ヒマラヤンナチュラルのブログ

スカルドゥ産水晶ポイントの新着☆

ヒマラヤンナチュラル

最近は色々な事が重なり何だか時間に余裕がありませんが
主人は先日、急遽思い立って新宿で開催されたミネラルショーへ
日帰りで行ってきました。スーツ姿ではありませんが一応これも出張です。

ヒマラヤ水晶はもちろんの事、世界中から集まったファインミネラルの数々を目にし
たくさんの刺激を受けて来た様子です。

15060802.jpg

馴染みの業者さんやお客様にもお会いして久々に出展者側としてではなく
自らもお客としてたっぷりと楽しんでいました。

そして大きな目的の一つでもある、当店で集まったネパール支援金を
ネパール人の友人に直接手渡すことが出来ました。
友人は今月中旬にはネパールに戻り現地の様子を確認するとともに
人々が急ぎで必要なものを手配すると言っていました。
またその使い道など詳細が分かり次第ご報告させていただきます。

さてさて、ヒマラヤンナチュラルクリスタルでは
久々にパキスタン・スカルドゥ産の水晶ポイントをアップしました。

http://www.himalayannaturalcrystal.com/skardu.html

スカルドゥ産ヒマラヤ水晶ポイント(CR-PS054)

ps054.jpg

気品溢れる美しい佇まいのこちらの水晶。
ファセットが7・3・7・3・7・3角形と交互に構成されたダウと呼ばれるマスタークリスタルです。
その完璧なバランスを持つ幾何学構造の美しさにただただ魅了されてしまいます。

ps054-8.jpg

さらに表面に薄っすらとやや飴色がかった黄金色の鉄分がコーティングされたゴールデンヒーラーでもあります。
その一部には七色のレインボーも浮かんでいます。

ps054-7.jpg

ゴールドの衣を纏った美しい姿にダウの神秘的な形状を伴った奇跡のような水晶です。
おかげ様でこちらは早々にSOLD OUTとなりました。

スカルドゥ産ヒマラヤ水晶ポイント(CR-PS052)

ps052.jpg

本当に水晶?と一瞬思ってしまいそうなこちら。
何らかの影響で溶けて浸食された蝕像水晶(エッチドクォーツ)です。
全体が原型を留めないほどに溶かされて滑らかな質感をしています。

ps052-4.jpg

ファセット(と思われる部分)には逆三角形(▽)のトライゴーニックの連鎖がみられます。
透明感・光沢感も綺麗でコロンとした形状もどこか愛らしい個性派です。

スカルドゥ産ヒマラヤ水晶ポイント(CR-PS053)

ps053.jpg

こちらも太く短くずんぐりとした姿をしています。
底面はゴツゴツと見事にセルフヒールドし、険しい岩山を想わせるような荒々しくも美しい形状をしています。

ps053-5.jpg

ps053-6.jpg

全体の透明度・表面の光沢感も綺麗で気品と力強さを備えた逸品です。

ps053-4.jpg


今回はこれらを含めて全部で5点ご紹介しています。ぜひホームページもご覧ください☆

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」
Posted byヒマラヤンナチュラル

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply