ヒマラヤンナチュラルのブログ

ガネーシュ産水晶クラスターの新着☆

ヒマラヤンナチュラル

ヒマラヤンナチュラルクリスタルでは
本日ガネーシュヒマール産の水晶クラスターの新商品をアップいたしました。

そして今回からの試みといたしまして、商品ページの一部に水晶の動画を載せています。

↓ ガネーシュヒマール産水晶クラスター CR-GH213



写真より若干画質が悪いのですが、全体的な形状や雰囲気が
より分かりやすくご覧いただけるかなと思っています。
写真の方はアップで細部までご覧いただけますし
色合いや質感などはより実物に近いと思いますので
今後もこれまで通り写真で詳細をお伝えしつつ動画も取り入れて行ければと考えております。

g213-4.jpg

g213.jpg

やや黄色がかったアイボリーカラーと透明感、照りが素晴らしい水晶クラスター。
こちらは神々しい雰囲気さえ感じられるような素晴らしい逸品です☆

↓ ガネーシュヒマール産水晶クラスター CR-GH214



こちらはどっしりと横たわるDT(ダブルターミネーテッド)のポイントを中心として
その周りを小さなポイントが寄り添うように伸びています。

g214.jpg

美しい透明感と光沢を持ち、底面に薄っすらとみられる
マイカ(雲母)などの他鉱物の姿を映し出しています。

g214-4.jpg

横から見ると双晶のような、ハート型のような二つのポイントが何とも可愛らしいです。

g214-5.jpg

↓ ガネーシュヒマール産水晶クラスター CR-GH212

g212.jpg

続いてはこちら、クローライトを伴う鋭利なポイントが伸びた
ガネーシュ産ならではの特徴的ともいえる水晶クラスターです。
濃いグリーンとクリアーな部分とのコントラストが美しいです。

g212-5.jpg

奥にVの字を描いて伸びる大きな二本のポイントが
力強い存在感を発揮しています。透明度や照りも抜群です。
洗練されたシャープな印象を持ちながら気品も備えた水晶です。

↓ ガネーシュヒマール産水晶クラスター CR-GH209

g209.jpg

こちらも先ほどと同様に鋭利なポイントが伸びる水晶クラスターです。
母岩部分がアルバイト(曹長石)の白い結晶になっています。

g209-5.jpg

よく見ると所々に茶色のような紫かがったような小さな結晶を伴っているのですが
こちらはチタナイトと呼ばれる鉱物のようです。

g209-7.jpg

「雪の和庭園」と勝手に名づけているのですが、
そんな、わび・さびを感じられるような趣のある姿が魅力的です。

今回はこれらを含めて全部で6点ご紹介しています。
宜しければぜひホームページもご覧ください☆

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」
Posted byヒマラヤンナチュラル

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply