしている時報の数値もかなり高くて
いつもは見えている市内の山並みがほとんど見えないくらいでした。

↓先日のキャンプ場からの景色も霞んでいました。
14060201.jpg

有害物質を含んでいるとのことなのでなるべく避けたいのですが
完全にシャットアウトすることは出来ないので
外出を控えるとかマスクをするとか、あとは別の手段として
体の免疫力を高めるよう努力するか・・・になりますね。

日本も高度成長期を含めて色々なものを放出してきたので
もちろん他の国だけを責めるわけにはいきませんが
なんだか人間によって地球がどんどん汚染されている気がして
白く霞んだ景色を見るたびに悲しくなってしまいます・・・。
マイナスでなくプラスの方向に進んでほしいと願うばかりです。

さて、ヒマラヤンナチュラルクリスタルでは
かなり久々にパルギ産の水晶ポイントをアップしました。
今回は全てにファントムが浮かんだものを集めています。

パルギの水晶はここ最近採掘している村人の高齢化が進んでいるそうで、
今後も定期的に手に入るか分からないものになります。
インド産ヒマラヤ水晶のなかでもクローライト入りなど
他鉱物を含んだものが多く独特の風合いが魅力的なのですが
現地の事情も色々とありますのでしょうがないのかもしれませんね。

↓ パルギ産ヒマラヤ水晶ポイント CR-Q404

q404.jpg

とても美しく荘厳な佇まいをしています。

q404-4.jpg

アップで見るとファントムが幾重にもなって形成され幻想的な景色を映し出しています。

q404-5.jpg

ファセットの一番大きな面が7角形で、背面に3角形の面を持つ
チャネリングクリスタルと呼ばれるマスタークリスタルでもあり
神聖なエネルギーを感じられるような高品質で素晴らしい水晶です。

↓ パルギ産ヒマラヤ水晶ポイント CR-Q403


q403.jpg

こちらはトップページのイメージ画像にも使用している水晶です。
クリアーな結晶内面にずんぐりとしたモスグリーンのファントムが浮かんでいます。

q403-5.jpg

q403-4.jpg

この水晶のもう一つ大きな特徴は
ファセットから小さな結晶が伸びていることです。
柱面や根元付近から別の結晶が伸びているものはたくさんありますが
こんな風にファセットからアンテナのように伸びているものは
あまり目にしたことがないので、個人的にはとても珍しい形状なのではないかなと思っています。

↓ パルギ産ヒマラヤ水晶ポイント CR-Q406

q406.jpg

こちらは薄っすらと白いファントムとグリーンのクローライトが浮かび
とても綺麗な色合いを映し出しています。

q406-4.jpg

q406-2.jpg

さらにファセットの一番大きな面が7角形で、背面に3角形の面を持つ
チャネリングクリスタルと呼ばれるマスタークリスタルでもあり
神秘的な雰囲気を醸し出した素晴らしい水晶ポイントです。

今回はこれらを含めて小ぶりなサイズのものなど
全部で10点ご紹介しています。

宜しければぜひホームページをご覧ください☆

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」

category: ヒマラヤ水晶の新商品

tb: 0   cm: 0

真夏日  

今日から6月。
そろそろ梅雨も近いのかなんだか日中は蒸し暑く感じました。
ここのところ毎日のように真夏日が続いていたので
急にアウトドア熱が高まって家族でキャンプをしてきました。

14060101.jpg

湖畔にあるキャンプ場でなかなか良い場所でしたが
平日という事もあり完全に貸切状態で
予想以上にのんびりと過ごせました。

14060103.jpg

14060104.jpg

14060102.jpg

翌日は少し足を延ばして俵山温泉へ。

14060105.jpg

ここは県内でもマイナーな温泉地で
小さな町に公共の温泉が2つだけしかないのですが
泉質は極めて良く、千年以上の歴史がある湯治場だそうで
とっても気持ちのいいお湯でした。

レトロで小ぢんまりとした町並みも風情があって気に入りました。

14060106.jpg

自然と温泉に癒された2日間でした☆

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0