ヒマラヤンナチュラルのブログ

水晶  

ここ数日は快晴続き。
待ち焦がれていた青空が広がり
あまりにも気持ちが良くて久々に外で水晶の撮影を楽しみました。

17102603.jpg

17102604.jpg

17102605.jpg

昨日アップしたマニハール産のクラスターや
http://www.himalayannaturalcrystal.com/?mode=cate&cbid=2307674&csid=3&sort=n

17102606.jpg

17102607.jpg

次回アップ予定のマニカラン産ピンククラスターなど。
お日様の光をたっぷりと浴びてきらっきらに輝いて、時おり現れる虹も綺麗。

17102602.jpg

その後ろで薪の準備をする店主^^
のんびりと平和なひと時です。

先日、マクラメ作家の友人ファミリーがはるばる遊びに来てくれて
SLを見たり、日本海の海の幸を求めて萩まで足を延ばしたり
あいにく台風が近づき雨模様の日が多かったのですが
昼間は子ども達と一緒に思い切り遊んで過ごし・・・

17102601.jpg

子ども達が寝静まった夜は、作業部屋で薪ストーブを囲み
じっくりとヒマラヤ水晶鑑賞を楽しみました。
並べられた水晶やコレクションの水晶を取り出しては
わいわいと石談義に花が咲き
水晶のキラキラとみんなの喜びの波動のようなものが
部屋中に充満して特別な空間になっていました。

石について疑問に思っていた事も友人からステキなヒントをもらえて
改めて水晶を扱う意味や心構えを再確認したような気がします。
いろいろな事がギュッと濃縮された数日間でした。
いつも良い刺激を与えてくれる友人ファミリーに感謝感謝です。

そして気が付けば間もなく11月。
お客様からのご希望もあり、12月の池袋ミネラルショーを前に
自宅展示会を開きたいという思いも湧いています。
とはいえ、告知も遅いので来てくださる方がどれくらいいらっしゃるのか・・・
もしも開催が決まりましたらまたお知らせいたします。

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

ガネーシュ産・マカルー産水晶クラスターの新着  

今年の10月は夏に戻ったかのように暑くなったと思えば
雨が続き急に寒くなったりと寒暖の差が激しくて体が付いていけません。
週明けには台風も近付く予報が少し心配ですし
そろそろ青い空も恋しくなってきました。
お日様の光を浴びたい~という心の声が聞こえてきます。

そんなすっきりしないお天気の合間を見て
裏庭で拾った栗で渋皮煮を作ったり
収穫して乾燥させた小豆を選別したり
近所に伸び放題のセイタカアワダチソウを刈って干したり
薪の準備を進めたりと田舎暮らしならではの作業をコツコツとしていました。

今年初めてチャレンジした小豆はほとんど放置状態でしたが
割と順調に育ってくれて無事収穫…までは良かったのですが
虫食いがとても多く収量はぼちぼちでした。

この鞘の中に虫が潜んでいるのです…。

17101801.jpg

選別後の小豆。鍋でコトコト炊くのが楽しみです。

17101802.jpg

セイタカアワダチソウの花の部分。
これは乾燥させて細かくしてお風呂用に。
体の芯から温まると共に薬草の香りがとっても心地いいんです。
先日夫のお母さんが来られた際に
去年のものを煮出してお風呂に入れてあげたら
「体がポカポカする」とすごく喜んでくれました。
元気な時にはそれほど感じませんが
疲れている時や体調が下り坂の時などにはすごく良く効いている感じがします。

17101803.jpg

さて、ヒマラヤンナチュラルクリスタルでは
ガネーシュヒマール産、マカルー産の水晶クラスターをアップしました。

まずはこちら、マカルー産の水晶クラスター。
日本式双晶のポイントが成長したとても希少な水晶です。
マカルー産ヒマラヤ水晶クラスター

17101804.jpg

「日本式双晶」とは、二つの結晶が約85度(84°34')の規則性のある角度で接合たもので
こちらの双晶は平板状で透明度も高く、とてもバランスの良いハートの形をしています。
白い雪山のような姿にクリアーな双晶がきらりと光る存在感を放った素晴らしい水晶です。

17101805.jpg

こちらはガネーシュ産の水晶。
ほんのりと淡い色合いのライトスモーキークォーツです。
3つのポイントが仲良く寄り添うように伸びていて愛らしい姿をしています。
ガネーシュヒマール産ヒマラヤ水晶クラスター

17101806.jpg

内面はとてもクリアーで、表面にはところどころにクローライトとマイカを伴っています。

17101807.jpg

大きく広いメインファセットからは内面の景色を思い切り見渡せます。
高貴な雰囲気を持ったこちらも素晴らしい水晶です。

17101808.jpg

こちらはクローライトを伴う鋭利なポイントが四方に伸びたガネーシュ産のクラスター。
ガネーシュヒマール産ヒマラヤ水晶クラスター

17101809.jpg

モスグリーンの合間に真っ白いアルバイト(曹長石)の結晶が成長して
緑と白とのコントラストもとても綺麗です。

17101810.jpg

よく見るとオレンジがかった小さなチタナイト(くさび石)も点在しており
様々な鉱物が一つの水晶内に混在した趣のあるクラスターです。

17101811.jpg

最後はゴールドに輝く角閃石を伴ったガネーシュ産の水晶クラスター。
ガネーシュヒマール産ヒマラヤ水晶クラスター

17101812.jpg

クローライトを伴うどっしりと厚みのある母岩から
大小様々なサイズのポイントが成長しており、
その内部には太い針のような角閃石が成長しています。

17101813.jpg

まるで中から強い光を放っているかのような力強い姿。
こちらも水晶とその他の鉱物が共生することによって
美しい姿を創り出した存在感溢れるクラスターです。

17101814.jpg

様々な特徴を備えた個性派でとても美しい水晶ばかりです。
ぜひホームページをご覧ください◎

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」

category: ヒマラヤ水晶の新商品

tb: 0   cm: 0

東京国際ミネラル秋のフェア終了しました  

東京国際ミネラル秋のフェアでの出展が無事に終わり
昨日1週間ぶりに山口に帰ってきました。

17100501.jpg

今回初出展ということもあり、レイアウトに頭を悩ませ
色々と心配していた部分もありましたが
問題無くセッティングも済ませ当日を迎える事が出来ました。

期間中はネットショップでいつもご利用くださっているお客様とようやくお会いしたり
馴染みのお客様が来てくださったり友人が顔を出してくれたりと
楽しい数日間を過ごさせていただきました。
お越しいただいた皆様本当にありがとうございました。

やはりマニハールのルチル入り水晶が人気で
その場で購入された水晶の写真を撮られる方もいらっしゃいました。

前半は人も多くてとても忙しく、
中盤で治りかけていた風邪がぶり返してしまい
接客も出来ないほどに辛い日もあり
気分転換にふらっと・・・
新宿ショー名物、ゆるキャラTIMAザウルスくんの写真を撮ってきました。
頭が水晶、足は三葉虫、アンモナイトとピンクの宝石付きの服を着て尻尾が恐竜というなかなかのおしゃれさん。
見ているだけで癒されちゃいますね。

17100502.jpg

後半の空いた時間で少し水晶の仕入れをしたりと
業者デーを含めた5日間、出展だけでなく新宿ショーを堪能してきました。

出展者の皆様、そして主催者の皆様お疲れ様でした。ありがとうございました。

しばらくネットショップの方が滞っていますので
これからまた少しずつ新商品もアップしたいと思います。

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」

category: 展示会/イベント/出店

tb: 0   cm: 0