ヒマラヤンナチュラルのブログ

パルギ産水晶ポイントの新着☆

ヒマラヤンナチュラル

昨夜から広島市で記録的な大雨が降り市内各地で
土砂崩れによる大きな被害が出いてるようです。
広島市には母方の伯父、伯母や従妹家族が住んでいるので
とても心配だったのですが直接の被害はなかったようで安心しています。

今年はいつも以上に豪雨災害が多いですがもはやこれが異常気象なのか
日本の気候が昔とは変わってしまったのか分かりません・・・。
この気候の変化や土砂崩れを起こす山の姿に
少しでも私達人間に原因があるとすれば
いい加減自分たちだけの欲望だけでなく「再生」に向かって行動していかなければ
本当に後戻りできないかもしれませんね。
そんなことを自然が教えてくれているような気がします。


さてさて、ヒマラヤンナチュラルクリスタルでは
パルギ産の水晶ポイントをアップいたしました。
こちらも先日インドで買い付けて来たものです。

↓ パルギ産水晶ポイント CR-Q434

q434.jpg

まずはこちらのルチル入り水晶。
最近インドでは美しいゴールデンルチル入りのものが産出されています。
(もちろん全体的に見ると数は少ないのですが・・・)

こちらもごくごく微細な黄金色の美しいルチルがたっぷりと内包されています。
まるでやわらかなブロンドヘアーのような輝きです。

q434-5.jpg

ポイントは抜群の透明度を持ち、表面にはしっとりと艶やかな光沢と照りがあり
内面の様子をくっきりと映し出しています。
アップで見ると見事な針状結晶の様子がお分かりいただけると思います。

q434-7.jpg

流れるように成長したルチルの結晶にうっとりと見惚れてしまいます。
黄色~肌色のような色合いの母岩からルチル入りのポイントが
にょきにょきと伸びる姿がとても魅力的な水晶です。

↓ パルギ産水晶ポイント CR-Q435

q435.jpg

こちらも、先ほどと同じくゴールデンルチルを伴った小ぶりな水晶ポイントです。
サイドにくっ付いている母岩には小さな結晶がキラキラと煌めいています。

q435-4.jpg

アップで見ると微細なルチルの針状結晶が放射状にびっしりと伸びています。
言葉にならない高貴な姿にまたまた見惚れてしまいますね。

↓ パルギ産水晶ポイント CR-Q436

q436.jpg

すらっと美しく伸びるこちらの水晶は
ファセッ トが7・3・7・3・7・3角形と交互に構成される
ダウと呼ばれるマスタークリスタルです。
とても美しい幾何学構造に神秘を感じられます。

q436-4.jpg

q436-6.jpg

ファセットがダウになっているものは
パッと見た瞬間に分かる程独特な形状と雰囲気を持っていて
吸い寄せられるような魅力があります。

自分にはヒーラーのようにはっきりと感じる力はありませんが
このダウ・クリスタルには何か特別なエネルギーが秘められているような気がします。

↓ パルギ産水晶ポイント CR-Q438

q438.jpg

こちらの水晶はファセットの一番大きな面が7角形で
背面に3角形の面を持つチャネリングクリスタルと呼ばれるマスタークリスタルです。

q438-5.jpg

さらに内面には淡いグリーンのファントムが浮かんでいます。

q438-9.jpg

中央から底部にかけて淡いグリーンや黄土色など
アースカラーをしたクローライト(緑泥石)を伴っています。
表面が広範囲に浸食されていたり
底面にはクローライトを伴った結晶が複雑に成長していたりと
先端部分とは全く違ったワイルドな風貌をしています。

「パルギ産」を象徴するかのような姿が魅力的な水晶ポイントです。

今回は、これらを含めて全部で6点ご紹介しています。
ぜひホームページをご覧ください☆

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」
Posted byヒマラヤンナチュラル

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply