ヒマラヤンナチュラルのブログ

ゴールデンルチルクォーツの新着☆  

我が家では「手作りおやつブーム」というのが不定期で訪れるのですが
最近またまたそのブームが来ています。
今回は主人が前々から作りたいと言っていた「ドーナツ」。

15012501.jpg

これは、おからと豆腐を使ったドーナツのココナツシュガーとシナモンシュガー味。
豆腐感が結構強くて食感がもちもちでした。

15012502.jpg

こちらは小麦粉の代わりに米粉を使ったもの。これまたシナモンシュガー味。
やや歯ごたえがあり、冷めて時間が経つとドーナツというより硬めのパンのようになりました。

山口には「弥五郎ドーナツ」という、とっても美味しくてしかも安心・安全素材で作られている
人気のこだわりドーナツ屋さんがあるのですが
気軽に通える距離ではなくなかなか足を運べないので
家でもこんな美味しいドーナツが食べたいという食いしん坊一家を代表して
主人が色々なレシピを試しながら自分たち好みのものを目指して研究中です^^
作り方はシンプルですがなかなか奥が深い気がします。

さてさて、ヒマラヤンナチュラルクリスタルでは
先日のインドで買い付けて来たゴールデンルチルクォーツの新商品をアップしました☆

↓ マニハール産ヒマラヤ水晶クラスター(CR-R010)

r010.jpg

まずはこちら、前回のブログでもチラッとご紹介した特大クラスターです。
太陽の光に当てるとその美しさがより強く伝わってきます。

r010-5.jpg

こちらは室内での姿。

r010-6.jpg

上部に伸びるポイントには繊細なゴールデンルチルがたっぷりと内包されています。

r010-009.jpg

写真左下に見られる太くておおきなポイントは根元に僅かなルチルなどの内包物もありますが
それ以外はとてもクリアーで艶やかな光沢があります。

r010-007.jpg

背面にはクローライトを伴った母岩があり、その母岩とポイントとの接合部分は
浸食されてゴツゴツとした形状をしています。

その厚みのある母岩のおかげで、正面から見るとまるで台座に立てかけているかのような
絶妙なバランスでしっかりと、しかもとても格好よく自立するので
そのまま置いておくだけで空間を華やかに、そして素晴らしい存在感を放ってくれそうです。

↓ マニハール産ヒマラヤ水晶クラスター(CR-R007)

r007.jpg

こちらはほぼ全面に繊細なゴールデンルチルが伸びた見事なクラスターです。

r007-5.jpg

大きく広い面に細く長く美しいルチルが放射状に伸びている様子がはっきりと映し出されています。

r007-9.jpg

横から見るとルチルの姿がより鮮明に浮かび上がっています。

r007-8.jpg

上部に剥離して欠けたような大きな痕が見られるのがやや残念ではありますが
それでもゴールドに輝くルチルの姿をたっぷりと楽しめる逸品です。

↓ マニハール産ヒマラヤ水晶クラスター(CR-R008)

r008.jpg

こちらはややワイルド系のルチル入り水晶です。

r008-8.jpg

およそ半分はクリアーな結晶に閉じ込められた
繊細なゴールデンルチルともこもこのクローライとによる美しいガーデン模様を楽しめます。

r008-01.jpg

まるでキラキラと輝く光線を放っているかのようなルチルの姿。

r008-6.jpg

そしてそれ以外の半分はクローライトにより大きく浸食されたゴツゴツの結晶で
独特の質感と風合いを楽しめます。
これもまた個性的で魅力あふれる水晶ではないでしょうか。

↓ マニハール産ヒマラヤ水晶クラスター(CR-R009)

r009.jpg

最後はこちらのゴールデンルチルクォーツ。
ほんのりとしたライトスモーキーをーつでもあります。

r009-6.jpg

内部には繊細なゴールデンルチルともこもこのクローライト、
そして表面には細かなヘマタイトの粒を伴っています。

r009-02.jpg

内包物が無いクリアーで小さなポイントが密集している部分もあります。
表面がややマットな風合いをしている箇所が多く見られますが
落ち着いた雰囲気で味わい深い水晶クラスターです。

以上、全部で4点ご紹介しています。
宜しければぜひホームページもご覧ください☆

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」

category: ヒマラヤ水晶の新商品

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://himalayannatural88.blog.fc2.com/tb.php/690-f99882ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)