ヒマラヤンナチュラルのブログ

アメシスト・レーザークォーツの新着☆  

14082302.jpg

14082301.jpg

久々に近所を散歩していると田んぼには元気いっぱいに育った稲の姿が。
今年は雨の多くて日照不足な気がしますが、美味しいお米が出来ますように!

Facebookページでも紹介していますが
8/23発売の雑誌「SPRiNG」10月号に当店がチラッと掲載されています。

「グッドガールのワクワクすること30」という特集の中の30番目で
MACHU PICHU SHOP デザイナー大島麗さんの
鉱物コレクションと共にお店が紹介されました。

14082304.jpg
14082303.jpg


ミネラル関係の雑誌ではなく女性向けのファッション雑誌なのですが
もしも書店などで見かけたらぜひお手に取ってご覧になってください^^
鉱物好きの「石ガール」がさらに増えてくれるといいですね~。

↓雑誌の詳細
http://tkj.jp/spring/201410/

さてさて、ヒマラヤンナチュラルクリスタルでは
ガネーシュヒマール産の「アメシスト・レーザークォーツ」をアップしています。

↓ ガネーシュ産ヒマラヤ水晶ポイント CR-GH216

g216-1.jpg

シャープで先細りのスタイリッシュな形状のレーザークォーツ。
全体的なシルエットがとても美しい水晶です。

g216.jpg

そして先端付近が淡く美しいライラックカラーに色づいたアメシストでもあります。
さらに濃いグリーンのクローライトを伴い一つの結晶に様々なカラーを楽しむことが出来ます。

g216-03.jpg

g216-05.jpg

根元付近のクローライトの合間には七色のレインボーも輝いています。
先端から根元まで様々な特徴で見る人を楽しませてくれる素晴らしい水晶です。
パワーに関しては疎い私達ですが、この水晶をワンドなどに活用したら
きっとものすごいのものになるのではないでしょうか。

↓ ガネーシュ産ヒマラヤ水晶ポイント CR-GH215

g215-3.jpg

続いてこちらも、シャープで先細りのスタイリッシュな形状のレーザークォーツに
淡く美しいライラックカラーに色づいたアメシストです。
先ほどの水晶よりも一回りサイズの大きなものでどっしりとした力強い存在感があります。

g215.jpg

中央付近から上にかけてライラックカラーが見られます。

g215-04.jpg

先端はいくつかに分かれてゴツゴツと成長をしたカテドラルでもあります。

g215-01.jpg

さらによく見るとその内部には水を含み気泡が動く姿を確認することが出来ます。
「アメシストレーザー・カテドラル・水入り水晶」そう聞くだけでものすごいことになっていますね^^
様々な条件が合わさって作られた奇跡のような水晶ポイントです。

※こちらはおかげさまで早々にSOLD OUTとなりました。


↓ ガネーシュ産ヒマラヤ水晶ポイント CR-GH217

そしてこれらと併せて、もう1点ご紹介しているのが
ロングサイズの「曲がり水晶」です。

g217.jpg

g217-1.jpg

細長い水晶が緩やかなカーブを描いて成長しています。
曲がり水晶は成長していく過程で何らかの圧力を受けたために
柱面の成長が止まり、圧力を受けていない柱面が少しずつずれていき
成長する向きが変わってしまったためだといわれています。

g217-8.jpg

中央付近の白濁した部分から少しずつ曲がっているようです。
見た目が美しい・・・というよりは面白味のある変わり種の水晶ポイントです。

今回はこれら3点をご紹介しています。
ぜひぜひホームページをご覧ください☆

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」

category: ヒマラヤ水晶の新商品

tb: 0   cm: 0

パルギ産水晶ポイントの新着☆  

昨夜から広島市で記録的な大雨が降り市内各地で
土砂崩れによる大きな被害が出いてるようです。
広島市には母方の伯父、伯母や従妹家族が住んでいるので
とても心配だったのですが直接の被害はなかったようで安心しています。

今年はいつも以上に豪雨災害が多いですがもはやこれが異常気象なのか
日本の気候が昔とは変わってしまったのか分かりません・・・。
この気候の変化や土砂崩れを起こす山の姿に
少しでも私達人間に原因があるとすれば
いい加減自分たちだけの欲望だけでなく「再生」に向かって行動していかなければ
本当に後戻りできないかもしれませんね。
そんなことを自然が教えてくれているような気がします。


さてさて、ヒマラヤンナチュラルクリスタルでは
パルギ産の水晶ポイントをアップいたしました。
こちらも先日インドで買い付けて来たものです。

↓ パルギ産水晶ポイント CR-Q434

q434.jpg

まずはこちらのルチル入り水晶。
最近インドでは美しいゴールデンルチル入りのものが産出されています。
(もちろん全体的に見ると数は少ないのですが・・・)

こちらもごくごく微細な黄金色の美しいルチルがたっぷりと内包されています。
まるでやわらかなブロンドヘアーのような輝きです。

q434-5.jpg

ポイントは抜群の透明度を持ち、表面にはしっとりと艶やかな光沢と照りがあり
内面の様子をくっきりと映し出しています。
アップで見ると見事な針状結晶の様子がお分かりいただけると思います。

q434-7.jpg

流れるように成長したルチルの結晶にうっとりと見惚れてしまいます。
黄色~肌色のような色合いの母岩からルチル入りのポイントが
にょきにょきと伸びる姿がとても魅力的な水晶です。

↓ パルギ産水晶ポイント CR-Q435

q435.jpg

こちらも、先ほどと同じくゴールデンルチルを伴った小ぶりな水晶ポイントです。
サイドにくっ付いている母岩には小さな結晶がキラキラと煌めいています。

q435-4.jpg

アップで見ると微細なルチルの針状結晶が放射状にびっしりと伸びています。
言葉にならない高貴な姿にまたまた見惚れてしまいますね。

↓ パルギ産水晶ポイント CR-Q436

q436.jpg

すらっと美しく伸びるこちらの水晶は
ファセッ トが7・3・7・3・7・3角形と交互に構成される
ダウと呼ばれるマスタークリスタルです。
とても美しい幾何学構造に神秘を感じられます。

q436-4.jpg

q436-6.jpg

ファセットがダウになっているものは
パッと見た瞬間に分かる程独特な形状と雰囲気を持っていて
吸い寄せられるような魅力があります。

自分にはヒーラーのようにはっきりと感じる力はありませんが
このダウ・クリスタルには何か特別なエネルギーが秘められているような気がします。

↓ パルギ産水晶ポイント CR-Q438

q438.jpg

こちらの水晶はファセットの一番大きな面が7角形で
背面に3角形の面を持つチャネリングクリスタルと呼ばれるマスタークリスタルです。

q438-5.jpg

さらに内面には淡いグリーンのファントムが浮かんでいます。

q438-9.jpg

中央から底部にかけて淡いグリーンや黄土色など
アースカラーをしたクローライト(緑泥石)を伴っています。
表面が広範囲に浸食されていたり
底面にはクローライトを伴った結晶が複雑に成長していたりと
先端部分とは全く違ったワイルドな風貌をしています。

「パルギ産」を象徴するかのような姿が魅力的な水晶ポイントです。

今回は、これらを含めて全部で6点ご紹介しています。
ぜひホームページをご覧ください☆

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」

category: ヒマラヤ水晶の新商品

tb: 0   cm: 0

夏空  

今年はまったく夏を感じられないほど毎日ジメジメ蒸し蒸しとした
不快指数高めのお天気が続いていましたが今日は久々の晴れ模様。

ちょうど16日は送り盆でもあるので家族でお墓参りをしてきました。
私の母方のご先祖様が眠るお墓は山の上にあり
汗をかきつつ階段を上り息を荒げて到着したお墓の前で
ふと空を見上げると綺麗な夏空が広がっていました。
「やっぱり夏はこうでなくちゃね~」と一気にテンションも上がります。

14081601.jpg

暑い暑いと言いながらもぎらぎらと照りつけるお日様の日差しとこの青い空こそが夏。
最近は毎年のように「異常気象」という言葉を耳にしますが
メリハリのある日本の「四季」が変わらずあり続けてくれることを願います。

ジメジメお天気に悶々としていたので青空が嬉しすぎたという報告でした^^

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

インド買い付けヒマラヤ水晶の新着☆第二弾  

昨日の夕方、台風の影響かとっても綺麗な夕焼け空が広がっていて
ふと外に目をやると、今まで見たことも無いくらい大きな虹が空に架かっていました。
主人や娘と一緒に急いで外に出てみると見事なダブルレインボー!

14081001.jpg

それはそれは美しいアーチを描いていました。

14081003.jpg

14081002.jpg

数分間のとても僅かな時間でしたが神秘的な光景に家族でうっとりしてしまいました。

さてさて、ヒマラヤンナチュラルクリスタルでは
先日インドより買い付けて来た水晶の中でも
トップクラスの美しさを誇る、ゴールデンルチル水晶の
新商品を3点アップいたしました☆

↓ マニカラン産ヒマラヤ水晶ポイント CR-Q433

q433.jpg

まずは、トップページのイメージ画像にも使用しているこちら。
言葉でうまく伝えるのがとっても難しいのですが・・・
一つの結晶の中に壮大な世界が広がっているかのような・・・本当に美しい水晶です。

q433-9.jpg

もこもことしたモスグリーンのクローライトと
そこから伸びる黄金色の繊細なルチル。そして輝くレインボー。

q433-10.jpg

気品溢れるクリアーで艶やかな照りのある結晶の内面に
見事なガーデン模様が映し出されています。

q433-01.jpg

さらに反対側にも先端のあるDT(ダブルターミネーテッド)でもあります。

q433-03.jpg

背面や側面はクローライトの影響で大きく浸食されており
深く抉られているような箇所も見られ
表とは全く違ったワイルドな表情をしています。

大きなメインファセットには特大レコードキーパーが浮かび
よく見ると小さなヘマタイトの結晶が付着しています。
見所が多すぎて一日中見ていても飽きないような
素晴らしい鉱物標本のような水晶ポイントです。

↓ マニカラン産ヒマラヤ水晶ポイント CR-Q432

q432-3.jpg

こちらはFacebookのページでもご紹介していますが
淡く透明感のある美しいスモーキークォーツの内部に
繊細なゴールドのルチルがたっぷりと見られます。

q432-10.jpg

まるで夜明け前の薄暗い空にたくさんの流星が散りばめられているような・・・
宇宙の姿を閉じ込めたような神秘的な水晶ポイントです。

q432.jpg

横から見ると上下からルチルが成長している姿がはっきりと分かります。

q432-8.jpg

そして上下の表面にはモスグリーンのクローライトを伴い、
ゴツゴツとした質感になっています。
浸食の無い部分はとても滑らかで煌めく光沢を持ち宝石のような美しさです。
こちらもまたレアな水晶と言えるのではないでしょうか。

↓ マニカラン産ヒマラヤ水晶ポイント CR-Q431

q431.jpg

こちらのルチル入り水晶は、最初のものとよく似た結晶です。

もこもこと味わいのあるクローライトとゴールデンルチルの
コラボレーションが見事としか言いようがありません。

q431-8.jpg

真上から見ると放射状に伸びるルチルがくっきりと浮かんでいます。

q431-6.jpg

背面はクローライトにより大きく浸食されています。

q431-7.jpg

こちらは、表面の所々にダメージが見受けられるのが
少々残念ですが、それを含めても魅力あふれる高品質なものです。


ご紹介している3点のルチル入り水晶は
今年採掘されたばかりのNewシリーズです。
今回主人が買い付けに出掛けるタイミングに合わせてくれたかのように
ジャストなタイミングで掘り出された水晶・・・。
嬉しい水晶との出会いに感謝です☆

宜しければぜひホームページもご覧ください。

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」

category: ヒマラヤ水晶の新商品

tb: 0   cm: 0

インドからの第一便が到着しました☆  

8月に入ってからというもの、うんざりするほど毎日雨続きでしたが
ようやく今日は薄っすらとですが晴れ間が出ています。
家の中もじめじめ~~~っと気持ち悪かったので
つかの間の晴れを有効に!と山のような洗濯をして布団も干してスッキリ☆
そろそろギンギラと照りつけるおひさまの日差しが欲しい所です・・・。

そんな今日8月6日は69回目の原爆記念日。
お隣の広島、そして長崎で実際に起きたあまりにも惨いこの出来事を忘れず
そして2度とこういう過ちが起こらないことを切に願います。
平和な日常があることがどれだけ幸せな事か
ときどきはこうして思い出さないといけませんね。

さてさて、我が家では先日インドで買い付けたヒマラヤ水晶の第一便が早々に到着しました!

14080602.jpg

ホームページにアップしたスモーキールチルや
キラッキラに輝くクラスターなどなど・・・。
選りすぐってきた美しい水晶達です^^

14080601.jpg

たった今主人が横で楽しそうに開梱しています。
この中からまた近々新商品もアップする予定ですので
こちらもどうぞ期待してお待ちくださいませ☆

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」

category: ヒマラヤ水晶買い付け

tb: 0   cm: 0

インド買い付けヒマラヤ水晶の新着☆  

台風の影響か、ここ数日は梅雨に戻ったかのような
ジメジメした雨模様のお天気が続いています。
四国地方などでは記録的な大雨で大きな被害が出ているとか・・・。
これからまた新しい台風も近付いているようですので
どうぞ皆様くれぐれもお気を付け下さい。
そしてこれ以上の被害が出ませんように・・・。

14080401.jpg

この写真は少し前に実家から見えた虹
実は先日誕生した長男の名前にもこの「虹」という字を入れています。
見るだけでハッピーな気持ちになる虹。
水晶にもよく見られる虹の存在が最近ますます気になっています^^

さてさて、ヒマラヤンナチュラルクリスタルでは
先日主人がインドから買い付けて来たばかりの
Newコレクションをアップいたしました☆
手持ちで持ち帰ってきた選りすぐりの逸品たちです!

↓ マニカラン産ヒマラヤ水晶ポイント CR-Q429

Facebookでもご紹介していますが、際立って目を引くのがこちらの水晶。

q429.jpg

スモーキークォーツの中にゴールドカラーに煌めくルチルがたっぷりと内包されています!

q429-4.jpg

インドではスモーキークォーツの産出量はとても少ないのですが
さらにその中にこれだけたくさんのルチルが見られる奇跡のような逸品です。

q429-10.jpg

サイドには七色のレインボーも輝き、ファセットにはレコードキーパーも見られます。

q429-01.jpg

底面はクローライトにより大きく浸食され
表面とは全く違ったワイルドな顔を見せてくれます。

私も初めて目にした時は思わず歓声を上げてしまうほど
実物はさらに素晴らしいものです。
地球の創造力は本当に凄いです・・・。

(おかげさまでこちらは早々にSOLD OUTとなりました)

↓ マニカラン産ヒマラヤ水晶ポイント CR-Q428

q428.jpg

続いてはこちらのルチル入り水晶。
先ほどのゴールドルチルとは違い
ややブラウンがかったシルバーカラーのルチルを伴っています。

q428-5.jpg

光を当ててよくよく観察してみるとゴールドの針状結晶も一部に見られます。
1本1本は極めて繊細なものでまるで綿毛のようでもあります。

q428-4.jpg

全体的にゴツゴツとしたカテドラルの形状をしており
まるで堂々とヒマラヤの地に佇む雄大な岩山のようでもあります。

q428-10.jpg

背面は見事にセルフヒールドしており、こちらもまたワイルドな景観を楽しませてくれます。
落ち着いた色合いのルチルの姿など
とても味わい深く魅力的で素晴らしい水晶ポイントです。

↓ マニカラン産ヒマラヤ水晶ポイント CR-C112

c112.jpg

こちらのゴールドルチル水晶は2013年に採掘されたものです。
ホームページ上やミネラルショーでも
毎度ご好評をいただいた極上の水晶です☆

c112-4.jpg

結晶自体の透明度や表面の艶やかな光沢と照りが素晴らしく
内面に浮かぶルチルの姿をくっきりと映し出しています。

c112-7.jpg

放射状に輝くルチルの姿に圧倒されてしまいます。
ちょうど今の季節、真夏の太陽を想わせるようなルチル。
エネルギッシュで見ているだけでパワーをもらえそうです!

それ以外にもトップページのイメージ画像にも使用している水晶クラスター。

c111.jpg
c111-7.jpg

さらに平行四角形のタイムリンクが3つも見られる
「トリプルタイムリンク」が存在感を放つシングルポイントなど。

q430.jpg
q430-3.jpg
q430-1.jpg

どれも自信を持ってオススメできる美しい水晶ばかりを集めました。
よろしければホームページをご覧くださいませ☆

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」

category: ヒマラヤ水晶の新商品

tb: 0   cm: 0

日常の風景  

主人がインドに行っている間に赤紫蘇に漬け込んでいた梅干し。
土用の時期を待って3日間の土用干しをしました。

14080101.jpg

梅干しを漬けるのは今年が初めてで分からないことだらけ。
色々と本を読んだり話を聞いたりしながら手さぐりでの梅仕事。
私の出産とも重なったためなかなか時間がとれませんでしたが
何とかこの最後の土用干しまでたどり着くことが出来ました。

14080102.jpg

娘も並べる作業を手伝ってくれました^^

赤紫蘇に漬けた時間があまり長くないせいか
梅の色は真っ赤というよりは落ち着いた赤色。
それでも真夏の太陽の日差しを浴びてキラキラと輝いていました☆
3日間快晴が続いてくれたのできっと十分な天日干しになったはず。
これからまたしばらくして食べごろになるのが楽しみです。

この土用干しと同時に、息子も誕生から1か月を迎えました。
先日無事にお宮参りを済ませていよいよ家族4人での日常が始まります。

しばらく生活のペースが掴めるまで大変かもしれませんし
朝夜関係なしの授乳ペースで体力的にもキツいですが
毎日を大切に過ごしていきたいと思います。

そして新しい水晶のアップ準備も頑張ります~^^

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0