ヒマラヤンナチュラルのブログ

NO NUKES☆

ヒマラヤンナチュラル

昨日は防府市のルルサスで開催された



山口県知事選に出馬されている飯田哲也氏の



ミニ集会に嫁の私が参加してきました☆



(主人は私用があったので残念ながら不参加)



↓オフィシャルサイト



http://iidatetsunari.jp/



とは言っても娘と一緒に子供用に用意された



一番後ろのスペースで子守をしながらだったので



ほとんど話半分でしたが・・・[E:coldsweats01]



穏やかな口調とは反対に山口から日本を変えていくという



強い意志が感じられたように思えました。



飯田さんのことは原発事故が起きてから



色々な場面でお顔を拝見する機会もありましたし



知人の勧めで本も少し読んだことがあったので



もちろんその存在は知っていました。



飯田さんは元々原子力産業に関わって来られた方で



自ら「原子力ムラ」を脱出され



様々な研究や活動を経て「環境エネルギー政策研究所」を設立され



持続可能なエネルギー政策の実現を目指していらっしゃいます。



最近まで大阪府、市の特別顧問をされていたことでも有名ですね。



↓環境エネルギー政策研究所ホームページ



http://www.isep.or.jp/about_message



そしてそんな方が知事選に出馬されたと知り



大きな驚きと共に、どこからかこみ上げてくるような



期待を感じている自分があります。



昨日の集会の中でも駆けつけた市民の皆さんが



一番興味を示していたのは



やはり原発問題だったのではないかと思います。



山口県には上関原発建設の話もまだ残っていますし



すぐ隣には四国の伊方原発、九州には玄海原発もあります。



近隣には北九州市のガレキ問題などもあります。



飯田さんはもちろんそれらの問題に前向きに取り組み



原発の廃炉、ガレキ受け入れの拒否など



まさに自分達が望んでいるような意見を述べられました。



そして山口の自然、広大な土地を生かした



自然エネルギーへの移行についてもお話されていました。



自然エネルギーを進めるにあたって



地元での雇用を増やして



何より働いている人たちが「未来の子供達のためになる」



素晴らしい仕事に従事することにより



幸せに働くことが出来るというような



とてもステキなことをおっしゃっていました。



そして上関原発についても



もちろん進めることはもうありえないことだし



それよりも地域の人々のいがみ合いを



無くす努力をしなければならないということも



おっしゃっていました。



この言葉もなんだか心に残りました。



原発の話が出来たことにより



それまで平和に仲良く暮らしていた人々が



賛成・反対と意見を分けて対立するなんて



本当に悲しすぎる現実です・・・。



そういう社会を作ってきた原子力の世界を無くすためにも



本当に山口から発信して日本を変えていけることを願っています。



飯田さんにはぜひ頑張っていただきたいし応援しています!



そしてちょうどこのタイミングに合わせたかのように



7/7、7/8の二日間、坂本龍一さんの呼びかけで集まった



脱原発をテーマにした音楽イベント



「NO NUKES 2012」が幕張メッセで開催されていました。



私達はもちろん会場には行けませんでしたが



何と嬉しいことにインターネットのUSTREAMで



生ライブが放送されていました☆



坂本龍一さん率いるYMO+αのライブは鳥肌ものでした。







こうやって音楽の力でメッセージを伝えてくれた



アーティストの皆さんに感謝したいです☆



なんだか取り留めの無い話になってしまいましたが



とにかく「NO NUKES」な週末でした[E:shine]

Posted byヒマラヤンナチュラル

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply