ヒマラヤンナチュラルのブログ

ガネーシュ産水晶ポイントの新着☆  

梅のシーズン中は引っ越し前でバタバタと忙しく
今年はゆっくりと梅仕事が出来ないな・・・と思っていたのですが
どうしても梅干作りだけはしておきたくて合間を縫って4㎏の梅を漬けました。

そしてようやく梅雨も明け、ギラギラと夏の太陽が照りつける中
今日から3日間の土用干しを始めました。

15073001.jpg

15073002.jpg

真っ赤な梅がエネルギーをたっぷりと蓄えているようです。
おいしくな~~~れ◎

さてさて、ヒマラヤンナチュラルクリスタルでは
ガネーシュヒマール産の水晶ポイントをアップしました。

ガネーシュヒマール産ヒマラヤ水晶ポイント(CR-GH277)

g277.jpg

こちらの角閃石入りの水晶ポイント。
シルバーゴールドの針状結晶が見事に伸びています。

g277-8.jpg

表面には濃いグリーンのクローライトも伴い、
アップで見るとファセットには無数のトライゴーニックの連鎖が見られます。

g277-7.jpg

角閃石の映し出すシルバーゴールドと対照的なクローライトのグリーンが
とても美しく神聖な雰囲気を感じられるような素晴らしい水晶です。

ガネーシュヒマール産ヒマラヤ水晶ポイント(CR-GH275)

g275.jpg

こちらもクローライト入り水晶ポイント。
黄色がかったグリーンのクローライトが表面に付着している様子は
まるで苔に覆われているようです。
初めてこの水晶を目にした時は「盆栽」のようだと思いましたが
そんな和の雰囲気を感じられる姿です。

g275-5.jpg

ポイント内部はとてもクリアーで内面のクローライトが
美しいガーデン模様を描き出しています。
外観と内面と両方の姿を楽しむことが出来る趣のある水晶ポイントです。

ガネーシュヒマール産ヒマラヤ水晶ポイント(CR-GH276)

g276.jpg

こちらも表面や内面の一部にクローライトを伴った水晶です。

g276-4.jpg

ポイント自体の透明度や照りも抜群でファセットがとても綺麗です。

g276-7.jpg

表面に伸びる細かなポイントの表面に付着したクローライト。
ごつごつと浸食されている箇所もあり
中央のクリアーなポイントの存在感を際立たせてくれています。

今回はこれらのクローライト入り水晶ポイントを3点ご紹介しています。
よろしければホームページもチェックしてみてください☆

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」

category: ヒマラヤ水晶の新商品

tb: 0   cm: 0

個性派ガネーシュ産水晶の新着☆  

ヒマラヤンナチュラルクリスタルでは久しぶりに
ガネーシュヒマール産水晶ポイントの新商品をアップしました。

ガネーシュヒマール産ヒマラヤ水晶ポイント(CR-GH273)

g273.jpg

まずはこちらの水晶ポイント、言葉で説明するよりも
写真を見ていただくのが一番だと思いますが・・・
全体がゴツゴツとカテドラルの形状をしたとてもワイルドな姿をしています。

g273-8.jpg

先端部分はまるで険しい岩山がいくつも連なっているかのようです。

g273-5.jpg

その形状をより引き立たせているこの落ち着いた色合いの正体は・・・

g273-04.jpg

小さな針状のブラックトルマリン(ショール)です。
パッと見るとまるでスモーキークォーツかと思ってしまいますが
よく見るとクリアーな結晶内部にトルマリンがたくさん内包されてこのような色合いになっています。

g273-9.jpg

表面の一部には琥珀色の鉄分がコーティングされたゴールデンヒーラーでもあり、
形状、結晶の透明度、内包物などなど、たくさんの見所を備え
一度見たら忘れられないほどのインパクトを持った個性派の逸品です。

ガネーシュヒマール産ヒマラヤ水晶ポイント(CR-GH274)

g274.jpg

こちらも一見スモーキーがかったような黒っぽい色合いの水晶ポイントです。
この黒色の正体・・・それはバイオタイト(黒雲母)です。

g274-5.jpg

横から見るとクリアーな結晶内部に
もこもことしたバイオタイトの広がりがとても良くわかります。

g274-01.jpg

さらにその周辺にはキラキラのレインボーも輝き
落ち着いた風貌に美しい七色の色合いが映し出されています。

ガネーシュ産らしい気品溢れる姿と
内包物の創り出す世界をたっぷりと楽しめる味わい深い逸品です。

ガネーシュヒマール産ヒマラヤ水晶ポイント(CR-GH272)

g272.jpg

こちらも落ち着いた色合いのロングポイントです。

g272-4.jpg

クリアーな結晶の表面に深緑のクローライトを伴っています。

g272-6.jpg

条線もたくさん刻まれています。

g272-9.jpg

さらに底面はセルフヒールドしており
力強い存在感をひしひしと感じられるようです。

今回はこれら3点の個性派水晶をご紹介しています。
宜しければホームページもご覧ください☆

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」

category: ヒマラヤ水晶の新商品

tb: 0   cm: 0

ユウスゲと虹  

3連休の日曜日に移住してきた町の近くで行われた
「ゆうすげ祭り」というお祭りに出掛けてきました。

15072002.jpg

会場の船平山は冬季はスキー場になるそうで
山々に囲まれた小高くてとっても気持ち良い場所にありました。
辺りを散策していると、登山にハマっていたころの景色を思い出して
久々にゆっくり山登りをしたくなってきました。

15072003.jpg

たくさん咲いている黄色い花がお祭りの名前にもある
「ゆうすげ(夕菅)」別名は黄萓(キスゲ)。
夕方から咲き始めて翌日の昼には閉じてしまう花だそうです。

15072001.jpg

15072004.jpg

ゆる~いお祭りでしたが子ども達の元気な笑い声と共に
のんびりと平和な時間が流れていました。

15072005.jpg

曇ったり晴れたりのお天気で大きな虹も現れ
山と青空と七色の虹がまるで一枚の絵のようでした。

久々にゆったりと山を感じた一日になりました。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

ネパール大地震支援金のご報告  

4月末にネパールで起きた大地震から早3ヶ月が過ぎようとしています。
ヒマラヤンナチュラルクリスタルでも震災後しばらくして
「ネパール大地震のチャリティー企画」を始め
おかげさまでたくさんの方々より温かいご支援が集まりました。
そして集まった金額は皆様の想いと共にネパール人の友人へ託しました。

友人は6月中旬よりネパールへ戻り、まずは被災した村々の様子を確認し
ヒマラヤ水晶の採掘に携わる人々の住む村へ支援を届けてきてくれました。

山間部の村々へ行く手段は山道をトレッキングするしかないのですが
そのトレッキングを始める場所までも車でこのようなスリリングな悪路を5時間もかけて進みます。


nepal15071901.jpg

地滑りを起こして山肌がむき出しになっている箇所があちこちにあるそうです。

nepal15071903.jpg

近くで見るとかなり広範囲に崩れているのが分かります。
堅そうな岩盤ですがそれさえも崩れてしまうほどの揺れだったのでしょう・・・。

nepal15071902.jpg

道の途中にあった小さなお店も崩れています。こんな場所が他にもたくさんあるそうです。
それ以外にも大きな岩が落ちて道をふさいでいたりします。

nepal15071914.jpg

山間部の村々は家屋のほとんどが倒壊してしまい
人々は少しずつ復旧作業を進めています。

nepal15071908.jpg

nepal15071909.jpg

人々はビニールシートやトタンで覆われた仮設住宅(テント)で生活しています。

nepal15071907.jpg

nepal15071912.jpg

nepal15071906.jpg

簡易的でとても快適とは言えない環境です。
山の夜は冷えるでしょうし過酷な状況には違いありません。
お年寄りや小さな子供たちの事も気がかりです・・・。

nepal15071911.jpg

nepal15071905.jpg

実際友人が足を運び、今なお人々が大変な生活を余儀なくしていることが分かりました。

支援の方は、当初町でお米を大量に購入して村々へ配る予定でしたが
悪路などで困難を要したため一部の村を除き主に現金での支援に変更させていただきました。

今回はガネーシュヒマールのラパ州にあるkupchet村、Hindung村などの
ヒマラヤ水晶採掘に携わる人々へお米、現金、テントやマットレスなど、
日本円で20万円ほどを無事届けさせていただいたことをこの場を借りてご報告します。
皆様どうもありがとうございました◎

nepal15071904.jpg

まだまだ支援は足りておらず、人々が元のような生活を送れるようになるまでには
長い時間を要すると思いますが一日も早い復興を願っています。

category: 告知/お知らせ

tb: 0   cm: 2

スカイブルー  

今日は台風一過で澄み切ったスカイブルーの空が広がっていました。

15071801.jpg

昔はそうでもなかったのですが、最近はこんなスカイブルーや淡い水色にとっても惹かれます。
これはどんな気持ちの現れなのでしょうか?

15071806.jpg

今日はSLが走る日でもあったので、線路近くで体感してきました。
汽笛を鳴らし黒い煙をもくもくと出しながら走る姿は迫力満点。

15071803.jpg

過ぎ去ったあとは煙が辺りに立ち込めていました。

15071804.jpg

そして我が家に眠っていた18キロの特大クラスターを久々に出して洗浄し
しばらくお日様の下で浄化させてあげました。

15071805.jpg

こちらもなかなかの迫力でありました◎

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 2

新たな地で・・・  

7月の始めに自宅兼事務所を引越しました。
新たな地は同じ山口県内ですが、前よりもさらに奥まったのんびり静かな場所です。

梅雨の真っ只中でしたが、当日は幸い雨も降らず
荷物がトラックに乗りきらないという予想外のハプニングで
2日がかりでの移動となりましたが何とか全て運びこみました。

引越しは終えても小さな子供二人がいる中での片づけは思うように進まず
しばらくは家の中が騒然としていましたがようやく大まかな整理も終えて徐々に生活感がでてきました。

先日は主人の地元の友人もはるばる来てくれて
久々の再会と田舎ライフを楽しみつつ家の片づけや掃除を手伝ってくれました。

そんな来客があったり引っ越し後のバタバタなどで
地に足がついていないようなフワフワした状態でしたが
日を増すごとに新しい家にも慣れてきました。

それでも7月いっぱいは色々と予定が盛りだくさんで
なかなかゆったりとする時間がなさそうですが
なるべく早く生活リズムをつかんで環境に適応していきたいものです。

SLの走るこの町でこれからは母なる自然に感謝しながら
仕事・家族・生活をより大切に大いに楽しみたいと思います☆
新たな地でのヒマラヤンナチュラルを今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

15071601.jpg

15071603.jpg

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0