ヒマラヤンナチュラルのブログ

パルギ産の水晶クラスター  

数年前に縁あってうちにやってきたこちらの大きな水晶クラスター。





パルギ産の水晶クラスターで、母岩はなく



クローライトを内包した結晶が複雑に絡み合うように構成されています。





ファントムがいたるところに入っていて



裏面はまだ土臭くワイルド感満載で男らしい水晶です!





残念なことにインドからの輸送中に破損してしまい



商品にはできなくなってしまったので



我が家の主としてずっと玄関に飾ってありました。



先日ふと目をやると何だか輝きがなくなり曇っていたので、



天気の良い日に水浴びと日光浴とでリフレッシュ。



改めてこのクラスターをよーく見てみると



今まで気付かなかったたくさんの発見がありました。





ファントムが満載なのは知っていたのですが



マスタークリスタルの象徴ともいえるダウのファセットが



バランスが悪いものも含めて4本もあるんです!



その中には白いファントムを内包した



シャーマン・ダウと呼ばれる超レアなものも。





「シャーマン」という名前から想像するだけで



異次元の世界と交信できそうです・・・。



深い意味は分かりませんが



「自らの「道」を見いだす光の通路を作り出し



生まれながらに持つ完璧さ(霊的な進化の完成)を映し出してくれる」



といわれているそうです。兎に角特別な力を感じます。



そんなスペシャルな石だとなぜか今まで気が付かなかったのと、



逆にこのタイミングで気が付いたことに



私なりに意味を感じてしまいました。



先日水晶ポイントの整理していたときにも



パルギ産の中からダウやシャーマン・ダウの



ファセットを持つものをいくつか発見しました。



パルギ産のクリスタルは内包物も多いのですが、



こういったマスタークリスタルの特徴がよく見られます。



もしかしたらパルギの土地はマニカランのように



神秘的なエネルギーで満ちているのかもしれませんね。



個人的にもパルギ産の水晶には強く惹かれてしまいます。



そして今年はシャーマン・ダウの引き寄せを感じます・・・



2012年ですし・・・何か自分にとっても良い光の道を



記してくれるクリスタルなのかもしれません。

category: クリスタル/水晶について

tb: 0   cm: 2

コメント

No title

沙織のママさん確かにそうですね。お客様の元へ旅立っていく水晶達は必要とされている場所へ行くんだなといつも感じています。その中でもこの水晶のように我が家にずっとあるものは私達と縁があり必要なものなのかもしれないですね。石との縁もまた面白いですね☆

URL | ヒマラヤンナチュラル #79D/WHSg
2012/02/03 16:41 | edit

No title

やっぱり水晶って、存在すべき場所にちゃんといる感じがします。自分で居場所を選ぶのかもしれませんね。だから縁あってつながったものは、大切にします[E:happy01]。

URL | 沙織のママ #79D/WHSg
2012/02/02 15:40 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://himalayannatural88.blog.fc2.com/tb.php/329-a4e721b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)