ヒマラヤンナチュラルのブログ

色と形  

先日、娘と一緒に藍染体験をしてきました。
こちらはポットで育てられた藍を畑に植える作業。

18051507.jpg

indigo004.jpg

成長した藍を夏場に収穫して、乾燥させた後に葉っぱだけを発酵させ、
すくもと呼ばれる腐葉土のような状態にし、
そしてそのすくもに灰汁やふすまなどの天然原料を混ぜて
液状に発酵させて出来上がるそうです。

藍染の染液。
表面に浮いている丸い泡の塊は、発酵により出来る藍の華と呼ばれるもの。

18051502.jpg

染液の中に布を付ける作業を2~3回繰り返して完成。

18051503.jpg

とても綺麗なインディゴブルーに染め上りました。

18051501.jpg

この染液は、化学原料を一切使っていないので
最終的にはそのまま土に戻すことが出来るそうです。
素晴らしい自然なサイクルですね。


そして、藍に続いてこちらは薄紫。
当店では先日ガネーシュヒマール産の
希少なアメシストセプタークォーツをアップしました。

写真では分かり辛いですが
被さって成長した先端部分が淡い紫色になっています。


http://himalayannaturalcrystal.com/?pid=131368919


18051504.jpg

こちらは試しに制作してみた木製の水晶用台座。

18051506.jpg

自立が出来ないシングルポイントの
一つ一つにフィットさせるように作ることが可能で
バランス良く立てられるので
水晶が本来持つ美しさと存在感がぐっと際立ちます。
木の種類や形状などを選べば色々とアレンジも出来そうですね。

18051505.jpg

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0