ヒマラヤンナチュラルのブログ

ゴールデンルチルクォーツの新着☆  

今はちょうど秋のお彼岸の最中。
見渡すと辺りには真っ赤な彼岸花があちこちに咲いています。

14092402.jpg

車を少し走らせた場所にある神社の参道は
春にはとても綺麗な桜並木になるのですが
この時期は彼岸花の鮮やかな並木道になっていました。

14092403.jpg

14092405.jpg

とっても穏やかな雰囲気を感じられてお散歩にも良いお気に入りの場所でもあります。

14092404.jpg

そして今日は今年初物の栗ごはんをいただきました。
炊き方が下手で見た目はいまいちですが
ほくほく、ほんのり甘くてとっても美味かったです。
秋は良い季節ですね☆

14092401.jpg

さてさて、ヒマラヤンナチュラルクリスタルでは
ゴールデンルチルクォーツの新商品を
2度に分けてたっぷりとご紹介しています。

http://www.himalayannaturalcrystal.com/rutilemanihar.html

↓ マニハール産ヒマラヤ水晶ポイント(CR-Q456)

まるで宇宙の景色を閉じ込めたような神秘的な内面の姿がとても美しい水晶。
繊細な黄金色のルチルが底面から輝きながら伸びています。

q456.jpg

q456-6.jpg

q456-4.jpg

↓ マニハール産ヒマラヤ水晶クラスター(CR-C139)

こちらはウォータークリアーで煌めく照りを持った
高貴な雰囲気の水晶クラスターで
よく見るとまるで一輪の花が咲いているかのように
オレンジゴールドのルチルが伸びています。

c139.jpg

c139-4.jpg

c139-9.jpg

↓ マニハール産ヒマラヤ水晶ポイント(CR-Q457)

続いてはとても個性的な水晶。
クローライトなどの他鉱物の影響で
上面が深く浸食されてまるでぱっくりと口を開いているかのような姿をしています。

内面には無数のゴールデンルチルがびっしりと伸びています。
自然が創り出したワイルドで美しい姿に引き込まれてしまいます。

q457.jpg

q457-7.jpg

q457-8.jpg

q457-10.jpg

↓ マニハール産ヒマラヤ水晶ポイント(CR-Q458)

説明するまでもなく美しいゴールデンルチルクォーツです。
結晶自体の透明度、照りが抜群に綺麗なので
内面の様子がはっきりと映し出され
さらに表面の輝きがその魅力をさらに引き立たせています。

q458.jpg

q458-5.jpg

q458-7.jpg

q458-10.jpg

前回と併せて12点アップしています☆
宜しければぜひホームページをご覧ください。

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」

category: ヒマラヤ水晶の新商品

tb: 0   cm: 0

個性派水晶ポイントの新着☆  

14091501.jpg

ここ最近は気持ちの良い青空が広がっています。
空の様子もすっかり秋めいて来ましたね。

さてさて、ヒマラヤンナチュラルクリスタルでは
マニカラン/パールバティ産の個性派水晶ポイントをアップしました。

↓ マニカラン産水晶ポイント CR-Q452

q452.jpg

こちらはトップページのイメージ画像にも使用している
ロングサイズのダブルターミネーテッド(DT)水晶です。
表面に黄金色(黄色)の鉄分がコーティングされたゴールデンヒーラーでもあります。

q452-9.jpg

その黄金色の部分に薄っすらとレインボーも浮かび上がっています。

q452-01.jpg

周囲との接触痕も全くなく、二つの先端がそれぞれの方向に凛と伸びた
パーフェクトな形状をしています。
内面は靄のようなインクルージョンが全体的に見られるため透明度はありませんが
高貴で神々しいエネルギーに満ちているような素晴らしい水晶ポイントです。
まるで「神具」のような佇まいです。

↓ マニカラン産水晶ポイント CR-Q454

q454.jpg

続いてはこちら、一見何の変哲もない
よくあるシングルポイントのようですが・・・

q454-6.jpg

反対側は先端がいくつも形成されたマルチターミネーションです。
カテドラルクォーツ、とも呼べるほどゴツゴツとワイルドな形状をしています。
さらに表面に小さなポイントがくっ付いていたり、にょきにょきと伸びていたりして
まるで何かの生き物のような特徴的な姿をしています。

↓ マニカラン産水晶ポイント CR-Q453

q453-01.jpg

こちらは透明度が抜群で艶やかな光沢と照りを持った
正統派な美しさのダブルターミネーテッドのポイントなのですが・・・

q453-5.jpg

先端部分が他鉱物などの影響で浸食され
ぱっくりと口を開いているかのような形状をしています。

q453-4.jpg

横から見るとL字型に欠けているように見えますが
成長の過程で自然にこのような形状になったものです。
美しさの中に個性が光る素晴らしい水晶ポイントです。

↓ マニカラン産水晶ポイント CR-Q455

q455.jpg

最後にご紹介するのがこちらの超変わり種。
一瞬「???」となってしまいそうでとてもこれが水晶とは思えないのですが・・・

q455-7.jpg

アップで見てみると黒い針状結晶をたっぷりと伴った水晶であることが分かります。
この針状結晶はおそらく「トルマリン(ショール)」か「エジリン」
もしくは「ブラックルチル」である可能性もありますが
何の鉱物かははっきりと断定できませんでした。

表面にはモスグリーンのクローライトも伴い
これらの影響で表面は原型を留めないほどに浸食されて
ゴツゴツとしたワイルドな形状をしています。

q455-9.jpg

内面をよく見ると、針状結晶によりモリオンのように深みのある色合いの中に
七色のレインボーがキラキラと浮かび上がっています。


今回はこれらを含めて全部で6点ご紹介しています。
どれも個性派でそれぞれ全く違った特徴を持った魅力あふれる水晶達です。

宜しければぜひホームページもご覧ください☆

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」

category: ヒマラヤ水晶の新商品

tb: 0   cm: 0

枇杷の葉エキス  

先週末はいつもお世話になっている「古民家レッジ」さんの講座に
久々に家族で参加して「枇杷の葉エキス」の作り方を教わってきました。
このエキスは虫刺されや汗疹、やけどや口内炎などにも効くということで
少し前から購入したものを使っていたのですが
それを手作りできる!というとっても良いタイミングでの受講でした^^

そして枇杷の葉をお裾分けしてもらったので
早速家で復習を兼ねて仕込んでみました。

①葉の汚れと裏に付いた産毛をたわしでごしごしと綺麗に落とす。

14090806.jpg

②水気を切り、乾燥させる。

14090807.jpg

③2~3センチ位に切る。

14090802.jpg

娘もハサミを使ってお手伝いしてくれました^^
まあ本人はただハサミを使えるのが嬉しくて楽しんでいたようですが
それはそれで良しという事で。。。

14090804.jpg

④刻んだ葉をアルコール(今回はホワイトリカーで)に漬ける。

14090803.jpg

そして、そのまま冷暗所で最低2ヶ月漬け込む。
おおまかにはこれだけで、行程はいたってシンプルなのですが
葉の裏に付いた毛を落とす作業になかなか手間がかかります。

頭をからっぽにしてごしごしと洗っている時にふと脳裏に浮かんできたのは
手仕事の大変さと大切さでした。
世の中便利なものがどんどん作られて
お金を払えば時間や労力をかけずに
何でも簡単に手に入れることが出来ます。
もちろんそれはそれでいいこともありますが
こうしてお金ではなく手間暇をかけて自分たちで生活に必要なものを作る・・・
それこそが豊かなことなんだなぁと。
これからも先人の知恵をお借りして
出来るときには色々と自分たちで作ってみたいと思います。

初めて仕込んだ枇杷の葉エキスの出来上がりも楽しみです☆

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

お月見  

今宵は中秋の名月だそうです。

14090805.jpg

今日は朝から気持ちの良い晴天で夜になっても空気が澄んでいて
それはそれは綺麗な満月が顔を出していました。

14090801.jpg

我が家でもさつま芋を練りこんだお月見だんごを作ってみました。
中秋の名月というのは収穫に感謝するお祭りだそうですが
お月様にお供えをする前に家族の胃袋に収まってしまいました・・・
・・・ので、なぜか窓の外には美味しそうなブドウがお供えしてあります。
まあどちらも我が家で収穫したものではないですが^^

収穫物とは違いますが一緒に水晶も外に出して浄化させてあげました。
鉱物たちもまた大地が育んでくれたもの。
それを人々が採掘しているわけですから
こうして満月の下で浄化させてあげながら「収穫(採掘)」に
感謝する気持ちも込めたいと思います☆


category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

水晶ポイントセットの新着☆  

9月に入ってから急に朝晩の気温がぐっと下がり窓を開けていると寒いくらいです。
我が家にある猫の額ほどの菜園スペースに育てていた
キュウリとトマトも気が付けば放置状態になっていて^^;
そろそろ終わりだな~と眺めているとなにやら見慣れないものが。
近付いてみると・・・何かの幼虫を発見してしまいました。

14090604.jpg

とっても鮮やかな黄色で、10センチはあろうかという巨体。
青虫系は特に苦手な私は見ただけで背筋が凍りつきました。
(この写真を見て気分を害した方がいらっしゃったらごめんなさい)
調べてみると「クロメンガタスズメ」という「蛾」の幼虫だったようです。
トマトの葉を心行くまでモリモリ食べてもらって旅立つまでは
菜園には近づかずに放置しておきましょう・・・。

さてさて、ヒマラヤンナチュラルクリスタルでは
先日インドで買い付けて来た水晶ポイントを
「3本セット」と「5本セット」にしたものをアップしています。

http://www.himalayannaturalcrystal.com/point.html

↓ 小さ目サイズの3本セット

q441.jpg

↓ やや大き目サイズの3本セット

q444.jpg

↓ ミニサイズの5本セット

q449.jpg

今回セット販売にすることで、通常品よりも
お求めやすい価格設定にしてあります。

写真で見ると白浮きしているものが多いのですが
全体的に白いというよりは、クリアーな結晶に
美しいミストが映し出されているというものです。

14090601.jpg

14090603.jpg

14090602.jpg

DT(ダブルターミネーテッド)やファントムやセルフヒールドや虹入りなどなど、
色々な特徴を備えたポイントを集めています。
ほとんどの水晶はとても綺麗な照りを持ったものです。

ぜひぜひホームページをご覧ください☆

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」

category: ヒマラヤ水晶の新商品

tb: 0   cm: 0

ルチル入り水晶の新着予定☆  

家族が増えて4人になってからというものの
家事や子守りがますます忙しくなり
一日がとっても短く感じています。
そしてあっという間に8月も過ぎ去ってしまいました。
今年は夏らしい日も少なく夏を満喫する間もなく
気が付けば辺りにはすっかり秋の気配が漂っています。

そんな中、ここ最近はインドから到着した水晶の整理をしていました。

14090201.jpg

14090202.jpg

一旦箱を開けて中身を出すとしばらくは部屋中が
ごちゃごちゃと大変なことになるのですがようやくそれも片付いて来ました。

そんな水晶の中から今回はルチル入り水晶のやや大きめサイズの
新商品を間もなくアップする予定です。

c126.jpg

やや濃い色合いのスモーキークォーツにゴールドのルチルを伴った水晶。

c126-5.jpg

結晶内部の周辺を取り囲むように繊細なルチルが伸びる様子が確認できます。
深い闇の中にキラキラと輝くルチルが映し出され幻想的な景色が映し出されています。

c126-6.jpg

底部や背面、さらに上部など広範囲に渡ってクローライトを伴い
ゴツゴツとワイルドな形状に浸食されています。
もはや水晶の原型を留めていないほど複雑な姿をしていますが
とても個性的で魅力的な水晶です☆

c127.jpg

c127-5.jpg

そしてこちらのルチル入り水晶。
正面の大きな面からゴールドのルチルとクローライトとのガーデン模様が
美しく映し出されています。

上面はおそらく成長中に何らかの原因で欠けたと見られ先端は形成されておらず
とても面白い形状をしています。

c128-07.jpg

こちらは太く大きなポイントが伸びた重量感のある力強い水晶クラスターです。

c128-01.jpg

内面には無数のゴールドルチルとクローライトを伴い
クリアーな結晶に美しく浮かび上がっています。

c128-05.jpg

表面は条線とが深く刻まれてややマットな風合いをしている箇所があるため
写真で見るといまいち透明感が伝わりませんが内面はとてもクリアーです。

五角形のイシス面やレコードキーパー、そしてレインボーも輝く見所満載の逸品です☆

今回はこれらの3点をご紹介いたします。
ぜひホームページをチェックしてみてください。

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」

category: ヒマラヤ水晶の新商品

tb: 0   cm: 0