ヒマラヤンナチュラルのブログ

個性派ガネーシュ産水晶の新着☆

ヒマラヤンナチュラル

ヒマラヤンナチュラルクリスタルでは久しぶりに
ガネーシュヒマール産水晶ポイントの新商品をアップしました。

ガネーシュヒマール産ヒマラヤ水晶ポイント(CR-GH273)

g273.jpg

まずはこちらの水晶ポイント、言葉で説明するよりも
写真を見ていただくのが一番だと思いますが・・・
全体がゴツゴツとカテドラルの形状をしたとてもワイルドな姿をしています。

g273-8.jpg

先端部分はまるで険しい岩山がいくつも連なっているかのようです。

g273-5.jpg

その形状をより引き立たせているこの落ち着いた色合いの正体は・・・

g273-04.jpg

小さな針状のブラックトルマリン(ショール)です。
パッと見るとまるでスモーキークォーツかと思ってしまいますが
よく見るとクリアーな結晶内部にトルマリンがたくさん内包されてこのような色合いになっています。

g273-9.jpg

表面の一部には琥珀色の鉄分がコーティングされたゴールデンヒーラーでもあり、
形状、結晶の透明度、内包物などなど、たくさんの見所を備え
一度見たら忘れられないほどのインパクトを持った個性派の逸品です。

ガネーシュヒマール産ヒマラヤ水晶ポイント(CR-GH274)

g274.jpg

こちらも一見スモーキーがかったような黒っぽい色合いの水晶ポイントです。
この黒色の正体・・・それはバイオタイト(黒雲母)です。

g274-5.jpg

横から見るとクリアーな結晶内部に
もこもことしたバイオタイトの広がりがとても良くわかります。

g274-01.jpg

さらにその周辺にはキラキラのレインボーも輝き
落ち着いた風貌に美しい七色の色合いが映し出されています。

ガネーシュ産らしい気品溢れる姿と
内包物の創り出す世界をたっぷりと楽しめる味わい深い逸品です。

ガネーシュヒマール産ヒマラヤ水晶ポイント(CR-GH272)

g272.jpg

こちらも落ち着いた色合いのロングポイントです。

g272-4.jpg

クリアーな結晶の表面に深緑のクローライトを伴っています。

g272-6.jpg

条線もたくさん刻まれています。

g272-9.jpg

さらに底面はセルフヒールドしており
力強い存在感をひしひしと感じられるようです。

今回はこれら3点の個性派水晶をご紹介しています。
宜しければホームページもご覧ください☆

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」
Posted byヒマラヤンナチュラル

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply