ヒマラヤンナチュラルのブログ

石ふしぎ大発見展 大阪ショーに出展いたします☆  

ホームページやFBでも既にお知らせしていますが一応この場でも・・・。
ヒマラヤンナチュラルクリスタルは今年も「石ふしぎ大発見展 大阪ショー」に出展いたします☆

15041902.jpg

【期 間】2015年4月25日(土)~27日(月)
【場 所】大阪・天満橋 OMMビル2F
【時 間】10:00~18:00(最終日は16:00まで) 入場無料!
第3会場・テーブルナンバー100
http://www.mineralshow.jp/

ホームページ未掲載のインド産やガネーシュ産の厳選した水晶をたくさん持参いたします。
マニハール産のルチル入り水晶も高品質なものを揃えています^^

15041901.jpg

今回は、十年来の旅友達であるマクラメアクセサリーの「MANDARAVA」との
共同出店となります。こちらも楽しみです。

魅力あふれる水晶と共に、石好きな皆様のお越しを心よりお待ちしております。
会場にお越しの際はぜひ当ブースにお立ち寄りください。
そしてぜひお気軽に店主に声を掛けてくださいね☆

尚、大阪ショーの期間中は通常と変わらずメールの返信や商品の発送業務を行いますが
28日(水)~5月3日(日)までの間は発送業務をお休みさせていただきます。

主人の展示会出張にあやかってしばらく家族で旅に出ます・・・。
今回の旅は「聖地&癒しスポット巡り」にしたいと思っています。
なんだか、女子向けの旅雑誌にありがちなタイトルですね^^;

この間、皆様にはご不便をお掛けし誠に申し訳ございませんがどうぞよろしくお願いいたします。

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」

category: 展示会/イベント/出店

tb: 0   cm: 0

展示会に向けて  

4月から幼稚園に入園した娘は親の心配をよそに
毎朝「早く行こう~!」と催促されるほど園ライフを満喫しているようです。

これで少しは昼間に業務も進めることが出来るし時間も多少もてるかな・・・と思っていましたが
月末と来月初旬に大阪ショーと福岡ショーと二つの展示会を控えているのでその準備と
さらに、先日はとてもショッキングな出来事が起こりその対応などで
色々なことを同時に進めなければならずバタバタとした日々を過ごしています。

今日はとってもいいお天気なので展示会準備の合間に外で水晶の撮影。
在庫の中からどの水晶を持っていこうかと毎回悩むところなのですが
なるべくバラエティに富んだ内容にしたいなと思っています。

15041702.jpg

気が付けば展示会まで残り1週間、もうしばらく準備を頑張ります☆

15041701.jpg

category: 展示会/イベント/出店

tb: 0   cm: 0

お寺巡り  

雨上がりですっきりと晴天になった今日は
以前から気になっていたお寺へ出かけてきました。
山口市の街中から少し奥まった場所にある「龍蔵寺」。

15041101.jpg

樹木の爽やかな新緑が広がり
脇に流れる小川からのマイナスイオンがとても心地よく
清々しい空気の流れる雰囲気の良い場所です。

15041102.jpg

全体図を見るとなかなか広いようです。

15041103.jpg

本堂の手前には樹齢900年以上とも言われる大イチョウの木が
ただならぬ存在感を放ってどっしりと伸びていました。

15041104.jpg

威厳たっぷりなお不動さんの姿も。

15041105.jpg

奥には滝が流れていてごうごうとした音が鳴り響いていました。

15041106.jpg

主人はいつも身に付けている水晶ペンダントと
お気に入りの水晶を滝の水で浄化させていました。
滝で浄化した後の水晶はそれまでと全然違った輝きを見せてくれるから不思議です。

15041107.jpg

滝の手前に横たわる大岩は、説明書きによると
何と800年以上も前に人々の手によってこの場所に置かれたとか・・・。
重機などもちろんない時代に一体どうやって運んだのか想像も付きません。

滝の横にはさらに上まで登れる道がずっと続いており
なかなか険しいようなので子連れには無理でしたが
いつか頂上まで登ってみたいものです。

寺社仏閣巡り大好きな私達ですが
ここはなかなかのパワースポットなのでは?という感じがしました。
娘も終始大はしゃぎでツボにはまっていたようなので
息子が歩けるようになったら
また家族でお気に入りの石を持ってお参りに行きたいと思います^^

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

ルチル入り水晶のオーダーペンダント  

今日は娘の入園式でした。
朝から冷たい風が吹き肌寒かったのですが
晴天に恵まれて幸先の良い始まりになりました。

慣れない環境でしばらくはストレスを感じることもあるかもしれませんが
お友達と一緒に毎日楽しく過ごしてくれればいいなと思っています。

さて、先日お客様からご依頼をいただき
ゴールデンルチルクォーツを使用したペンダントを制作いたしました。
以前こちらのブログでガーデンルチルクォーツのオーダーペンダントをご紹介した際に
そのような美しい水晶があればぜひペンダントにという強いご要望をいただいており
先日インドから届いた水晶の中からご提案させていただいたものです。

15040801.jpg

DTで平たい形状をした結晶の内部に
とても繊細な黄金色のルチルがギュッと濃縮されて伸びています。

15040802.jpg

クリアーで大きな面にたっぷりと映し出されたルチルが
太陽の光を浴びて煌びやかに輝く姿は神々しい美しさです。

15040803.jpg

しっかりと大きめなサイズで存在感たっぷりの素晴らしいペンダントになりました。
これから持ち主様の元で力強くサポートしてくれますように☆

category: クリスタル/水晶について

tb: 0   cm: 4

マニハール産ルチル入り水晶の新着☆  

ここ最近、お昼を食べてしばらくすると睡魔がやってきて
あくびが止まらず瞼が重くなってきます。
そうして目を閉じるとすぐにフワフワと気持ち良くなり
身体がすぅ~~~っと上昇していくような心地よい感覚におそわれます。
春だからでしょうか・・・。
ポカポカとあたたかい日差しを浴びてお昼寝なんて最高に気持ちがいいのでしょうが
主婦にはなかなかそんな時間と余裕はありません^^;

さてさて、ヒマラヤンナチュラルクリスタルでは
先日に引き続きマニハール産のルチル入り水晶をアップしました。

↓ マニハール産ヒマラヤ水晶クラスター(CR-R032)

r032-6.jpg

クリアー結晶内部に黄金色の繊細なルチルがたっぷりと伸びています。

r032-5.jpg

太陽の光にを浴びるとまるで流星群のようにキラキラと煌めいています。
アップで見ると一段と綺麗です。

r032-04.jpg

横から見ると底部のクローライトからまるで黄金の絨毯のように
ふさふさと伸びている様子がよく分かります。
美しいルチルが大きな面にたっぷりと映し出された素晴らしい水晶クラスターです。

↓ マニハール産ヒマラヤ水晶クラスター(CR-R031)

r031.jpg

続いてこちらは、宝石のような透明感と照りを持ったポイントが
花が開いたような形状をしたとても美しい水晶です。

r031-01.jpg

しっとりと艶やかでやわらかな色合いがとても上品です。

r031-5.jpg

繊細なルチルやクローライトも伴い、真上から眺めると美しいガーデン模様が映し出されています。
状態、形状、そして内包物の姿などどれをとっても文句なしに素晴らしい極上の逸品です。

今回はこれらを含めて3点、先日と合わせれば全部で7点ご紹介しています。
どれも高品質なものを揃えていますのでぜひホームページもご覧ください☆

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」

category: ヒマラヤ水晶の新商品

tb: 0   cm: 0

マニハール産ルチル入り水晶クラスターの新着☆  

昨夜から降り続いた強い雨は花散らしの雨となり
今朝外を散歩しているとあちこちに花びらの絨毯が出来ていました。
桜の見ごろもそろそろ終わりですね・・・。

来月には息子が初節句を迎えるのですが
東京に住む主人の両親からは立派な兜のお祝いをいただき
私の祖母からは鯉のぼりをいただきました。

15040501.jpg

屋根よりは低い小さなサイズですが十分その姿を楽しめます。
庭先で元気よく泳ぐ鯉のぼり、そして床の間に飾ってある兜を眺めていると
改めて息子という存在が大きく大切に感じられます。
どうか強く逞しく、そして優しく育ってほしいものです。


さてさて、ヒマラヤンナチュラルクリスタルでは
マニハール産のルチル入り水晶クラスターをアップしました。

↓ マニハール産ヒマラヤ水晶クラスター(CR-R027)

r027.jpg

キラキラと煌めく細かな結晶がびっしりと伸びた水晶。
写真ではいまいちその綺麗さが伝わり辛いのですが・・・・

r027-5.jpg

一つ一つのポイントの透明度、照りも抜群で、実際はもっともっと綺麗です。

r027-8.jpg

よく見ると繊細な針状のルチルがクリアーなポイントに映し出されています。
クローライトを伴った母岩のグリーンとルチルの黄金色がやわらかなコントラストを描きだし
高貴で上品な雰囲気を持った素晴らしい逸品です☆

↓ マニハール産ヒマラヤ水晶クラスター(CR-R028)

r028.jpg

こちらは平たい母岩に大きなポイントが乗った水晶です。

r028-4.jpg

ポイント内部には繊細な針状のルチルを伴いやわらかな黄金色が映し出されています。
クリアーな結晶に七色のレインボーも浮かんでいます。

r028-6.jpg

この水晶を始めて見た時「箱舟」の様だと思ったのですが
その姿を見ていると大海原へ漕ぎ出していくようなイメージが湧いてきます。
ルチルやレインボーの姿も美しく、どこか神秘的な雰囲気を感じられる水晶です。

↓ マニハール産ヒマラヤ水晶クラスター(CR-R026)

r026.jpg

こちらはとてもユニークな形状をした特大サイズの水晶です。

r026-4.jpg

中央奥には太く大きなポイントが鎮座しています。
その先端は斜めにカットされたような形状をしていて、その表面はセルフヒールドしています。

r026-6.jpg

その根元付近からは透明度の高い小さなポイントが二本
にょきにょきと枝分かれするように伸びています。

r026-9.jpg

よく見ると小さなポイント内部に黄金色のクローライトを伴っています。
全体的に白濁していて地味な色合いなのですが
シンボルともいえる大きなポイントが強い個性を発揮し
それを基調とした全体の姿が魅力的な水晶クラスターです。


今回はこれらともう1点の合計4点アップしています。
宜しければぜひホームページもご覧ください☆

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」

category: ヒマラヤ水晶の新商品

tb: 0   cm: 0

満開  

予報では今日からしばらく雨続きということだったので
昨日は娘を連れて満開の桜を楽しみに
隠れお花見スポット(と自負している)の神社をお散歩しました。

15040301.jpg

鳥居から本殿まで続く桜並木。

15040302.jpg

着いたころには少し曇りがちになってしまいましたが
人影もまばらでのんびりとピンクの花道を歩きました。

15040303.jpg

娘も私もここがお気に入りなのでよく連れてくるのですが
いつ来ても違う表情を見せてくれて飽きない場所です。

15040304.jpg

たっぷりと桜を満喫したところで前々から気になっていた丘の上にある公園へ。
思いもよらずそこにも桜の木がたくさんあって
眼下に広がる田園風景とピンクの花を眺めながらしばしの時間を楽しみました。

そして今日は予報通り一日中雨が降り続いています。
じめじめとスッキリしない空を横目に桜の写真に癒されています^^

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

スカルドゥ産水晶の新着☆  

今日からもう4月。
どこもかしこも桜が満開になりました。
普段何気なく通る道にもあちこちに咲いていて
淡いピンクの花を見かけるたびに心が癒されます。
まさに日本人の心とも言えるような美しい姿ですね。

15040101.jpg


さてさて、ヒマラヤンナチュラルクリスタルでは
久方ぶりにパキスタン、スカルドゥ産の水晶をアップしました。

http://www.himalayannaturalcrystal.com/skardu.html

↓ スカルドゥ産ヒマラヤ水晶ポイント(CR-PS047)

ps047.jpg

まずはこちら、一見マニカラン産のアイスクリスタル!?と思うような
蝕像水晶(エッチドクォーツ)です。

ps047-9.jpg

中央付近から根元まで原型を留めないほどに溶けて浸食されています。
まるで溶けかけた氷のような涼しげな姿です。

ps047-7.jpg

先端部分は水晶の形が残っており、どのような状況下で
この形になったのだろうか・・・という想像が膨らんできます。

↓ スカルドゥ産ヒマラヤ水晶ポイント(CR-PS044)

ps044-6.jpg

続いてはほんのりと淡いライトスモーキークォーツです。
透明感や表面の照りも素晴らしい美結晶です。

ps044-8.jpg

ファセットには▲のレコードキーパーも浮かび
穏やかで神秘的な雰囲気をかんじられる水晶ポイントです。

↓ スカルドゥ産ヒマラヤ水晶ポイント(CR-PS048)

ps048.jpg

こちらは宝石のような透明度と照りを持った極上品です。
ただ眺めているだけで心が洗われるようです。

ps048-9.jpg

底面にも小さな先端が形成されダブルターミネーテッドのような姿をしています。
ナチュラルな風合いも残しつつ気品も備えた素晴らしい水晶です。

今回はこれらを合わせて全部で7点ご紹介しています。
宜しければぜひホームページもご覧ください☆

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」

category: ヒマラヤ水晶の新商品

tb: 0   cm: 0