ヒマラヤンナチュラルのブログ

剱岳と立山巡礼の旅 その三

ヒマラヤンナチュラル

前回から日にちが空いてしまいましたが続きを。



  【行程:3日目】



朝3:00起床-4:50剣沢キャンプ場出発-6:00別山着-6:15別山出発-7:00真砂岳着



-7:10真砂岳出発-7:50富士ノ折立着-8:00富士ノ折立出発-8:45雄山着-9:45雄山下山



-10:20一ノ越小屋着-10:30一ノ越小屋出発-12:00雷鳥沢キャンプ場着



【行程:4日目】



雷鳥沢より帰路へ



今日はいよいよ立山登山のハイライトでもある立山連峰縦走です!



気合を入れて朝3時に起床!真っ暗ななかすでに他のテントにも灯りがついているし、遠くの山にはヘッドライトを付けて歩く人の姿も・・・。山の朝は本当に早いな~。



軽く朝食を食べて、のんびりテントを片付け4:50二日間お世話になった剣沢キャンプ場を後にしました。



今日は荷物を背負っての縦走なのでなるべく体力を温存しようと話していたのですが、勢いで別山方面へのショートカットでもある急坂コースへ進みました[E:coldsweats02]



うっすらと空が明るくなってきました。





だんだんと剱岳も赤く染まっていきます・・・。







別山方面のショートカットコース、かなりしんどいと噂は聞いていたのですが朝一でこの登りはやっぱりキツイです。ひたすら急坂です。



それでもひたすら1時間ほどの登りを終えると・・・





ようやく別山山頂到着~[E:fuji]









すると空に奇跡の虹!?が現れました[E:shine]





なんだか今日はとっても良い一日になりそうです[E:happy02]



これから歩く道も神々しく輝いています・・・。





祠にお参りして出発です。



ここから45分ほど稜線を歩いて真砂岳山頂へ。





剱岳がちょこんと顔を出しています。





そしてまたまた気持ち良い稜線歩きです。稜線中毒者の喜び・・・。





そして歩く・・・





ここから富士ノ折立まで急な登りになります。





急な岩場にちょっと腰が引けながらも慎重に、そして一気に駆け登ります。





遠くには紅葉の綺麗な大日岳と富山の街が見えます。







そして富士ノ折立に到着し、息の上がった体を休めてここから15分ほどの大汝山を目指します。





そして今回最も高い大汝山到着~。3015M!今年も3000M越え達成です。ぼちぼち登山者も増えてきました。







ここまで歩いてきた道・・・。





そして立山霊山の中心でもある雄山の姿も近づいてきました・・・[E:fuji]





みんな巡礼者ですね・・・。





15分ほど歩いて雄山に到着です。





雄山神社は青空にとどきそうな崖の上に建っています・・・。



この神社で順番に参拝をし、お払いをしてもらいます。



神主さんの言葉に熱いものが込み上げました。ここまで来させて頂いて本当にありがとうございました。



そしてお清めのお神酒をいただきました。







頂上はたくさんの登山者で賑わっていました。





遠くには北アルプスの山々が・・・





頂上でのんびり休んで、登頂の記念と登山の御守を購入して雄山を後にしました。



なんというかとっても良いパワーに溢れている場所ですね・・・。



さて、ここからはずっと下りです。





この下りが一番の難所でした、何故かって・・・下から雄山に向かって登ってくる人の渋滞を避けながら足元の悪い岩場を下っていくのです・・・[E:shock]



さすが大型連休の人気の山・・・。





途中登りの人待ちでしばし停滞などしつつ・・・景色を楽しみつつ・・・





ようやく終わりが見えてきました。





そして下山開始から40分で一ノ越小屋到着。あ~しんどかった。





気温と陽射しもMaxになってきたのでここでの休憩は短めにして出発。



雷鳥沢キャンプ場へと下ります。





・・・とここで私達は最大のミスを犯してしまいました。実はこの先にある浄土山こそが立山三山の最後の山だったのですが、私達はすっかり三山縦走を終えたと勘違いして下山してしまっていたのです・・・。



つまり今回立山三山縦走ならず・・・。どおりでみんな一ノ越小屋からさらに登りのほうへ向かっていたわけだ・・・。



まあまた立山に来る理由が出来たわけと無理やり納得しましたが[E:sweat02]



下りは雷鳥沢に向かう紅葉の綺麗な静かな道を歩きます。



 



地図には「迷」って書いてあったけど、岩についている印を見逃さなければ迷う事もないし危ない箇所もないとってもいいコースです。





途中すれ違う人もほとんどいませんでした。





チングルマの葉っぱが赤く紅葉しています。







あまりに綺麗な道なので撮影にも熱が入ります[E:coldsweats01]







だ~れもいません。





そして楽しみながらの下山もそろそろ終了です。



 



1時間ちょっとで雷鳥沢キャンプ場着。



まだまだテントもたくさん建っています。



まずはお昼ご飯を食べ、終わる頃には山の上は雲が出てきました。曇ると寒い・・。



私達はまたまた人気を避け、離れにテントを張りました。





この雷鳥沢の一番のお楽しみは何と言っても温泉です!!



ロッジ立山連峰の内湯にて3日ぶりに汗を流し、疲労困憊の体を癒しました。疲れも和らぎます。温泉の力って本当にすごいんです。そしてその後の生ビールのうまいこと!





そしてテントに戻り、さっきまで歩いていた立山の山々を眺めつつ余韻に浸りました。





さすがに今日は疲れていたので夕暮れ前には夕飯を食べ就寝・・・。



翌日は朝からあいにくの雨模様。



雨が上がった間にテントを片付けキャンプ場を後にしました・・・。



帰り道では念願の雷鳥の姿も見ることができ、心残りなく今回の山旅を終える事ができました。





連休で人もメチャメチャ多かったけれど思い切って立山に来て本当に良かったです[E:clover]



みなさんもぜひ立山に来られ~。

Posted byヒマラヤンナチュラル

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply