ヒマラヤンナチュラルのブログ

ツーソンミネラルショーの様子  

先週はブログにも書いたように家の中が大変な事になっていて
気が滅入ってしまう日々でしたが、ようやく完全復活!しましたので
先日のツーソン旅行の続きをご紹介したいと思います。

アメリカ・ツーソンでは、ミネラルショー巡りをしてきました。
空港に着いてすぐにミネラルショーの無料のガイドブックが置いてあったので早速ゲット。

18022721.jpg

日本で地図を見て想像していたツーソンは予想以上に広く
事前に毎年買い付けに来ている友人にある程度の情報を聞いていたのですが、
やはり初めて訪れる地で土地勘も全く分からず
さらに至る所で開催されているミネラルショーをどうやって回ればいいのか頭を悩ませました。
1月下旬から2月中旬までの間に何と、40を超えるショーが各地で開催されているんです。
しかも会場は広いツーソンの町の至る所にあって
左ハンドルの車での移動も慣れていないとなかなか大変。
駐車場に車が渋滞している場所なんかもあって
頑張って回っても一日2~3箇所がやっと?という感じです。
しかも昼間の日差しは強く、午後からはなかなかの暑さになります。

私たちは特に何を買い付けるという目的は無かったので、
取りあえずは、色々な人のブログなどでも良く目にする
特大水晶に会いたい!という願望をかなえるべく
そういう水晶がたくさんあると聞いた会場へと足を運びました。

そこは「Riverpark Inn」という有名な会場。
ありましたありました、到着してすぐに目に飛び込んできた特大水晶たち。

18022702.jpg

よく見ると「SOLD OUT」という紙が貼られれいるものもあるんです。
いったいどんな人が購入するんでしょうね。

18022701.jpg

18022722.jpg

この会場はとても広く、大きなテントにたくさんの業者が並んでいたり
屋内にもたくさんの業者が入っています。

18022704.jpg

18022723.jpg

18022703.jpg

18022705.jpg

「22nd street」というこちらもばかデカいテントの広い会場。

18022718.jpg

ここには恐竜の化石なんかが展示されていて子供たちは興味津々。
ティラノサウルス対ゴールデンドラゴン!

18022720.jpg

18022710.jpg

隕石のブース。
18022724.jpg

そしてショーの締めくくりともいえる、メインショーにも行って来ました。
ツーソンでは有名な、コンベンションセンターと言う大きな展示会場で開かれています。
こちらは日本のミネラルショーと同じような感じですが
一つ一つのブースや通りも広く、ゆっくりと見ることが出来ます。

18022706.jpg

業者ブースとは別に、入り口付近に展示コーナーが置かれていて
そこには博物館レベル!と言えるほどの
コレクターの秘蔵品などが綺麗に並べられています。
特大サイズの美結晶や色とりどりの鉱物にうっとり。

18022708.jpg

18022707.jpg

18022711.jpg

水晶以外の鉱物には余り知識がない私たちでさえ
その凄さが分かりました。
キャーキャーと言いながら浮き足立って
コレクションコーナーを何度も見て回りました。
もうね、どれもこれも凄すぎて言葉になりません。

18022712.jpg

18022713.jpg

私のお氣に入り。
18022714.jpg

店主の一番のお氣に入りがこれだそうです。

18022715.jpg

18022716.jpg

世界は広い!まだまだ見たことも無いすごい石達がたくさんあるんだなぁ・・・。
この世界的コレクションを実際に見ることが出来ただけでも
ツーソンへ来た甲斐がありました。

18022719.jpg

18022725.jpg

18022726.jpg

特大ターコイズ。
18022727.jpg

水晶に関してはブラジル産やコロンビア産、ヒマラヤ水晶もちらほら見かけましたが
そこまで良いものは少なかったように感じています。
結局、ツーソン滞在でショー会場はメインショーも含めて5ヵ所しか行けませんでしたが
それでも世界一有名ともいえるツーソンのミネラルショーを体感出来て
その雰囲気を味わえただけでも大満足でした。
広いツーソンの町も少し慣れたので
きっと次回訪れた際はもっと落ち着いてゆっくり回れることでしょう。

ミネラルショーでは特に何か買い付ける予定は無かったので
たくさんの鉱物や水晶や化石などをざっくりと見ていたのですが
途中から自分用に一つお土産が欲しいなと思い始めて
どうせだったらアメリカ産の石がいいな~ということで
最初はアリゾナ産のターコイズを氣にしてみていたのですが・・・

18022729.jpg

終盤になって、時々見かけるアマゾナイトのブルーがすごく氣になり始め
最後の最後に目にした淡いスモーキークォーツと共生する
アメリカ、コロラド産の小さなアマゾナイトのクラスターを購入しました。
母岩の白い部分は「cleavelandite(クリーブランダイト)」という鉱物だそうです。

18022730.jpg


始めて手にするアマゾナイト。
安くはなかったけど、とても満足のお買いものとなりました^^

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」

category: 旅行・地域

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://himalayannatural88.blog.fc2.com/tb.php/869-9a4f515f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)