ヒマラヤンナチュラルのブログ

あきらめが肝心

ヒマラヤンナチュラル

インドに来て3日が経ちました。



先ほどマナリーに着きました。移動続きでさすがに疲れています。



さて、インドを旅していると「諦め」という事態が何度も起きます。



そんなインドならではの、諦めなければしょうがない出来事が早速起こりました。



デリーからマナリーまでの移動は夜行バス。観光バスとはいえ、日本のそれとは比べ物にならない不快適さ。



毎回なにかしらのトラブルを起こすこのバスが今回もやってくれました。



バス乗り場で到着までに1時間以上の待ちをくらい、やっとバスが到着し出発したものの、しばらく走るとバス乗り換えのために一旦降りた場所でもまた1時間の待ち。



ようやく新しいバスが来て座席に着いてから今度は更に1時間以上の待ち。。。



一体どうした??説明せんかい!



どうやらバスの調子がおかしいみたいで運転手は工具を持ってずっと何かいじってる。



さすがに途方に暮れて呆然としていた頃、予定より4時間ぐらい遅れてようやく出発。



動き出したバスは遅れを取り戻すためか猛スピードで対向車線に飛び出し前の車を追い越す。当りは真っ暗だというのにすごい状況判断。正直怖いんですけど・・・。



休憩を数回入れ、朝方に朝食休憩。チャイを飲みホッと一息・・・したのも束の間しばらく進んだところでまたバスは止まってしまった。。。



また工具をもって何かしてる。エンジンはかかるけど動かないみたい。P1030203_2



その頃にはもはや完全に「諦め」状態。



30分ぐらいしてようやく動き出したら5分と経たないうちにまたストップ。



このままでは着かなそうなので荷物を降ろし別の方法で行こうかともしたが何とか持ち直し荷物を再び入れてバスは出発。



その後は何事もなく3時間程で無事?にマナリに到着。



着いたのは昼の2時過ぎ。前日の昼4時に集合してバスで移動したのだから総時間あわせて22時間だ。



こういう時は諦めないと腹が立って仕方がない。そう、インドではいちいち怒ってたらこっちの身が持たないのです。「まあしょうがないか」くらいの気持ちでいると楽しく過ごせたりします。



そしてインドの旅はいつも予定は未定。  



だから最初から「諦め」が肝心。こんなトラブルも旅の醍醐味なのかな。

Posted byヒマラヤンナチュラル

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply