ヒマラヤンナチュラルのブログ

アメリカ・セドナ旅行記  

2月に家族でアメリカ・ツーソンへ行って来ましたが、
その合間にパワースポットとしても有名なセドナまで足を延ばしました。
ツーソンからセドナまでは車で3~4時間程の距離。
途中フェニックスなどの都市を通りますが、それ以外は
サボテンが伸びる荒涼とした大地を眺めながらハイウェイをひたすら走ります。

18022845.jpg

その景色も飽きてきたころ、写真で見たような赤茶色い岩山が見えてきました。

18022846.jpg

セドナはレッドロックと緑のコントラストがとても美しい町で
高い建物も無く、家々も景観を崩さないようなナチュラルな色合いをしています。
こんなところに住んでみたい!と夢が膨らみます。

18022832.jpg

18022801.jpg

セドナ滞在は到着日を含めて5日間の余裕があったので
4大ボルテックスと呼ばれる有名な場所や
友人に教えてもらったガイドブックなどにはほとんど載っていない秘境にも行ってみました。

到着した翌日はまだまだ疲れも残っていたので
レッドロッククロッシングというのんびりとお散歩ができる場所に行きました。

入口から少し歩くと、遠くにカセドラルロックの雄大な景色が見えてきます。

18022802.jpg

だんだんとカセドラルロックが近付いて来ます。
このゴツゴツ感がたまりませんね。

18022804.jpg

途中には綺麗な小川も流れていて、日差しも強く暑い昼間だったので清々しい散策になりました。

18022803.jpg

こんな風に石が積み上げられている場所があって、子供たちも楽しそうに真似していました。

18022824.jpg

夕焼けの空。
空には流れ星のような飛行機雲。

18022835.jpg

18022830.jpg

オレンジに染まるレッドロック。

18022844.jpg

18022837.jpg

4大ボルテックスの一つ、エアポート・メサからの夕日。

18022836.jpg

そして、2日目には友人に教えてもらった
「バーシングケイブ」という洞窟へ。

ここは、ガイドブックなどにも載っていない知る人ぞ知る秘境。
事前にネットで行き方を調べておいたのですが
それでも辿り着くまでしばらく迷ってしまいました。

入口は木々が茂る森の様な場所。

18022806.jpg

以前登山にハマっていた時に見た高地を想わせるような景色の中を歩きます。

18022808.jpg

18022810.jpg

遠くにレッドロックが見えてきます。

18022807.jpg

歩道は茶色いサラサラの砂で、触るととても気持ち良く
息子はまるで雑巾がけをするかのように砂と戯れていました。

18022811.jpg

18022831.jpg

地面にも砂が固まってレッドロックのような形状になっている所がありました。

18022805.jpg

道中も何度か迷いそうになりながら
だんだんと傾斜がきつくなりついにバーシングケイブに到着。
何て氣持ちの良い場所!

18022821.jpg

18022823.jpg

洞窟と言っても奥深いわけでもなく、
半円状に空洞が出来ているような感じです。
ここは別名「子宮の洞窟」と言われているそうで、何だか納得。

18022847.jpg

誰もいない洞窟でお弁当を食べてしばしのんびり過ごしました。
この時期にこの場所へ行く方に一つ注意してほしい事が、
それが「スギ花粉」。
このエリアには杉の木がたくさん生えていて
よく見ると実の部分が黄色くなっていて
風が吹く度に花粉がたっぷりと飛散します。
花粉症の私は、途中からくしゃみと鼻水が止まらなくなってなかなか大変でした^^;

18022822.jpg

翌日は、4大ボルテックスの一つ「ベルロック」へ。

18022839.jpg

まさにベルの形。
目の前の岩山をめざして歩きます。

18022838.jpg

18022816.jpg

近くで見るベルロックはなだらかな階段状になっていて
小さな子供たちでも道を選べばある程度上まで登ることが出来ます。

18022828.jpg

18022829.jpg

少し上った場所から眺める景色も素晴らしい!

18022827.jpg

18022817.jpg

木の幹がぐるぐると螺旋状に成長していました。
セドナは「ボルテックス」のパワーがある場所と言われていますが
ボルテックスとは大地からの強いエネルギーが渦巻き状に放出されているポイントという意味があるそうです。
幹の螺旋もこのボルテックスと関係あるのでしょうか!?

18022818.jpg

ボルテックス巡りも、ちょうど良い散歩コースだったので
子供たちと共に健康的な毎日を過ごせました。

ツーソンへ戻る最終日は、チャペル オブ ザ ホーリークロスへ。

18022843.jpg

レッドロックの中腹に建つ教会。絵になりますね。

18022834.jpg

面白いサボテン。

18022840.jpg

ここらから眺める景色も素晴らしい。サボテンとレッドロック。
この景色が既に名残惜しくなってきます・・・。

18022842.jpg

ここは観光客もたくさんだったので、あまり長居はしませんでした。

セドナはどこにいてもレッドロックの雄大な景色が広がる
とても美しい場所で、空気も澄んで本当に氣持ちが良かったです。

またいつか家族でこの場所に戻ってくるぞ~!と胸に誓って
セドナの町を後にしました。

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」

category: 旅行・地域

tb: 0   cm: 0

ツーソンミネラルショーの様子  

先週はブログにも書いたように家の中が大変な事になっていて
気が滅入ってしまう日々でしたが、ようやく完全復活!しましたので
先日のツーソン旅行の続きをご紹介したいと思います。

アメリカ・ツーソンでは、ミネラルショー巡りをしてきました。
空港に着いてすぐにミネラルショーの無料のガイドブックが置いてあったので早速ゲット。

18022721.jpg

日本で地図を見て想像していたツーソンは予想以上に広く
事前に毎年買い付けに来ている友人にある程度の情報を聞いていたのですが、
やはり初めて訪れる地で土地勘も全く分からず
さらに至る所で開催されているミネラルショーをどうやって回ればいいのか頭を悩ませました。
1月下旬から2月中旬までの間に何と、40を超えるショーが各地で開催されているんです。
しかも会場は広いツーソンの町の至る所にあって
左ハンドルの車での移動も慣れていないとなかなか大変。
駐車場に車が渋滞している場所なんかもあって
頑張って回っても一日2~3箇所がやっと?という感じです。
しかも昼間の日差しは強く、午後からはなかなかの暑さになります。

私たちは特に何を買い付けるという目的は無かったので、
取りあえずは、色々な人のブログなどでも良く目にする
特大水晶に会いたい!という願望をかなえるべく
そういう水晶がたくさんあると聞いた会場へと足を運びました。

そこは「Riverpark Inn」という有名な会場。
ありましたありました、到着してすぐに目に飛び込んできた特大水晶たち。

18022702.jpg

よく見ると「SOLD OUT」という紙が貼られれいるものもあるんです。
いったいどんな人が購入するんでしょうね。

18022701.jpg

18022722.jpg

この会場はとても広く、大きなテントにたくさんの業者が並んでいたり
屋内にもたくさんの業者が入っています。

18022704.jpg

18022723.jpg

18022703.jpg

18022705.jpg

「22nd street」というこちらもばかデカいテントの広い会場。

18022718.jpg

ここには恐竜の化石なんかが展示されていて子供たちは興味津々。
ティラノサウルス対ゴールデンドラゴン!

18022720.jpg

18022710.jpg

隕石のブース。
18022724.jpg

そしてショーの締めくくりともいえる、メインショーにも行って来ました。
ツーソンでは有名な、コンベンションセンターと言う大きな展示会場で開かれています。
こちらは日本のミネラルショーと同じような感じですが
一つ一つのブースや通りも広く、ゆっくりと見ることが出来ます。

18022706.jpg

業者ブースとは別に、入り口付近に展示コーナーが置かれていて
そこには博物館レベル!と言えるほどの
コレクターの秘蔵品などが綺麗に並べられています。
特大サイズの美結晶や色とりどりの鉱物にうっとり。

18022708.jpg

18022707.jpg

18022711.jpg

水晶以外の鉱物には余り知識がない私たちでさえ
その凄さが分かりました。
キャーキャーと言いながら浮き足立って
コレクションコーナーを何度も見て回りました。
もうね、どれもこれも凄すぎて言葉になりません。

18022712.jpg

18022713.jpg

私のお氣に入り。
18022714.jpg

店主の一番のお氣に入りがこれだそうです。

18022715.jpg

18022716.jpg

世界は広い!まだまだ見たことも無いすごい石達がたくさんあるんだなぁ・・・。
この世界的コレクションを実際に見ることが出来ただけでも
ツーソンへ来た甲斐がありました。

18022719.jpg

18022725.jpg

18022726.jpg

特大ターコイズ。
18022727.jpg

水晶に関してはブラジル産やコロンビア産、ヒマラヤ水晶もちらほら見かけましたが
そこまで良いものは少なかったように感じています。
結局、ツーソン滞在でショー会場はメインショーも含めて5ヵ所しか行けませんでしたが
それでも世界一有名ともいえるツーソンのミネラルショーを体感出来て
その雰囲気を味わえただけでも大満足でした。
広いツーソンの町も少し慣れたので
きっと次回訪れた際はもっと落ち着いてゆっくり回れることでしょう。

ミネラルショーでは特に何か買い付ける予定は無かったので
たくさんの鉱物や水晶や化石などをざっくりと見ていたのですが
途中から自分用に一つお土産が欲しいなと思い始めて
どうせだったらアメリカ産の石がいいな~ということで
最初はアリゾナ産のターコイズを氣にしてみていたのですが・・・

18022729.jpg

終盤になって、時々見かけるアマゾナイトのブルーがすごく氣になり始め
最後の最後に目にした淡いスモーキークォーツと共生する
アメリカ、コロラド産の小さなアマゾナイトのクラスターを購入しました。
母岩の白い部分は「cleavelandite(クリーブランダイト)」という鉱物だそうです。

18022730.jpg


始めて手にするアマゾナイト。
安くはなかったけど、とても満足のお買いものとなりました^^

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」

category: 旅行・地域

tb: 0   cm: 0

インフルエンザと水難  

ツーソン旅行の続きをブログに書く予定だったのですが
実は帰国してから家の中で色々と大変なことが起きてしまい
ツーソン記事は一旦中断して、そのことを書きたいと思います。

事の始まりは、アメリカからの長旅を終え夜になって自宅に戻った時。
久々に我が家の玄関を開けて、ホッと一息というところで
誰もいないはずの家の中から「ジャージャー」という音が聞こえてきて
ものすごく嫌な予感がして慌てて音のするほうに行ってみると
トイレの水洗タンクに繋がる止水栓が外れて
そこからものすごい勢いで水が溢れ出ていました。

いつから流れていたのかは分かりませんが
とにかく私たちがアメリカに行っている間にすごい寒波が来て
大雪がずっと続き、公式発表によると気温はマイナス16度になっていたそうで
(後から聞いた話ではマイナス22度を記録したとか・・・)
その影響であったことは間違いありません。
とにかく水はトイレから廊下をつたい両サイドにある畳部屋まで侵入し
最終的に廊下の先にある台所まで達していて水浸し状態。
そんな悪夢のような光景にただただ動揺しながら
取り合えず外の元栓を閉めて水道全体を止めて流れをストップし
疲れた体に鞭を打ちながら家の中に溜まっている水を外にかき出し
雑巾でふき取り、難を逃れた居間のスペースに布団を敷いてその日は眠りました。

そして翌日、しっかりと水のしみ込んだ畳を乾かさなければということで
連絡を受けて応援に来てくれた私の両親とともに
畳を一枚一枚上げて薪ストーブや灯油ストーブで温め
日の当たらない部屋などは外に畳を干したりと
とにかく畳のある部屋のほとんどがしばらく使用不可能となりました。

その時の様子がこちら
1822301.gif

そうしているうちにすぐに週末になり
子供たちも休みになってしまうので
短期間だけ避難する目的で私と子供二人で
実家へ泊りに行ったのですが、そこでようやく気が緩んでしまったのか
娘と私がほとんど同時に38度超えの発熱、
そして少し遅れて息子も発熱してしまいました。

いつもの風邪と違いほとんど動けないほど辛い症状で
ただただ布団の中で眠りました。
丸二日目に少し熱が下がり回復したような感じがしたので
夫に迎えに来てもらい三人で自宅へ戻って
そのまま近くの診療所へ駈け込んで調べてみると
まさかのインフルエンザA型の診断。
娘と息子は1月にB型にかかっているので
この2か月間でなんと両方のインフルエンザにかかってしまったことになります。

しかも熱が下がったと思ったのも束の間
その日の夕方頃から再び熱が上がり
私に限っては翌日にはまた布団から動けないほど辛い状況に。
子供たちはさすが若さのせいか?寝たり起きたりと比較的元気でしたが・・・。

現時点ではようやくみな回復に向かっていて食欲も出てきて
畳もほぼ乾いて部屋も大体元通りになっていて
暖かな日差しとともに明るい兆しという感じです^^

それにしてもインフルエンザはおそらく10年くらいぶりにかかりましたが
今回のは想像していた以上に辛かったです。
体の倦怠感はもちろん、腰の重くのしかかるような痛みに始まり
胃腸機能の低下、食欲不振、頭痛
咳と共に絶え間なく流れる鼻水
(鼻水っていったいどこからこんなに出てくるんでしょう!?昔からの疑問)
そして鼻づまりによる味覚障害などなど。
それらの症状を一通り過ぎてからようやく回復って・・・
何だか体の中身が一掃されたような、不思議な感覚です。

本当に辛いのですが、たまにはこうして体の中に異物が入ることで
免疫機能がフル稼働してその他の良くない菌なんかも
一掃してもらうのもいいのかな?なんて勝手なことを考えました。

それにしても、まだまだ巷でもインフルエンザははやっているようですので
皆様もくれぐれも体力が落ちているときや疲れているときは特にお気を付けください。

そんなこんなの一連の騒動で、ご注文いただいた商品の発送や
お問い合わせに対するお返事など、一部に遅れが出てしまったことを
この場を借りてお詫び申し上げます。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

アメリカ・ツーソンの旅  

しばらく業務をお休みして、家族でアメリカ・ツーソンへ行って来ました。
目的はミネラルショー巡りと観光。

18021601.jpg

18021602.jpg

全員が初めてのアメリカ。
実際行って見た印象は、とにかくデカい!
何でもデカい!!スケールのデカさに圧倒されました。

まず大地はどこまでも広大

18021605.jpg

サボテンも長い、軽く2~3メートルはあるかな?

18021606.jpg

道路も広けりゃ車も大型・・・キャンピングカー率も高い。

18021603.jpg

18021604.jpg

そして石も特大サイズ。

18021607.jpg

子供たちと一緒だったので、ゆっくりは見られませんでしたが
ミネラルショーの様子もご紹介して行きますね^^

category: 旅行・地域

tb: 0   cm: 0

ヒマラヤ水晶の新商品  

なかなかブログでご紹介できませんでしたが
ヒマラヤンナチュラルクリスタルは2018年になって
スローペースながら極上の水晶や、高品質な水晶、そして大きなクラスターなど
素晴らしいヒマラヤ水晶をアップしています。

最新アップがこちらの水晶クラスター。
http://www.himalayannaturalcrystal.com/?pid=127475246

どっしりと大きな母岩からキラキラのポイントが伸びる大きなクラスターです。

1.jpg

いくつかのポイントにはゴールドに輝くとても繊細なルチルを伴っています。

2.jpg

クローライトのモスグリーンカラーの母岩を含めた全体的な姿が美しい逸品です。

3.jpg

そして、もう一つ大きな水晶クラスター。
http://www.himalayannaturalcrystal.com/?pid=127475213

4.jpg

こちらも山のように盛り上がった母岩からクリアーで照り照りのポイントが伸びた
存在感溢れる素晴らしい水晶クラスターです。

5.jpg

そして、先日アップしたこちらの水晶ポイント。
内面にルチルとクローライトの神秘的なガーデン模様が広がる極上品です。

http://www.himalayannaturalcrystal.com/?pid=127283402

6.jpg

もこもこのクローライトからゴールドに輝く繊細なルチルが伸びる様子が
くっきりと映し出されています。
まるで海の底の様な景色が全面に広がっています。

7.jpg

底面はクローライトによる浸食でゴツゴツとワイルドな形状。

8.jpg

キラキラ輝く光のライン。

9.jpg

横から見てもキラキラ。
そんな内面の様子はいつまで眺めていても飽きることなく
ただただ自然の創造力に驚くばかりです。

10.jpg

最後はこちら、パルギ産のクラスター。
http://www.himalayannaturalcrystal.com/?pid=127323437

鉄分の影響で全体が美しいゴールドカラーになっています。

11.jpg

結晶自体は超クリアー、照り艶も最高級。
神々しささえ感じられるような美しい水晶です。

12.jpg

それ以外にもいくつかご紹介していますので、ぜひホームページをご覧ください。

今月は子供たちが保育園を休みがちだったので
昼間の作業がなかなか出来ずにいましたが
まあ私たちはこのくらいのんびりペースで
やっていくのが丁度良いのかもしれません^^;

お問い合わせなどのお返事も少々お時間を頂戴していますが
なるべく早く対応させていただきますので
どうぞ気長にお付き合いいただければ幸いです。

最後にお知らせになりますが
2月始めから中旬まで、アメリカのツーソンへ行くことになりました。
といっても、出展でもなく買い付けでも無く
世界中で最も有名な鉱物の祭典、ツーソンのミネラルショーの視察?
一度はこの目で見てそのスケールの大きなミネラルショーを体感してみたいという思いが募り
チラッと仕事をかすめた家族旅行になります。

またホームページ上でも追ってお知らせいたしますが
それに伴い、2月2日(金)~2月14((水)の期間は
商品の発送やお問い合わせに対するご返信などをお休みいたします。
その間にご注文いただいた商品につきましては
2月15日(木)より順次対応させていただきます。

ご不便をお掛けし大変申し訳ございませんが
何卒よろしくお願い申し上げます。

ヒマラヤ水晶と水晶クラスターのお店 「ヒマラヤンナチュラルクリスタル」

category: ヒマラヤ水晶の新商品

tb: 0   cm: 0